« おとうけんさん | トップページ | 百歳詩人柴田トヨさんの詩に励まされて »

静岡市浅間神社の豆まき

 二月三日は節分  温暖なこの地方にしては 最低気温氷点下四度四分の厳しい冷え込みで迎えた昨年に比べれば、今年の節分は 日中には十三度と一気に春が訪れたかの様なうららかな好天に恵まれました。
おまけに日曜日とあって、相当の混雑は覚悟のうえ 今年も静岡市葵区にある 静岡浅間神社の節分祭にいってまいりました。

Photo  午後二時半、早くも参詣の善男善女が列をなしております。
穏やかな日和に恵まれ おもむろに赤鳥居をくぐり 礼接をわきまえた参拝者は静かに列に加わり お参りの順番に着くのです。
 礼儀正しく穏やかですね。

 静岡浅間神社の「節分祭」は 市の無形民俗文化財に指定されている伝統行事です。
大拝殿では 大勢の装束の宮司さんにより 古式ゆかしく太鼓の音を響かせ 弓矢で邪を祓う「追儺式(ついなしき)」が 江戸時代から執り行われている特殊神事として伝承されているのです。
 この間に 三々五々 豆まきを楽しむ人々が 舞殿前に立錐の余地も無いほど続々とつめ寄せるのです。 
 昨年は殊のほかの寒さと、ウィークデーにもかかわらず 玉砂利を踏んで舞殿前に四千人が詰めかけました。
うららかな好天の日曜日とあって今年は何と! 五千六百人だったそうです。
 (この混雑ぶりをどんな手段で調べるのでしょうか?) 

Photo_2  舞殿での「追儺式(ついなしき)」が終わり、これまた江戸時代から伝わる 市の無形民俗文化財の 他に類を見ない珍しい行事 太鼓や鈴の合図で 「おにやら棒」を手に手に、鬼と書いた戸板を 善男善女が一斉に激しく叩いて 一年の邪鬼の追い祓いが始まるのです。
 
「おにやら棒」とは、Photo_5
「鬼祓ひ」が訛った長さ約四十センチほどに切りそろえた梅と、ネコヤナギの若枝を麻の紐で束ねた物です。
 まぁ その様子をご覧下さい。

 この後、待ちに待った豆まきの神事が行われます。
宮司・年男・年女に大相撲の東関親方や、アテネ五輪の体操男子総合金メダリストの水鳥監督、今年は かみかわ陽子衆議院議員の特別ゲスト等総勢六十人が、カミシモ姿で 舞殿から「鬼は~外! 福は~内!」と大声を張り上げて福豆三万袋やお菓子を撒くのです。

     大拝殿を揺らす追儺(ついな)や人の渦 


 福をつかもうと 五千六百人は競い合い奪い合い 境内は物凄い人の渦です。  この渦に巻き込まれないように次の動画をご覧下さい。

 福豆を拾う事よりも、こんな場面の動画を録りたい私は、背伸びをしデジカメの手を高々上げ クライマックスに差し掛かった途端!!!  
  あぁ~何とした事でしょう!!! 
 余りの混雑に 弾き飛ばされ 帽子は宙に舞い デジカメは吹っ飛ぶやら、、、 さながら戦場のカメラ婆~バは 修羅場の憂き目に遭遇したのでした。
 気が付けば 私も福豆の袋をしっかりつかんでおりました。

     「鬼やら棒」を振り振り帰路の親子かな 
 お蔭さまで カメラも老体も無事でありましたことは 何より厄祓いのご加護かと思う次第でございます。
 

 

|

« おとうけんさん | トップページ | 百歳詩人柴田トヨさんの詩に励まされて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
命がけの取材、感服致しました。
おにやら棒も春らしく、ねこやなぎと梅の花をあしらって
今年の無病息災を祈るんですね。
私は、まだ一度もお参りに行った事がありませんが、
物凄い人、人、人。。。
神様はこれだけ多くの人たちの願いごとを叶えるのも
大変だぁ(~o~)
まさに「戦場のカメラウーマン」さまの動画を
見させていただき臨場感を味わいました。
有難うございました。

投稿: みず | 2013年2月10日 (日) 10時46分

ぽちさん、こんにちは~
あの日は私も午前中に浅間神社に行きました。
午後がこんなに混みあうとは予想外でした。
お行儀よくお参りの順番を待つ写真と、豆まきの様子の動画では全く違いますね。
体を張っての取材は立派です。
白熱した様子がよく伝わってきました。
お怪我もなくてよかったですね。
福豆を握っていたとはあっぱれでございます。
もう少しの辛抱で春ですね。

投稿: ひろ | 2013年2月10日 (日) 15時52分

♪ みずさん
 まさかあんな混みようになろうとは
想定外でした。
 最初私はむしろ 小さい子供さん連れを
心配しておりました。
子供さんの わぁ~ わぁ~ わめく声が、
耳もとで凄かったです。
大人の方が夢中でしたから、、、(@Д@;

投稿: みずさんへ ぽちより | 2013年2月10日 (日) 17時12分

♪ ひろさん
 デジカメが吹っ飛び まず私が叫んだのは、、
「私のカメラが無いッ!!」と 確か大声で
叫んだようでした。 傍のお嬢さんが
「これですか~?} と差し出してくれた時は
ほっとしましたよ~。

 踏み付けられなくて ラッキーでした。
 デジカメも老体も無事だった事は
何よりでした。

年寄りは無茶なことはしてはいけませんね。
 「ならぬことはならぬのです」 (/ω\)ハズカシーィ

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2013年2月10日 (日) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/56716662

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡市浅間神社の豆まき:

« おとうけんさん | トップページ | 百歳詩人柴田トヨさんの詩に励まされて »