« 十月の行事 | トップページ | 白内障手術 私の場合~中編~ »

白内障手術 私の場合~前編~

唐突ですが 「白内障」とはどんな病気でしょうか?
 ≪参天製薬 提供 抜粋≫ 
人の目はよくカメラにたとえられますが、カメラのレンズに相当するのが、水晶体です。 
水晶体は、直径9ミリ 厚さ4ミリの凸レンズの形をして、膜に包まれています。水晶体の中身は、透明な組織でたんぱく質と水分で構成されています。
正常な水晶体は透明で、光をよく通しますが、様々な原因で水晶体の中身のタンパク質が変性して濁って来る事があります。これが「白内障」といいます。
水晶体が濁ると、光がうまく通過できなくなったり、光が乱反射して網膜に鮮明な像が結べなくなり、視力が低下します。

Photo

なるほど! 周辺の友人にも、白内障の手術をされた方が多く、私はまだまだと、高をくくっておりました事今更ながら反省しております。 

「白内障」の原因は千差万別ですが、最も多いのは私のように 加齢に依る一種の老化現象からで、人間のみならず 動物全般に亘って高齢ほど多く発症するそうです。
 昔は「白そこひ」と云っておりました。

 今年のNHK大河ドラマ「八重の桜」ヒロイン新島八重の かくしゃくとした兄 山本覚馬は 白内障が原因で失明されたそうです。
昔は手術も出来ず 治す事も出来なかったのです。

 医学の発達した現在の「白内障」の手術は 眼薬点眼だけの局所麻酔をほどこし 十数分ほどの手術です。  体験者に云わせれば 「こんなに鮮やかに見えるとは! もっと早く手術すればよかった~!」と にこやかな答えが返ってまいります。
 しかし今でも「白内障」を治す薬は無いと云う事で、私の場合この2年間は進行を遅らせる目薬を点眼して凌いでおりましたが、近頃俄かに視力が衰えて、定期的に眼の健康診断をしていただいた先生に 静岡市内でも名医として有名なY眼科先生宛「紹介状」をいただいて、白内障の手術を受ける決心をいたしました。


     意を決し「そこひ」施術を神無月

 「白内障」手術は 基本的には眼科医から薦められるのではなく、生活習慣に不便を感じた本人の意思で 手術を申し出でるのが通例のようです。

     長月の神に守られ入院す

 紹介して戴いたY眼科医院は 静岡切っての名医ですから 当然のことながら多少の恐怖感を抱きながらも 安心して手術に臨みました。
 10月7日朝入院、午前中に最終検診 午後右目の手術、9日には左目の手術を終えて鮮やかに 「開眼!」  まさに案ずるよりは産むが易しのことわざ通りでした。 
 この晴れがましい気持ちをどう表現しましょうか?
 10月11日午前 抜けるような青空を仰ぎながら退院いたしました。

 次回は4泊5日の入院手術体験をお伝えしたいと思います。

|

« 十月の行事 | トップページ | 白内障手術 私の場合~中編~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
良かった~!(*^_^*)

まずは、無事に済んで、しかもよ~く見えるようになって
おめでとうございます。
私とて、人事ではなく、近い将来同じ体験をするであろうと
思うと、心底良かったなぁと思います。
点眼だけの麻酔で済むなんて、何て医学が進んだことでしょう!
私は、きっと、目のソバに痛い注射をされるのかと、
思ってました。

次回の4泊5日の入院体験も、興味津々です。
どうぞ、術後を御自愛して下さいね。

投稿: みず | 2013年10月13日 (日) 16時41分

♪ みずさん
 ご心配くださってありがとうございます。
経験された何人かの友人は 異口同音
手術は簡単! と、聞いてはおりましたが
何せ眼の手術ですから、手術台に乗るまでは
正直恐怖感は 確かにありましたよ。
名うての名医ですから安心して臨みました。
眼帯の取れた瞬間の嬉しかったこと!!!
 みずさんもご自愛くださいね。

投稿: みずさんへぽちより | 2013年10月13日 (日) 20時17分

ぽちさん、おはようございます~
無事に手術が終わっておめでとうございます~
美しい秋の空を開眼された目で見られて本当によかったですね。
白内障は私も他人事ではありません。
目の手術なんて怖いと思っていました。
でも、「案ずるより産むがやすし」とおっしゃるぽちさんの言葉に一安心しました。
次回の入院手術の様子がどんなだったのか楽しみ(失礼)にしています。
やっと秋らしくなってきましたが風邪をひきやすい時ですから、
どうぞご自愛くださいませ。

投稿: ひろ | 2013年10月14日 (月) 08時17分

♪ ひろさん
手術が無事に終えて 初めて見た
景色の鮮明なこと! 
「自然界はこんなにも美しかったんだ~!」と
心底感嘆しましたよ。
 医学と、日本の健康保険制度に感謝です。

 急に秋らしくなりました。
お健やかにお過ごしくださいね。
 

投稿: ひろさんへぽちより | 2013年10月14日 (月) 15時32分

今日は晴れやかなお話を聞けて、何か嬉しくなりました。
私は未だ手術まではいきませんが、もし、具合が悪くなったら、Y眼下に行きます。
又、初めてブログを見ることが出来まして、感動いたしました。
まさにパソコンは老いを知らない 素晴らしいです。
ご用がなくても、時々窓口にお立ち寄り下さい。

投稿: おかめ | 2013年10月16日 (水) 23時37分

♪ おかめさん
ブログ「パソコンは老いを知らない!」に
ご訪問いただきましてありがとうございます。

 次第に見えにくくなって、暗い余生を過ごさなければ、、
と思っておりましたが、手術後眼帯が取れてからの
感動はそれはそれは素晴らしいものでした!
「案ずるよりは産むが易し」ですよ。

 次回は、施術入院5日間を綴ってみたいと
思います。 何かの指針となれば幸いです。
コメント嬉しゅうございました。

投稿: おかめさんへぽちより | 2013年10月17日 (木) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/58313022

この記事へのトラックバック一覧です: 白内障手術 私の場合~前編~:

« 十月の行事 | トップページ | 白内障手術 私の場合~中編~ »