« 東大寺の扁額と高台寺のマニ車 | トップページ | 蒲原宿フォト散歩 »

身延山 今年の久遠寺

 作年も一昨年も春の訪れは遅く、さくら巡りには やきもきさせられました。
今年の冬も例年に劣らず 厳しい寒さに震える日が続きましたが 啓蟄の声を聞くや 掌を返したように一足飛びに春が訪れ 生きとし生ける総ての命が一斉に目覚め輝き出しました。
 
 私の実家恒例の身延山久遠寺の枝垂れさくら観賞は 一昨年3月27日は きゅ~んと張りつめる冷気の中 はにかむ様に1分咲き、作年情報を得て出掛けた4月8日は 6~7分咲きに加えて 周辺の各宿坊の見事な桜を存分に観賞いたしました。

Photo_2
毎年の事ながら 日曜日にしか動けない実家のさくら巡りの日程は 桜のご機嫌次第で困難を極めます。

 猫の目のように変わる気温の落差に「さて今年は?」と 3月末に地元に電話で問い合わせたところ 「樹齢400年の枝垂れ桜は散りましたが、遅咲きは今が盛り」との事。 3月31日今年も実家の車に便乗して行って参りました。
 6時出発、順調な道路状況のお蔭で、8時前に到着 駐車場からエレベーターで一気に久遠寺境内へ、、、

  境内に入るや目に飛び込んで来たのは、大本堂前の大きな御柱。
「身延山第二祖佐渡阿闍梨日向上人第700遠忌報恩大法要」
(みのぶさん だい2そ さどあじゃり にこうしょうにん だい700おんきほうおんだいほうよう)と書かれた御柱には 3月27日に建立とあり 大法要は9月に執り行われます。

Photo_3
 日向上人は 日蓮聖人の直弟子6老僧のお一人です。
  「わぁ~! 良い時にお参り出来て良かったねぇ」 異口同音の笑顔です。
 参詣者は大本堂に鎮座まします日蓮聖人の み心をこの御柱につなぐ紅白の長い綱を手繰り お参りをするのです。

 大本堂は、明治8年(1875年)の大災以来本堂の再建は身延山の悲願でした。
昭和60年5月 総面積970坪 間口17間 奥行28間木造の入仏落慶式が行われたそうです。 
 私たちは今回はじめて大本堂に上がり お参りする事ができました。
久遠寺大本堂には 加山又造画伯の天井画「黒龍」が描かれ圧巻です。
 黒と金泥で描かれ 総本山根本殿堂にふさわしい規模と格調高い力作です。

祖師堂傍の400年の枝垂れ桜は満開は過ぎましたが まだまだ見応えあり 周辺の桜は実に見事なものでした。

Photo_4

 昨年気付いた「「道場訓」の掲示板、今年の日向上人第700遠忌報恩大法要の御柱と 加山又造画伯の天井画「黒龍」拝観と云い、さくら観賞と共に 毎年新たな感動を頂くのです。

 

|

« 東大寺の扁額と高台寺のマニ車 | トップページ | 蒲原宿フォト散歩 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
桜巡りの日を決めるのは大変なこと、よくわかります。
我が家はとうとう身延の桜は見ることができませんでした。
ぽちさんのこのブログで行った気持ちにしていただきました。
ちょっと旬を過ぎたと言っても素晴らしい桜じゃないですか。
それに本堂に上がってお参りできたなんてラッキーでしたね。
長~い御柱も見ることができてよかったですね。
身延山は本当にいい所ですね。
来年の桜も期待しています。

投稿: ひろ | 2013年4月14日 (日) 14時51分

♪ ひろさん
 恒例の身延山のさくら巡りは
朝5時半から6時に出発すれば
現地の交通規制前に 例の駐車場へ
8時前にには到着します。
この時間でも 駐車場には都府県から
既に多くの車が駐車しているのです。
 
 今年は思いがけなく ご覧の御柱の謂れも
分かりましたし、何より大本堂へ上がっての
参詣と 素晴らしい天井画も拝観出来たのです。

 ありがたいことでした。
早や起きは 三文の得と云うことでしょうか?

 それにしても、今年の桜巡りは
慌ただしかったですね。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2013年4月14日 (日) 20時00分

ぽちさん
身延山久遠寺の桜、見事でしたね~
桜の時期はアッと言う間ですから、計画を立てるのは
困難を極めますね。

今年は、御柱までご覧になれて、きっと御利益がありますよ。
どなたが、書かれたのか素晴らしい書体、また木の匂いが
してくるような新しさで、きっと、心に響いたことでしょうね。

加山又造画伯のことも始めて知りました。
とても、モダンな絵をかかれる方なんですね。
叉ひとつ、知識が増えました。
ありがとうございました。

投稿: みず | 2013年4月15日 (月) 08時55分

♪ みずさん
 今年の春到来は 日替わりの温度の落差に
惑わされましたね。
 命あるもの総てが そう感じた事でしょう。
久遠寺の枝垂れさくらも 開花状況の
確認は困難でした。
 桜も梅と同じで 開花の遅速があって
諦めずに行って良かったのです。

 4月に入って あの春の嵐で あのあたりの桜は
散ってしまったようですから ラッキーでした。

 御柱は 杉のご神木だそうです。
加山又造画伯の天井画の拝観も素晴らしかったですよ。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2013年4月16日 (火) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/57156407

この記事へのトラックバック一覧です: 身延山 今年の久遠寺:

« 東大寺の扁額と高台寺のマニ車 | トップページ | 蒲原宿フォト散歩 »