« おかげさま | トップページ | 静岡市城北浄化センターの遊水池 »

城北公園のカルガモの親子

 左手に見える白い藤棚に見覚えがありませんか?

Cimg1694_3  

このブログ一ヶ月前に掲載の「ナンジャモンジャ讃歌」でご案内の 静岡市葵区大岩の「城北公園」 中央図書館裏側の入口にある藤棚です。 
 藤棚とケヤキ大樹の間の奥まった辺りに 今は若葉となっているのが 86本のナンジャモンジャの憩いのプロムナードです。
   (今年のナンジャモンジャは素晴らしかった!)
 今回のご案内は、この画像の右手奥にある 約6500㎡の回遊式日本庭園の池に住む今年のカルガモ親子のお話です。

 今年も昨年に続き5月24日に8羽のカルガモのヒナが誕生しました。
地元の人の話では、今年は11羽誕生したのに、その日のうちに野良猫かカラスに3羽やられてしまった! とか。 いやいや今年は8羽誕生したんだよ! とか

【地元シニアさん達のカモ談義】

Photo_4

いろんな情報が錯綜して 日永一日 この東屋でのカルガモ談義は微笑ましいかぎりです。
 入れ替わり立ち替わり おあつらえの寄りあい場所となっているようです。

 昨年私も何度か観察に訪れては、カルガモ親子の写真や、愛らしさに動画を夢中で撮影致しました。
危険と察知すれば母ガモは「グワッ グワッ」と大声で子ガモを呼び寄せ 
それに応えて可愛い声で「ピヨ ピヨ」と母許に一斉集合する子ガモたち。
母ガモの保護のもと 可愛らしい子ガモ達に多くの来園者は癒されるのです。

【母ガモの眼差し】

Photo_5

 今年の子ガモたちはどうでしょう! 生まれたその翌日から、自由勝手に単独行動の元気の良さ! おろおろしながらも あきれ顔の母ガモ!

 突然1羽の子ガモが 目にも止まらぬ速さで水面を滑走する早や技に 眺める人々の感嘆の声が上がるのです。生まれて間もない子ガモの華麗なる滑走です。 
 茂みには野良猫が潜んでいるのに、、 上空には無頼カラスが乱舞しているのに、、足元にはカメが群れているのに、、 母ガモは はらはらどきどきの心境でしょう。 こんな早や技に カメラのシャッターは間に合う筈はありません。
 お蔭で8羽引き連れてのファミリーの動画撮りのチャンスはありませんでした。

     すすす~いと水面を滑る子ガモかな

 6月1日 2度目の観察。 どうしたことしょう? 子ガモは6羽しかいません!
猫に引っ掛けられた! とか、カラスに拉致された! とか、カメに脚を引っ張られた! とか 
「あぁ! やっぱり! とうとうやられてしまったのか~ 可哀そうに、、」 東屋のギャラリーは溜息を吐きながら口々に悔んでおります。

【母は強し】

Photo_6

 池を覗けば居るわ居るわ 真鯉 緋鯉に混じって口をパクパクさせながら泳ぎまわる多くのカメがわんさといるのです。 ひと休みのカメが甲羅干しをする石の上で 母ガモとぱったり鉢合わせする場面を目撃しました。 
   母ガモは 大きく一声「グワ~!」 

【みんな付いていらっしゃい!】

Photo_7

 やんちゃな子ガモを守る母ガモの心労は 当分休まることはありませんが、親の苦労をよそに、来園者は癒されるのです。 母ガモさん 頑張って~! 

     日暮れてもカルガモ親子を見て倦まず

|

« おかげさま | トップページ | 静岡市城北浄化センターの遊水池 »

癒し」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
今年もまた城北公園のカルガモ親子の微笑ましい写真を見せていただいてうれしくなりました。
今年のコガモちゃんはなかなかやんちゃのようですね。
それを見守る周りの人達も優しいですね。
一見穏やかに見えている池はカルガモの子供たちにとっては危険が一杯なんですね。
その危険から子供を守るお母さんはすごいですねえ。
でも、お父さんはどこにいるのでしょうか?
ぽちさん、来年はお父さんについて地元のシニアさん達のカルガモ談義から聞き出してくださいね、お願いします。

投稿: ひろ | 2013年6月 9日 (日) 13時29分

♪ ひろさん
 城北公園の昨年は 臨済寺通り側の滝のある
池にも多くの子ガモが誕生して 
観察も結構忙しかったです。
今年はこの回遊式庭園の池の8羽だけでした。
この先 無事に成長して欲しいですね。

さて、お父さんカモと云えば、一役済んだ!と
云うことでしょうか、 のんびり赴くままに
ゆったり独りで泳いでいます。 

 ところで、通常鳥類は、親鳥がヒナ鳥に
口移しで餌を与えますよね。
 カルガモの場合はどうでしょうか?
私が見る限りでは、口移しで 餌を与えている
様子は見た事はありません。
自分で藻などを食べるのでしょうか?。

 

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2013年6月 9日 (日) 20時07分

♪ ひろさんへ 追伸
カルガモなどほとんどの水鳥は
親カモからの口移しの餌やりは
ないそうです。
卵から孵って すぐ水に入り、藻とか
水苔、虫などで成長するようです。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2013年6月10日 (月) 12時08分

ぽちさん、追伸ありがとう。
水鳥はえらい!!
産まれてすぐ一人で食べていけるのですから。
人間はいくつになったら自立できるのでしょうか?
親としていろいろ反省しております。

投稿: ひろ | 2013年6月10日 (月) 12時35分

ぽちさん
今年も、カルガモの親子のほほえましい写真
楽しませていただきました。
天敵が多い中で、幼い命が奪われてしまうのは
弱肉強食の厳しい自然界の法則なんですね。
ギャラリーの子ガモに対する情報が錯綜するのが
面白いですね。
昨年のブログの動画を思い浮かべながら、
見せていただきました。
ありがとうございました。

投稿: みず | 2013年6月10日 (月) 15時59分

♪ みずさん
今回の記事には書きませんでした
地元ボランティアさんの 心温まる
お話を付けくわえましょう。

 5月中旬 母ガモが産卵したのを見届けて
深さ40センチの冷たい池につかって
野良猫対策の ネットをぐるり張って
くださったり、枯れ葉やゴミの
お掃除に余念がありませんでした。

 捨て猫の去勢をしたり
カモさんの為に並々ならない
奉仕をして下さる方も いらっしゃる
のです。 頭がさがります。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2013年6月10日 (月) 19時48分

わぁ~happy01かるがも親子ですねぇ~。
近くに”のっそり”登場している亀に、なんともいえない迫力を覚えます・・・・(ちょっと怖い感じ?)

地元ボランティアの方々による”思いある行動”には、
敬服いたしますね。
母ガモさんも、少し安心できたのではないでしょうか?

「グワ~!」up

投稿: 赤レンジャー | 2013年6月11日 (火) 12時58分

You know I love your blog!!!

投稿: louis vuitton sac | 2013年6月11日 (火) 20時30分

♪ :louis vuitton sacさん
 ご笑覧くださりありがとうございます。
そして心温まるコメントに感動しております。
いただくコメントに勇気100倍
楽しい余生を過ごせる事でしょう。

投稿: louis vuitton sacさんへぽちより | 2013年6月12日 (水) 09時14分

♪ 赤レンジャーさん
一時もじっとしていない子ガモの撮影は
本当にたいへんです。
広い池のことですから、チャンス到来も
ままならず、鮎釣りの忍耐にも似て
じっと我慢の子です。 ( ̄Д ̄;;

 でも、カメに対する迫力せまる
母ガモの絶好のチャンスを捉えた
ポチのデジカメに乾杯 wine
  (自画自賛! を許して~)

投稿: 赤レンジャーさんへぽちより | 2013年6月12日 (水) 09時24分

Bookmarked!!, I like your website!

投稿: lunettes de soleil ray ban | 2013年6月12日 (水) 09時55分

♪ lunettes de soleil ray ban さん
ご笑覧下さり有難うございます。
コメントに励まされます。
ありがとう!

投稿: lunettes de soleil ray banへぽちより | 2013年6月12日 (水) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/57536206

この記事へのトラックバック一覧です: 城北公園のカルガモの親子:

« おかげさま | トップページ | 静岡市城北浄化センターの遊水池 »