« 2012年締めくくりの旅 ~中編~ | トップページ | 平成二十五年二十八年目のカレンダー »

2012年締めくくりの旅 ~後編~

 金沢の観光と云えば「兼六園」をあげなければなりません。 水戸の偕楽園、岡山の後楽園と並ぶ 日本三名園の一つですから、、。
Photo 「兼六園」は、江戸時代の代表的な大名庭園として、加賀歴代の藩主によって長い年月をかけて形造られたと云われます。 
 四季折り々の景観が多くの人に親しまれております。
回遊式の要素を取り入れ 金沢市の中心地にありながら 土地の広さを最大に活かして 幾つもの池があり、池と池を結ぶ曲水あり 築山あり 多くの樹木も植えられ 四季の移ろいが楽しめると云う訳です。

     雪吊りの孤高まぶしき加賀の苑

Photo_5 

あえてこの季節に兼六園を訪れたと云う事は、云うまでも無く「雪吊り」風景を見たいが為の旅なのでした。

Photo

雪害から樹木を守るために毎年11月1日からの雪吊り風景は 全国的に有名で、TVでは見ておりましたが 冬の兼六園は初めてのことでした。Photo_3  
 訪れたこの日は「爆弾低気圧」とやらが日本海を通過しているらしく、時折り霰混じりの雨かと思えば、いきなり薄日が射したりの目まぐるしい寒さの中で、幾何学模様の北陸の風物詩を目の当たりに観賞いたしました。

        雪吊りの男結びに揺るぎなし

     幾何学の雪吊りに身を正しけり

     雪吊りに風が爪弾くハープの音

     雪吊りや幾何学模様と云う図式

     雪吊りや静寂の池に影の揺れ

     雪吊りの狭間に一筋日射しあり

 1 旅の終盤は、曹洞宗大本山「永平寺」参詣です。
 中国唐時代様式の楼閣門にお在す極彩色の守護神四天王に緊張感をもって迎えられます。 

Photo_8

永平寺は1244年道元禅師によってひらかれた座禅修行の道場で、三方を深山に囲まれ、幾百段もの階段を上り降り 身の引き締まるおもいで 参拝順路にしたがっての「七堂伽藍」拝観となりました。
 外はうっすら銀世界 雪深い長~い冬の季節に入りました。
 

  このブログ記事掲載の翌日は いよいよ平成24年も大つごもり。

     辰年のブログ修めて除夜の鐘

     つつがなく傘壽を迎え除夜の鐘

     深山幽谷五臓六腑に除夜の鐘 

「行く年 来る年」 雪深い永平寺からの除夜の荘厳な 大梵鐘の響きは 聞く人全てに清らかな心の安らぎと 新しい年への希望を与えてくれることでしょう。 

 皆様には来年も穏やかな良い年でありますように、、

今回の旅の画像をムービープロジェクトに編んでみました。

     

|

« 2012年締めくくりの旅 ~中編~ | トップページ | 平成二十五年二十八年目のカレンダー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
ステキな北陸の旅でしたね。
私は、春と冬に兼六園を訪れていますが、どちらもいいですね。
特に冬の雪吊りの風景を目の当たりにしたときは感動物でした。

永平寺の冬は厳しいですね。雪の舞い散る頃に行きました。
がらんとした廊下は寒くて、寒くて、早く暖を取りたいと
思ったものでした。そんな中で、お坊さん達の修行が行われ、
功徳を積まれるんですね。

さてさて、お話は前回の中篇に戻ります。
一万分の一ミリに伸ばす金箔のお話です。
先週タイムリーにNHKのBSで、金沢の金箔職人さんを
取材する番組がありました。私は、「これだ~!」ぽちさんの
ブログに出ていたのはと思い、番組を食い入るように
見ました。職人さんの神業とも思えるような、金をうす~く
伸ばしていく作業は、アッパレの一言でした。
これも、ぽちさんのブログで紹介されたからで、またひとつ
知識が増えました。有難うございました。

今年も暮れようとしています。来年もぽちさんのブログの
更なる飛躍を祈念して、今年最後のみずのコメントとします。
良いお年を!

投稿: みず | 2012年12月30日 (日) 11時14分

♪ みずさん
兼六園の雪吊りは、松のみならず
紅葉の楓の雪吊りも 中々絵になっておりました。
 永平寺の何百段もの階段や冷たい長~い廊下を
行き交う きびきびした修行僧には
思わず頭を垂れてしまいます。
 明日の除夜の鐘の荘厳な響きが
たとえTV中継でも 聞かれるといいですね。

 ところで、nhk BSでの金箔職人さんの番組は
グッドタイミングで、私も興味津々じっくりと見ましたよ。
 貴重な番組でしたね。

 ボケ防止に始めた 取り留めのないブログを
毎回毎回ご笑覧戴き、心温まるコメントを
いただき本当に有難うございました。
コメントにどれほど勇気づけられた事でしょう。
来年もどうぞよろしくお付き合いください。
 お健やかに良いお年をお迎えください。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2012年12月30日 (日) 16時34分

ぽちさん、おはようございます~
今日は大晦日です。
今年も健康でいられたことに感謝しています。

兼六園、永平寺はいつ訪れてもいい所ですね。
雪吊りは見たことがないので一度見てみたいです。
永平寺のぴ~んと張りつめた静寂と厳しさに触れると、心が洗われるようですね。
私もテレビを見ましたよ。
あの技がいつまでも受け継がれることを祈ります。

今年もたくさん楽しませていただき、ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。

投稿: ひろ | 2012年12月31日 (月) 08時12分

♪ ひろさん
 今日は泣いても笑っても大晦日。
今年一年を振りかえって見ますと
齢八十を迎えてしまった驚きと
戸惑いの中、穏やかで健康に恵まれ
たことは、何よりの喜びでした。

 68歳で始めたパソコンでの余生の過ごし方は
独居暮らしの私にとって どれほど慰めになった
ことでしょう。
試行錯誤で書き続けた 拙いブログを毎回毎回
ご笑覧くださり、都度にいただいたコメントには
随分と励まされました。
心よりお礼申し上げます。
 来年も 無理をせずスローライフで
「遊びをせんとて生まれけん!」
悔いのない余生をおくりたいと思います。
 どうぞ良い新年を、、、

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2012年12月31日 (月) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/56337829

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年締めくくりの旅 ~後編~:

« 2012年締めくくりの旅 ~中編~ | トップページ | 平成二十五年二十八年目のカレンダー »