« 宇津ノ谷の十団子 | トップページ | マンガ家黒田富士雄さんの世界 »

トンネル怪談

 静岡市駿河区の宇津ノ谷集落散策と 十団子で名の知れた慶龍寺の地蔵尊盆のお参りを済ませた私は、哀愁をおびた ひぐらし蝉のこだまに誘われるように、旧東海道峠への石段を登り 東街道中膝栗毛の弥次さん喜多さんも歩いた旧東海道宇津ノ谷峠の登り口をめざしました。

3

      膝栗毛夏惜しみつつ峠超え  

残暑もまだまだ厳しい夕刻4時半過ぎ、人っ子一人いない林道は既に薄暗く、老女には足許も危ういと見て早々に引き返し 足早に反対側に在る「明治のトンネル」を目指しました。 今回の宇津ノ谷散策はレトロな屋号と、「十団子」がお目当てで たまたま出会った「明治のトンネル」の道標に興味津々。 後で知った事ですが、この明治のトンネルは 日本最初の有料トンネルとして知られ、2010年に国の史蹟に指定されたと云う事です。
 同市に住みながらこんな事すら知る由も無い私は 予備知識の無いまま独りで臨んだのでした。

 集落周辺は縁日とあって、観光客や地元の老若男女の賑わいも見せ始めた夕刻 人影のない林道の落日までは まだ多少の余裕を持って「明治のトンネル」に到着しました。 

        過客百代百年隧道露気配

 Photo_2

 ひぐらし蝉の寂しげなこだまと、ざわざわと ざわめく竹林を背負った赤レンガ作りのトンネルは真っ暗闇で、不気味なオレンジ色の灯りが唯一頼りの照明。 さささ~っと吹き抜ける風に、竹叢におおわれトンネルより風新た などと 鼻歌まじりに 爽やかさな五・七・五を口ずさんだのも束の間 
 突然鳥肌が立つような肌寒さを覚えました。 暗闇のトンネルから吹き抜けて肌を撫でる風が異様な冷たさに感じたのです。

1_3

  突然恐怖感を抱いて 逃げるように集落にたどり着いたことは云うまでもありません。

     トンネルを吹き抜く風の怜まじや

        秋冷の明治のトンネル灯の怪し

     トンネルの身の毛も弥立つ秋の風

         竹春を背負うトンネル真暗闇

         冷まじや古きいわれを聞きしより

 その夜はまんじりともしせず、パソコンに向かって「明治のトンネル」について資料をあさりました。          なヽなんと!
 「明治のトンネル怖~い話」 をご覧下さい。

 今では国の史跡に指定された観光のトンネルですが、独りで行くところではありませんね。

   トンネル怪談の一席はこれにて、、、

 心霊トンネルも怖いのですが、平成の近代トンネル ビュ~ンビュ~ンと引っ切り無しの車の往来も怖いのです。 『安全運転』をお願いします。

気を取り直して、宇津ノ谷の画像編集 ムービープロジェクトを 懐かしい「七つの子」のメロディにのせてお楽しみ下さい。

 

 

|

« 宇津ノ谷の十団子 | トップページ | マンガ家黒田富士雄さんの世界 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、おはようございます~
私も「明治のトンネル」はずっと前に行った記憶があります。
日本で最初の有料トンネルということは知りませんでした。
あの真っ暗なトンネルは不気味ですよね。
今のトンネルは明るいけれど、昔のは本当に真っ暗ですから怪談話が出るのも当然です。
たくさんの写真で宇津ノ谷のよさを満喫させてもらいました。
ぽちさん、次のレポートを楽しみにしていますよ。
ありがとうございました。

投稿: ひろ | 2012年9月 2日 (日) 09時48分

ぽちさん
「明治のトンネル」のお話は、ちょっと怖かったです。
昼間でも暗いトンネルは、車で通っても怖いです。
ぽちさんが、トンネルの前で冷気を感じたのも、まんざら
気のせいだけではないかも??

俳句もいいですね~ こんな風に御自分の気持ちを
五七五に表しながら、古い町を歩くなんてステキ!

最後に十団子はムービー画像で拝見するとネックレス
みたいで、ちょっと襟元に付けてみたくなりましたよ。
ありがとうございました。

投稿: みず | 2012年9月 2日 (日) 11時38分

♪ ひろさん
 バスで行けば30分ほどで宇津ノ谷入口に
着き、陸橋を渡れば歩いて5~6分で
集落に着きます。
 25年ほど前に一度大勢で行きました。

今回はたった独りで、行ったためでしょうか?
不思議な霊感に慄きました。

 十団子に守られたような気がします。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2012年9月 2日 (日) 17時51分

♪ みずさん
 オレンジ色のほの灯りが
一層の不気味さをおぼえます。
突然トンネルの奥の方から
冷たい風が吹いてきた時は
本当に鳥肌がたちました。

 何日か経てば 結構五・七・五で
楽しめるものですよ。
 こんなことで、ボケ防止やっています。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2012年9月 2日 (日) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/55519191

この記事へのトラックバック一覧です: トンネル怪談:

« 宇津ノ谷の十団子 | トップページ | マンガ家黒田富士雄さんの世界 »