« 五山送り火と竹生島の旅 ~前編~ | トップページ | 五山送り火と竹生島の旅 ~後編~ »

五山送り火と竹生島の旅 ~中編~

 小一時間の休息をとって、晩餐会と、屋上での「五山送り火」観賞の会場 美濃吉四条河原町店に到着したのはちょうど6時でした。

Photo

 創業290年の京懐石美濃吉 「大文字送り火観賞会 特別お献立」 夏の彩り盛り合わせの前菜から 甘鯛と早松茸のお椀 瀬戸内海の鱧の落とし 琵琶湖産の鮎の塩焼き 夏鴨ロース 冷やし賀茂茄子 万願寺唐辛子の旨煮など流石京都の夏料理にふさわしいおもてなしです。お飲みものは飲み放題ときては いける方はもう堪りません。

大文字送り火特別お献立京懐石を堪能して、7時45分 送り火観賞会場の屋上へ いざ!

五山送り火は、精霊を彼岸に送るとともに、人々の無病息災を祈る盂蘭盆会の行事です。
   「大文字焼き」とも云われております。 
 京都盆地の周囲の山に「大」 「妙」 「法」 の文字と「船」 「鳥居」をかたどった火をともし 厳かな魂送りに人々は固唾を呑んで見守るのです。

Photo_2
 8時点火の如意ヶ岳の「大文字」から始まって、10分後に松ヶ西山・東山の「妙・法」 15分後には妙見山船山に精霊を載せて送る「船形」と左大文字の「大」 20分後には曼荼羅山に「鳥居形」が点火されました

 さて、私たちの「五山送り火」観賞は、晩餐会場屋上を 今か今かと右往左往しながら 京都の夜空360度を見渡しながらの観賞となりました。

Photo

(五山送り火マップはITからお借りしました。なおお借りした送り火画像は編集しました。
   
http://kyoto.nan.co.jp/knowledge/daimonji.html

と云っても京都盆地は広うござんす。
近年林立する高層ビルの谷間から、辛うじて拝観できる送り火もあり 残念ながら「妙・法」は成りませんでしたが、夜空を焦がして燃え上がる五山送り火に先祖の御霊を送り、無病息災を願い 永い夏の終わりの幽玄の世界を見届けたのでした。

今年は穏やかな好天に恵まれた事も幸運でした。

 今回の五山送り火は、蒸し暑さと人混みの沿道での観賞を避けて、京料理堪能の屋上一ヶ所で 夜風に涼みながら シニア族には打って付けの贅沢を味わう事ができました。

     加茂茄子や五山送り火京料理

     椀種の早松茸とや旅の贅

     送り火を待つ間の晩餐京御膳

     酔うことの楽しさ知らず鱧落とし

     送り火の五山を遥かに左見右見

                                    (とみこうみ)

     送り火の空ふかぶかと目を凝らし

     「大」の字を焦がす夜空を旅すがら

     精霊舟を夜空に灯して盂蘭盆会

     五山送り火これが名残りの旅寝かな

 昔から水やお酒を注いだ丸いお盆に送り火を映して飲むと中風(脳内出血)にならない と云われますが、そんな芸はここでは叶いません。 水鏡ならぬ せめて
カシャット1枚と云いたい処ですが 如意ヶ岳の「大文字」は方角が少しかたより デジカメでは難しい夜空の撮影、、、は云い訳です。

 未熟な私の画像はこんな具合のお粗末なものでした。

     かなた夜空をシャイに写して「大」の文字

2

 明日は念願の琵琶湖に浮かぶ竹生島クルーズを楽しみます。

|

« 五山送り火と竹生島の旅 ~前編~ | トップページ | 五山送り火と竹生島の旅 ~後編~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
お天気に恵まれ、絶好の「大文字送り火鑑賞会」でしたね。
メニューを見ただけでも、よだれが出るほど。。。
それに、飲み放題とは、大盤振る舞いですね。
私なんかは、酔ってしまって、肝心の「送り火」を、
見逃しかねないなぁなんて、思ったりして。。。(*^_^*)

写真はとても、良く撮れましたね~ これが有名な「大文字焼き」
なんですね。初めて知りました。
さぞさぞ、お料理、送り火を堪能されたんでしょうね。
俳句もなかなかのものです。四つ目の「酔うことの楽しさしらず。。。」が心に残りました。ぽちさんは、下戸なんですか?
あぁ、もったいない(^。^)

次回のupも楽しみです。ありがとうございました。

投稿: みず | 2013年9月 1日 (日) 15時18分

ぽちさん、こんにちは~
9月ですね、でもこの猛暑は何???

五山の送り火は贅沢な鑑賞会でしたね。
お料理の素晴らしさはたまりませんね。
屋上で涼しく見られたなんていいですねえ。
夜空の写真はデジカメでは無理ですね。
でも、心の中にしっかりと写されたと思います。
猛暑の年の素晴らしい旅でしたね。

投稿: ひろ | 2013年9月 1日 (日) 16時17分

♪ みずさん
 ご多分にもれず京都は盆地で
冬寒く、夏は蒸し暑いのですね。
昨年も7月の祇園祭、今年は五山送り火と
いずれも猛暑最中の旅でした。
が 何より好天に恵まれて
お蔭さまでよい旅でした。

 日頃は「爪に火を点すような、、」節約暮らし
ですが、 せめて余生の旅は 美味しい物を
楽しみたいとおもいます。(o^-^o)

 私の家系は全員下戸で つまらないですねぇ。
嫁いだ二人の娘は亡くなった主人似で、
二人とも夫婦で お酒を楽しんでいるようです。

 私も挑戦してみましょうか! ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

投稿: みずさん へぽちより | 2013年9月 1日 (日) 20時36分

♪ ひろさん
 一週間ほど前の二日間は
秋の気配が感じられましたが
猛暑のぶり返しにはうんざりですね。

 日頃はケチケチモードの暮らしですが
せめて旅では美味しいものを楽しむことに
しております。 o(*^▽^*)o
 何とか健康で此処まで来られたことですし
美味しいものが美味しく戴けることに
感謝しております。
 呑めればもっと楽しい人生かもね。 (◎´∀`)ノ

 

投稿: ひろさん へぽちより | 2013年9月 1日 (日) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/58074268

この記事へのトラックバック一覧です: 五山送り火と竹生島の旅 ~中編~:

« 五山送り火と竹生島の旅 ~前編~ | トップページ | 五山送り火と竹生島の旅 ~後編~ »