« 珍味到来~2 | トップページ | 藤枝市 蓮華寺池 »

コム・ハニー

Kさんからの思い掛けない「からすみ」の包みにしては ずっしりと重みがありました。
   ???、、「からすみ」に重ねられて なんと! 
京橋千疋屋の「巣入り天然蜂蜜」が入っているではありませんか! 天下に名の知れた高級フルーツ老舗のですよ!
 そわそわどきどき、、♪

白いプラスティックの四角い容器に 緻密な六角形のミツバチの巣房が自然のすがたのままパックされたものです。

Cimg2032_2
 花柄の美しい蓋には「NEW ZEALANDO COM HONEY」とあります。
COMとはハチの巣と云う意味で、自然の花の香りと完成された蜜がミツロウで蓋をされ 巣のままいただけるハチミツなのだそうです。

 そう云えば数年前の海外旅行のホテルの朝食バイキングで、お目に懸った事がありましたっけ。初めて見た私は、自然のままの蜂蜜の巣を壊してはいけないと 触れる事も出来ず、今思えば残念な事に もの珍し気に眺めただけで終わってしまったのでした。 

 「わぁ~! あの時と同じハチミツの巣が目の前に、、、!」

 完熟ハチミチと云われる「コム・ハニー」は、人の手で絞り上げたハチミツとは違い、巣房に収めたハチミツを ミツバチ自身が羽ばたきながら余分な水分を飛ばし、糖度を高め、腹部から分泌するミツロウで蓋をするのだそうです。

 余談ですが、以前NHK TVのドキュメンタリーに 誰もが釘付けされたターシャ・テューダーさんのライフスタイル。アメリカのバーモンド州の小さな町はずれで 自然に感謝し 自給自足の独り暮らしをしながら 一生絵本を描き続け 広大な庭園で 草花を愛したターシャ・テューダーさんが、庭の巣箱で採れたミツロウで、息子さんやお孫さんとローソクを作る場面を見ましたが、あの天然ミツロウと全く同じなんですね。


 琥珀色の自然のままの巣房には、果糖、ブドウ糖、各種ビタミン、ミネラル、酵素が豊富と聞いております。 
 最初にさくっと巣房にスプーンを入れる瞬間は緊張します。 
自然の花の香りも豊かで うっすらと雪化粧をしたかのようなミツロウをおもむろに砕けば蜜の濃厚さに驚きます。

Cimg2035_3

     秋立つやさくっと掬ふコムハニー

 1,5センチくらいに薄くカットして焼いてバターを塗ったパン・ド・カンパーニュに載せればとろりと溶けて、最初はぱりっとした歯触り 後はしっとりとした食感、何と!贅沢な瞬間でしょう! 
 花の香りミツロウの舌触りがリッチな気分をそそります。

 いろいろ試してみましたが、このフランスパンが一番のようです。   
健康な歯で美味しく味わえる嬉しい瞬間です。

Cimg2038_2

     今朝の秋フランスパンにコムハニー

焼き立てのホットケーキにトッピングすれば、じんわり溶けて思わず笑顔です。
夢中で探し求め ハチミツを食べ過ぎたクマのプーさんのようなメタボは禁物。
美味しいからと云って、食べ過ぎはいけませんね。
  大事に大事に戴きま~す。 

 Kさんありがとう!  あなたの友情に感謝です!

|

« 珍味到来~2 | トップページ | 藤枝市 蓮華寺池 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
ワ~ッ 美味しそう!
私も、以前一度だけ、このコムハニーを頂いたことが
あります。もったいなくって、もったなくて。。。
今は、どのように頂いたのか、全然覚えていません。
そう、きっと、フランスパンに良く合うと思います。

蜂は、家の廻りを、ぶんぶんやられれば、怖くって困り者
ですけれど、蜜を作るのは、大したものですね。
滋養があって、美味しくて、食卓を豊かにしてくれます。

ぽちさんの、お人柄で、こんなステキな贈り物を
下さるお友達が、いらっしゃるのね。
珍しい写真を見せていただきました。

投稿: みず | 2013年8月11日 (日) 16時07分

ぽちさん、こんにちは~
私も一度だけいただいたことがあります。
本当にもったいないような食べ物ですね。
いいお友達を持ってぽちさんいいですねえ。
どのようにしてあの美しい六角形を作ることできるのでしょうか。
人の力を越えたものをあの小さな体で作るミツバチさんはすごいですね。
この猛暑の時にはこれで栄養をつければ大丈夫ですね。

投稿: ひろ | 2013年8月11日 (日) 16時25分

♪ みずさん
これこそミツバチさんからの
贈り物ですね。
おっしゃるとおり、もったいなくて、もったいなくて
眺めては味わい、味わっては眺めて
リッチな気分に浸っております。

 小さな昆虫の営みによって出来た
大切なミツを、戴くのですから
大事に大事にいただいております。
 加えて、友情の温もりも 改めて
身に染みました。

投稿: みずさん へぽちより | 2013年8月12日 (月) 10時37分

♪ ひろさん
 ミツバチがせっせと集めた大切な蜂蜜を
私たちが横取りしてしまうのですから
緻密な六角形の巣房を眺めていると
なんだか申し訳なく、いたずらにスプーンを
入れるのを躊躇いました。

 口に入れればミツロウはシャリシャリっと、
中身は濃厚で、こんな小さな昆虫の偉業に
絶賛せざるを得ませんでした。

 それにしても、この齢で硬いフランスパンが
難なく戴けて これも有り難い事でした。

 持つべきは、健康と友情が余生の決め手
でしょうね。

投稿: ひろさん へぽちより | 2013年8月12日 (月) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/57940070

この記事へのトラックバック一覧です: コム・ハニー:

« 珍味到来~2 | トップページ | 藤枝市 蓮華寺池 »