« 世界の椿展 | トップページ | 東大寺の扁額と高台寺のマニ車 »

お伊勢さん詣り

永く厳しい寒さからやっと解放されて、傘壽の旅ごころも華やいでまいりました。
いつも楽しい旅を企画して下さる Yさんが選んでくださった今回の旅は、私にとっては何十年振りの「お伊勢さん詣り」に加えて、往復名古屋間を新幹線、名古屋からは現地の名鉄観光バスで 三重県~奈良県~大阪で一泊~京都へと盛り沢山の旅を満喫いたしました。

Photo_6  伊勢神宮は 今年平成25年(2013年)秋には式年として定められた20年に一度の遷宮の年です。 21世紀になって初めての遷宮として、1300年以上継承された一大神事に当たります。

 神社の正殿の修理の際や、建て替える場合に 御神体を移す20年に1度と 式年として定められた 私たち傘壽には最後かも と云う絶好の「おいせさん詣り」だったのです。

 「お伊勢参り」と呼ばれる参詣が一般化されたのは鎌倉時代以降だそうで、私たち戦前の小学校の修学旅行と云えば 「お伊勢さん」と決まっておりました。
修学旅行のお土産は 長五角形のお札の形をした「生姜糖」が定番でした。
生姜入りの砂糖菓子です。紅白色あり、ミントの効いたものや、黒砂糖や まれに黒豆の入った大人向けの物あり昭和一桁生まれの懐かしい思い出です。

 第一回の式年遷宮が行われたのが 飛鳥時代 持統天皇690年以来1300年余に亘って継承され 今年は第62回になるそうです。
今年平成25年(2013年)の選御は 内宮は10月2日に、外宮は10月5日です。

 神宮の建物を新しく建て直すとともに、神殿の宝物もすべて新調して、信仰や文化などを次世代に引き継いで 神様から新たなエネルギーをいただく尊い神事なのですね。

Photo_7 思いのほか水流は少ないながらも 春の光りを受けてきらきら流れる五十鈴川に架かる宇治橋を渡り 延々と続く玉砂利を踏んで 萌え始めた樹木が生い茂る 自然豊かな神域へと人の波が続きます。
 齢をとっても健康なればこそ行脚の「お伊勢詣り」です。

     春光を撥ね式年の五十鈴川

     遷宮を寿ぐ参道松の花

 ご覧下さい!  正宮参拝の人々々の渦を、、、
Photo_8 3月彼岸の入り、日曜日 一気に温かくなったこの日は予想以上の人混みに おろおろ驚くばかりでした。

 人波をかき分けかき分け 無事参拝も済み 神様から新たなエネルギーを頂いて、お腹の虫が騒ぎはじめた私たちは、

人の流れに巻き込まれながら  「おかげ横丁」へと繰り出しました。Photoどの店も長蛇の列  やっとありつけた渋味の効いた熱い宇治茶と作りたての赤福の美味しかったこと!

     御遷宮傘壽行脚の春の旅

     御遷宮祝う参道春うらら

     春うららおがげ詣りの人の波

|

« 世界の椿展 | トップページ | 東大寺の扁額と高台寺のマニ車 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
またまた、良い旅が出来ましたね~
今年は、冬は寒かったものの、一気に暖かくなりましたから
本当に良い旅シーズンですね。
お伊勢参りがぽちさん達の、修学旅行の定番だったんですね。
私って、この年でもまだ、お伊勢さんに行ってないんですよ。
ぽちさんのブログから、またいきたい所がもうひとつ増えました。
ありがとうございました。

投稿: みず | 2013年3月31日 (日) 17時07分

ぽちさん、おはようございます~
私が行きたいと思っていて行けないでいる所がお伊勢さんです。
日本人なら一度は行ってみたい所ですね。
煌びやかなお寺とは違って簡素な造りですよね、神宮は。
でも、そこから受けるパワーは大きいと思います。
元気だからこそいい旅ができますね。
それから「おかげ横丁」へも行ってみたいです。
私も「行きたいリスト」に加えました。

投稿: ひろ | 2013年4月 1日 (月) 07時25分

 ぽちさん
 お伊勢参りは小学校の修学旅行の定番でしたね。戦時中、修学旅行は一年おきに実施となり私達の年度は無し、50歳の節目に同期会でお伊勢参りに出掛けましたが、私は名古屋から静岡へ転勤となり、引継日が旅行日と重なったため参加できず未だに伊勢神宮参拝はしていません。五十鈴川の清流を見たかったのですが叶いませんでした。.
 二度も参拝とは羨ましく思います。これからも旅を楽しんで下さい。

投稿: ライムライト | 2013年4月 1日 (月) 10時31分

♪ みずさん
 私たちの旅はいつも 「これが最後かもしれない」と
云いながら、いつもの名ドライバーさんのバスでは
10数名以上、今回のような新幹線利用でも
10名ほどは即決実行! と、皆さん元気です。

 大空襲の戦禍、着の身着のまま
何もかも焼け出され、乙女時代を大変な苦労を
重ねて懸命に生き延び、今の平和な暮らしに
感謝感謝の毎日なのです。
 加えて 健康に感謝です。
 この齢で「おいせまいり」が出来て
有り難いことでした。 さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

投稿: みずさんへ ぽちより | 2013年4月 1日 (月) 10時39分

♪ ひろさん
お伊勢さんは今年は特別の年ですから
秋の式年祭前にもにもかかわらず
写真のような混雑ぶりです。

 一昨年の大震災から 海外の旅行者が
激減しておりましたが、何処へ行っても
外国の観光客の多さに これも有り難い
事ですね。

 広大な参道の玉砂利を踏んで
ぞろぞろと 人の波についてのお詣りも
やはり健康でなければなりません。
 おかげ横丁の混雑ぶりは 物凄かったです。
当初は おかげ横丁でランチタイムを予定
しておりましたが、どこも長蛇の列で、
熱い宇治茶と「赤福」に有り付けた時には
ほっと! しましたよ。 (v^ー゜)ヤッタネ!!

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2013年4月 1日 (月) 10時56分

♪ ライムライトさん
 あの当時の伊勢参りのお土産は
生姜糖以外考えられませんでしたね。

 当時は次第に食糧事情も悪くなり、
甘いものも尊くなり いただいた1枚の生姜糖を
大家族でしたから 小さく割って
大事に大事に食べた記憶が甦って
きました。
 今では露店の片隅に僅かばかり
見かけましたが、お土産に
買う人はありませんでした。 

 五十鈴川は雪解けのこれからは
もっと豊かな流れになる事でしょう。

 私たちには これが最後の式年遷宮ですから
 傘壽に参詣出来た事は願っても無い
良い旅だったと思います。
 何より健康に感謝です。  (o^-^o)

 

投稿: ライムライトさんへ ぽちより | 2013年4月 1日 (月) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/57061527

この記事へのトラックバック一覧です: お伊勢さん詣り:

« 世界の椿展 | トップページ | 東大寺の扁額と高台寺のマニ車 »