« 十年一日「梅びしお」 | トップページ | 城北公園のカルガモの親子 »

おかげさま

 月日の経つのは早いものです。 後期高齢一念発起 ブログデビュして5月28日には7年目の更新を迎えました。
デビュ当初は何を書いてよいのやら? 行き当たりばったりの見切り発車。 
内心は ボケ防止に一役ともなればと軽い気持ちでしたが、私にとって今では生活の一部となっているようです。

 2000年10月 当時森総理が盛んに提唱された「IT革命」に背中を押され、独り居では世間から取り残されて仕舞う恐怖感もあって 何やら分からぬままパソコンと云うメディアを道連れに12年半が経ちました。

私の周辺には パソコン操作を手助けしてもらう 身内も無く 恐る恐るパソコン教室初心者コースの門を叩き、先ずは起動のボタンは?、パソコンの閉じ方は?など若い方に混じっての初心者コースに席を置き 右往左往しながらも ホームページのサイトに臆面も無く興味を覚えてしまいました。
自分のページが持てる! ためらいも無く飛び付いてしまった軽率さもありましたが 今では老いの独り暮らしの私にとって 暮らしの一部となり 充実の日々を過ごす最適な手段となっているようです。
  大事な伴侶を得たようなものでしょうか? (*^_^*)

デジカメという便利で明瞭な画像の助けもあって 独り善がりのブログを臆面も無く世間に晒してはおりますが ご笑覧下さる方々 コメントを寄せてくださる方々に後押ししていただき 6年間続けて来られたものと思います。 

  ありがとうございます。

折も折り私と同年齢 傘壽の冒険家 三浦雄一郎さんが 世界最高齢でエベレスト登頂に成功のニュースが飛び込んできました。
80歳でありながら並々ならないご努力と精神力での快挙です。

三浦さんは記者会見で 「目標をもって 諦めずにコツコツ邁進することです。それが健康の基となり 目標達成への道です」 と。

 パソコンを伴侶に この先いつまでブログを続けられましょうか? 
まずは健康である事と、この気力が失せる事のないよう念じております。
 今後ともお付き合い下さいますよう よろしくお願い申し上げます。

     新たなる傘壽の夢を聖五月      Photo_2    

|

« 十年一日「梅びしお」 | トップページ | 城北公園のカルガモの親子 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、おはようございます~
ブログの開設から7年目を迎えられるのですね。
本当におめでとうございます。
私はぽちさんのブログに啓発されてきました。
投稿の話題と言い、文章の細やかさと言い、いつも優しさを感じさせてもらっています。
人生の大先輩からは教えていただくことが本当に多いです。
そして、いつも楽しませてくださる動画も楽しみにしています。
三浦雄一郎さんのエベレスト登頂は、目標を持ってコツコツ邁進することの素晴らしさを教えてくれましたね。
傘寿、まだまだ若いですよ。
いつまでも私達を引っ張っていってください。
これからもよろしくお願いします。
日曜日のブログ、楽しみにしています。

毎回ぽちさんのブログを楽しみにしている「みず」はちょっと遠い所へ旅行中です。

投稿: ひろ | 2013年6月 3日 (月) 08時42分

♪ ひろさん
いつも飽きもせずブログをご笑覧くださり
ありがとうございます。 
 その上貴重なコメントを毎回お寄せ下さり 
心よりお礼申し上げます。

 車も持たず、高齢のうえに方向音痴の私は
観光バスとか、路線バスを頼りに 後はテクテク
の散策ですから 独り善がりの記事しか
書けませんが、健康と良き旅友に恵まれている
ことに感謝しております。

 ひろさんの「山だより」は 私にとって
未知の世界ですし、珍しい「花だより」
美しい画像が楽しみですよ。

 ブログはいつギブアップするか分かりませんが
今は、「パソコン覚えて本当に良かった~!」と
思っております。

 みずさんは海外旅行を楽しんで
いらっしゃるのかしら? 羨ましいですねぇ。
旅は人生を豊かにしてくれますし
若さの泉です。 
 行ける時が華ですね。
お二方のご声援を心より感謝しております。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2013年6月 3日 (月) 20時37分

ぽちさん
ただいま~
大洪水の所に行ってました。
もう、お分かりでしょうか?そうです、中欧です。
テレビでも、報道されたそうですね。
100年ぶりの大洪水だったそうです。
ツァーの誰が雨女、雨男だったのかしらね?
だから、一番楽しみにしていたオーストリアのハルシュタット、
(ここは世界遺産で、湖が美くしく、カレンダーなどに使われています)には 残念ながら入れませんでした。

ドナウ川のナイトクルーズ、こちらもキャンセルとなりました。
それでも、ツァーの一行は雨にもめげず、その他の行程を
しっかり楽しみ、予定どうりに帰国できた奇跡に感謝です。

私の話はこれ位にして、ぽちさん、ブログ開設7年目、
本当におめでとうございます。私とパソコン歴は同じ位なのに
どんどん、先を行ってらっしゃるぽちさんに脱帽です。
私はぽちさんのブログから学ばせて頂く事が多く
大先輩のあとに続けと、いつも思っています。

今後もどうぞ、パソコンライフを楽しんで、私たちを触発
して下さいね。期待しています。

投稿: みず | 2013年6月 7日 (金) 21時56分

♪ みずさん
中欧の旅お疲れさま。
季節的には絶好のヨーロッパの筈ですが
未曾有の大洪水 TVで知り驚きました。
 それにしても、中欧はヨーロッパの中でも
最もヨーロッパらしい趣ある 夢のような
憧れの旅でしたでしょう。

2005年秋の中欧4ヵ国の旅が
懐かしく思い出されました。
世界でもっとも美しい中世の街並み
ヴルタヴァ川・ドナウ川 自然豊かな風景が
走馬灯のように思い出されます。
夢の懸け橋のようなプラハの「カレル橋」も
通行止めの映像を見て 愕然としましたよ。

 何の取得も無い私ですが、ブログだけは
奇跡的に6年間継続できました。
飽きもせず毎回ご笑覧くださるお客様に
そして お寄せ下さるコメントに励まされ
ながら、ここまで来れたのです。
心よりお礼申し上げます。

 やがてブログのネタも切れ、寄る年波
には勝てず いつギブアップするかも知れませんが
思い出のよすがとして お付き合い下さいませ。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2013年6月 8日 (土) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/57475905

この記事へのトラックバック一覧です: おかげさま:

« 十年一日「梅びしお」 | トップページ | 城北公園のカルガモの親子 »