« 祇園祭山鉾巡行観賞 | トップページ | 自画像をリニューアルしました »

旅の締めくくりは

京都の夏を告げる「祇園祭」最大イベント 「山鉾巡行」を堪能し、厄病退散を祈願した私たちの今回の旅の締めくくりは、お決まりコース 寿長生の郷(すないのさと)での心安らぐひと時です。
Photo  和菓子作りで有名な寿長生の郷(すないのさと)
「叶匠寿庵」でのお茶席に加えて今年は野趣風雅あふれる自然を愛でながらの 贅を尽くしたランチタイムと洒落こみました。

 
 大津市の南東に位置する寿長生の郷(すないのさと)
「叶匠寿庵」は、幾種類もの樹木が原生する 六万三千坪の丘陵地にあります。
バスを降りればそこはもう別世界。原生樹木の滴る緑に覆われるほどの玉砂利を踏んで、長屋門の涼しげな藍染のれんをくぐり 自然の景観をそのままに、二千本もの梅林の散歩道を抜ければランチタイムとなります。

数寄屋造りの「山寿亭」Photo_3  

では旬の食材で彩られた「つづら弁当」に舌鼓をうちました。

 「清閑居」でのお茶席では 丹精に作り上げた和菓子とお茶でゆったりとした時間の流れを味わいました。

     玻璃の炉の涼お点前にかしこまる

     水指しの梶の葉蓋の風炉点前

Photo_5  

七月は七夕にちなんでの夏のお点前に、私としては初めて  「梶の葉」の由来に接して 涼しさを演出する日本古来の茶人の奥ゆかしさをしみじみと感じました。
 茶道の夏のお点前 涼しさを演出するために 水指の蓋のかわりに 七夕の趣向に合わせて「梶の葉」を使うのだそうです。 そればかりか、梶の葉の裏に七夕にちなんだ歌を書いて書道や茶道の上達を願った先代茶人のゆかしさを知りました。 

     梶の葉にさらりと一筆星祭り

         梶の葉に願いしたため天の川

 ユネスコ無形文化遺産にも登録された日本の重要無形民俗文化財の山鉾巡行、喧騒を離れ、野趣風雅な郷での 贅を尽くしたランチタイムを堪能した私たちは、帰路 図らずも旅を企画して下さったYさんと 名ドライバーさんの特別なお取り計らいで
Photo_6  大津市は文化の花拓いた石山寺に立ち寄っていただき、紫式部が「源氏物語」を書いたと伝えられる「源氏の間」を この目で拝観できた事は大きな喜びでもありました。

  源氏の間静寂破る蝉しぐれ

  べたべたと護符の山門蝉しぐれ

  夏旅の贅を寿ぐ余生かな

 このゆったりとした 刻の流れを満喫できた幸せに感謝をこめて編んだ動画です。 ヘンデルの麗しいメロディ 「私を泣かせてください」に耳を傾けていただきながら ムービープロジェクトをどうぞご覧下さい。

  

|

« 祇園祭山鉾巡行観賞 | トップページ | 自画像をリニューアルしました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
何とまぁ、最後までステキな旅でしたね。
心遣いの行き届いた「つづら弁当」の繊細さ!
目でも楽しめましたね~

お茶席での、この時期の心配りには目を見張るばかりです。
蒸し暑い日本にあって、どんな風に「涼」で、もてなすか、
日本文化の心髄を見ました。
私は初めて「梶の葉」を知りました。読み方は「かじのは」で
いいのかしら?この葉っぱを水差しの蓋に使うなんて、
心憎いばかりの先人の知恵ですね。葉っぱの形もステキ!!

ぽちさん、心豊かな旅を終えられて、また次なる旅への
活力を蓄えて、今年後半も頑張って下さいね。

投稿: みず | 2012年8月 5日 (日) 15時24分

♪ みずさん
 私も梶の葉(かじには)は初めて見ましたし
裏千家十一代が涼しさを演出するために
木の葉を水指の蓋の代わりに使ったのが
始まりらしいのです。
梶の葉の裏は産毛のように毛ばだって
筆で書けるそうですよ。
 、七夕の願いを梶の葉の裏に書いたなど
日本人の風雅を偲ばせますね。
 旅は精神の若返りの泉です。
健康であればこそです。
 有り難い事です。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2012年8月 5日 (日) 21時01分

ぽちさん、おはようございます~
猛暑が続いていますが、涼しい気持ちにさせられました。
「梶の葉」は初めて見ました。
水差しの蓋に使うとは粋ですね。
「つづら弁当」の美味しそうなこと、食べたい!
石山寺の内部も見せていただきうれしかったです。
これからも楽しい旅のお便りを待っています。

投稿: ひろ | 2012年8月 6日 (月) 08時41分

♪ ひろさん
 連日猛暑の京都の旅~?
と、お思いでしょうが、何処にいても暑いのですから
思い切って行って参りました。
旅に出れば美味しい食事や珍しい物事に
出会えます。
 実は一昨年の秋に訪れた石山寺の時には
腰痛で、石段が登れませんでした。
 今回は思いがけなくリベンジできました。 (o^-^o) 
 
 何より、良き友と健康に恵まれた事への
感謝です。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2012年8月 6日 (月) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/55341491

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の締めくくりは:

« 祇園祭山鉾巡行観賞 | トップページ | 自画像をリニューアルしました »