« 世界の椿展in静岡 | トップページ | 椿の里「静峰園」を訪ねて »

別れの日

 とうとう別れの日が来ました。

 余生の楽しみとして永年通いなれたパソコン教室 今年1月下旬の受講日の事 突然衝撃的な1枚の文書が渡され担当先生の説明を受けました。

 Photo         『当社苦渋の選択で 平成24年3月31日をもちまして閉校することになりました。』

    青天の霹靂!  

 これが今の世相と云うのでしょうか?

 

 スタッフのみなさんと受講生一同は 突然会社からの一方的なお達しに 狼狽しながらも受けざるを得ませんでした。

 私たち受講生にとって、 少なくとも私にとって 母船TOKAI丸に曳航されたパソコン丸の引き綱を突然ぷつっと切られ、大海原の真っただ中で木の葉のように右往左往を強いられ これからのパソコンライフへの云い知れぬ寂しさと不安に どれほどおののいたことでしょう。

 パソコン教室のスタッフの皆さんの 温もりある笑顔と、受講生一人一人に適応した懇切丁寧な指導は、業界広しと云え、他に類を見ませんでした。 

それからの2ヶ月間、私たちはいっときの時間も惜しんで、パソコン操作の学習に励みました。

 11年前 当時の森総理大臣の『IT革命』の提唱に 背中を押され、パソコン教室受講生として通い始め、パソコンは私にとって 楽しみの一つでもあり余生を輝かせる唯一の手段でした。

 どれほど心弾ませて通ったことでしょうか。

3月26日とうとうその日が来てしまいました。 

Photo_2 その日は格別の思いで、通いなれた 教室近くの『常磐公園』をゆっくりと散策 青空にまぶしいほどの白モクレンを目に焼き付けました。公園内の十数本のソメイヨシノもチラホラほころび始めておりますが 潤む眼でぼんやりと確認するしかありませんでした。

 後ろ髪を引かれる思いの最後の受講日です。

Photo_3

Photo_5

  理解力も乏しい私のパソコン操作 「分からない事が分からない!」 そんな私に適応した 分かりやすく貴重なご指導をいただきました。

母娘(失礼しました 孫)ほどの齢の差を越えて、私の性格までしっかりとのみ込んで 手取り足とり 多くのパソコン操作の術を教えていただきました。

2_4  ゆ~こりん先生ありがとうございました。  

  ご指導いただいたご恩は決して忘れません。

 

スタッフの皆さん共々涙々の辛い別れの日となりました。

せっかく学んだパソコン操作学習ですもの これをバネに、私のパソコンライフはいよいよ奮起します!

 拙いながらもブログ 『パソコンは老いを知らない!』は 楽しみながらまだまだ続けて行きたいと思います。

 平成24年度はどんな出会いが待っているのでしょうか?

これに懲りず 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

|

« 世界の椿展in静岡 | トップページ | 椿の里「静峰園」を訪ねて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、おはようございます~
あのパソコン教室が閉校ですって?
ぽちさんがあんなに熱心に通われたのに寂しいですね。
ぽちさんとこうしてお友達になれたのもパソコンのお蔭ですね。
その基になったお教室が無くなってしまうなんて...
ぽちさんのお気持ち、お察しいたします。
でも、ステキなゆ~こりん先生ともパソコンを通してずっとお付き合いができますよね。
そして今年はあの落語も聞けないのですね。
残念ですが、また次のステップが待っていますよ、ぽちさん。

投稿: ひろ | 2012年4月 1日 (日) 09時31分

ぽちさん
ぽちさんの残念な気持ちが、痛いように分かります。
今までどうり、続くと思っていたことが、突然、ピリオドを
打ってしまう。人生の大先輩のぽちさんに
私が言うまでもないことですが、私たちの生活って
そんなことの連続ですよね。
出会いがあって、別れがある。これ、人生の摂理ですね。

ぽちさん、落ち込むことはありませんよ。
今まで、つちかってこられた事は、ぽちさんの身体と頭に
浸み込んでいて、その力は充分にお持ちです。
御自分の力を信じてくださいませ。

これからも、ぽちさんのブログのファンとして、
更なる飛躍を期待している、みずです。

投稿: みず | 2012年4月 1日 (日) 09時40分

♪ ひろさん
 TOKAIパソコン教室閉校の事は
誰もが驚きでした。
私たち受講生はもちろんですが
温かく熱心に 他に類を見ないパソコン操作
の指導に当たったインストラクターのみなさんも
みんな驚きと寂しさを隠しきれませんでした。
 今の会社の生き残り作戦とは こう云う事
なのですね。
 このITの時代ですから、パソコンはむしろ
必需媒体なのです。
 私のような後期高齢独り暮らしには
恰好の遊び相手です。
「勇楽」さんの落語も残念です。

 励ましのコメントありがとうございます。
ブログは もう少し頑張って見ようと
思いますので、よろしくね。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2012年4月 1日 (日) 14時26分

♪ みずさん
「会うは別れの始め」と云いますが
こんな一方的の別れが突然来るとは
スタッフの皆さんも受講生も
昨年末までは誰も知りませんでした。

 パソコン操作は奥が深く、学習すれば
するほど面白く、私は杖を付いてでも
車椅子に頼ってでも 通いたい処でした。

 でも 折角自分のものにした事は、余生の
楽しみに活用していきたいと思います。

 いただくコメントにいつも励まされます。
今後ともどうぞよろしくお付き合いくださいね。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2012年4月 1日 (日) 14時39分

heart04ぽちさん
こんにちは!昨日は教室のない月曜日でさぞお寂しいお気持ちになられたことでしょう。

でも、きっとぽちさんの前に道はこれからも開くと信じています。さらにぽちさんの才能と可能性は開花されると思うのです。

もっと楽しいパソコンライフを目指して歩み続けてくださいね!

投稿: ゆ~こりん | 2012年4月 3日 (火) 06時12分

♪ ゆ~こりんさま
 おはようございます。
そうなんです。 昨日は一日中お教室の
ことを あれこれ走馬灯のように思いめぐらして
過ごしました。 
 それにも増して、ゆ~こりんさんの再出発の
初日の様子など 思いめぐらしても
おりましたよ。 o(*^▽^*)o

 私のパソコンライフを より楽しくする
為のパソコン操作の多くを教えて戴きました。
 その都度 眼の前でテキストをササッと
作成の技術には眼を見張るばかりでした。
 すべて私の宝物です。

 余生を輝かせる唯一の道ですから、
教えて戴いたことを思い出しながら
もっともっとパソコンライフを
楽しんでまいります。
 うれしいコメントありがとうございます。 happy01

 

投稿: ゆ~こりんさまへ ぽちより | 2012年4月 3日 (火) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/54329413

この記事へのトラックバック一覧です: 別れの日:

« 世界の椿展in静岡 | トップページ | 椿の里「静峰園」を訪ねて »