« 稚鮎は白梅酢で召し上がれ! | トップページ | 祇園祭宵山観賞 顛末記 »

けむりの木

Photo  6月半ば梅雨晴れのある日のこと 静岡県藤枝市岡部の朝比奈川のほとりに満開の「けむりの木」を発見!

 五月晴れあな珍しや! けむりの木

 誰がいつ頃植えたのでしょうか? 大風に耐えてきたのでしょうか 五月雨を集めて流れる朝比奈川に 覆いかぶさるように 霞か雲かモヤモヤと咲いております。  私にとっては 初めてお目にかかる「けむりの木」です。 人影もまばらな たまたま訪れた茶処で出会うなんて不思議な思いも致します。

Photo_2  「けむりの木」の原産地は中国中部から南ヨーロッパ地方だそうです。 
うるし科・学名はハグマノキ属 6月~7月に糸状のけむりのようにぼわ~っと咲き、淡いピンク色や白色があるそうです。
スモークツリー・霞の木・スモークブッシュ・ハグマの木(ヤクという動物の白い尾っぽのように見える)、、、と、様々な呼び名を持ち ほわほわ~っと煙のような、霞のような、綿菓子のような、、 見る人にとっていろんなイメージの湧く花なのです。 
しばし見とれてしまいました。
 先日来このブログでもご紹介しております5月に咲く 今ではかなり名の知れた「なんじゃもんじゃ」の白雲のように咲く花や、6月の「ジャカランダ」、今回の6~7月に咲く「けむりの木」も、咲く季節は日本では初夏から夏にかけての花なのですが、残念ながら俳句の「季語」にはまだ認定されていないのです。

 「季語」とは、花鳥風月をこよなく愛する繊細な日本人にとって 句作の上で季節を表現する特定の 世界にも類を見ない素敵な語彙なのです。
 例えば 「うぐいす」ば春を告げる日本人にもっとも愛されている春の鳥で「春の季語」ですが、「チャッ チャッ「と舌鼓のようなささ鳴き声のときは、「冬の季語」、繁殖のために山に帰って啼く今頃は、「夏うぐいす」とか「老鶯」と云って「夏の季語」といった具合で うぐいすひとつとっても奥の深い 俳句は世界に誇る最も短かい詩なんですね。
 長々と理屈っぽいことを云ってごめんなさい。

 ときどき何処からか聞える夏うぐいすのこだまに応えるかのように、朝比奈川の流れの波調にあわせて 「ヒョロロロ~ ヒョロロロ~」と河鹿の美しい鳴き声には夢心地の境地です。   

     せせらぎの波調に合わせ河鹿笛

Photo_3

  至福のひと時 久しぶりに五・七・五の調べで遊んでみました。
  

|

« 稚鮎は白梅酢で召し上がれ! | トップページ | 祇園祭宵山観賞 顛末記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
わたしもこの「けむりの木」を初めて見ました。
色は、ねむの木にも似て、ほんわかとしていますね。
形状は本当に煙のようですね。
世の中には、珍しい植物があるものですね。

ぽちさんのブログから、私の知識も、段々増えていきます。
ぽちさんの、数種の俳句、いいですね~
こんな、遊び心もまた、私が見習いたいところです。
ありがとうございました。

投稿: みず | 2012年7月15日 (日) 10時23分

♪ みずさん
 梅雨も明けないのに
急に蒸し暑い真夏日となりました。
 世の中には面白い名前の木がまだまだ
沢山あるのには驚きです。 しかも今まで
気が付かない処にあったなんてビックリです。
 何となく 出まかせの五・七・五など
恥もわきまえず 載せたりして、(/ω\)ハズカシーィ

投稿: みずさんへ ぽちより | 2012年7月15日 (日) 14時35分

ぽちさん、こんにちは~
今日も蒸し暑くて、私の頭はぼ~っとしています。
「けむりの木」初めて知りました。
面白い名前ですね。
もじゃもじゃっとしたところがけむりの感じでしょうか。
子供の頃、夕方になるとどの家の煙突からも煙が出ていて、速く帰らなくてはと思ったものでした。
最近の子供はけむりと言えば「火事」を思い出すかもしれませんね。
私達にとっては「けむり」はあったかいものでしたよね。
ぽちさんの俳句もあたたかさが伝わります。

投稿: ひろ | 2012年7月15日 (日) 15時18分

♪ ひろさん
 急激な蒸し暑さに終日 巣に籠っております。

自然の中で珍し花や鳥の鳴き声
川の流れに合わせるかのように
かじかの鳴き声を耳にすると 
ほっと安らぎをおぼえます。
 ひろさんのように山歩きは なかなか
できませんが、できるだけ自分の脚で
出歩くように心がけるつもりです。
 時には五・七・五調の世界も
楽しめるゆとりも 持ちたいものです。
 コメントありがとうございます。
 

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2012年7月15日 (日) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/55185067

この記事へのトラックバック一覧です: けむりの木:

« 稚鮎は白梅酢で召し上がれ! | トップページ | 祇園祭宵山観賞 顛末記 »