« 高尾山薬王院初詣と「うかい鳥山」の旅 | トップページ | 静岡市浅間神社の節分祭 »

曽野綾子講演 「人間の基本」を聴講して

 昨年12月4日の当地方新聞に 「Aナーシングホーム」創立20周年記念事業の一環として、2012年1月24日にJR静岡駅前の葵タワーに於いて 曽野綾子さんの講演会 『~人間の基本~』の聴講募集広告が載っておりました。飛びついた私は、即刻FAXで申し込んだのでした。  

Photo  今や押しも押されもしない有名作家 曽野綾子さんの講演で、さぞや応募殺到で抽選洩れかと 半ば諦めかけていた1月6日に聴講券が届きました。

 超高齢化社会を迎えている昨今、年を重ねても自立できない上に、齢のとり方を知らない わがままな人が増えている事に、憂慮され、本人の為にも 日本の将来の為にも 自立した老人になるための指針を熱っぽく語られる 曽野綾子さんの講演が 直に拝聴できる絶好のチャンスです。

 日本は60有余年前 忌まわしい敗戦の 何もかも失ってしまったどん底から見事に這いあがった経済大国でありながら、多くの今の日本人は どうして豊かさを感じられないでしょうか? 

Photo_2   今日も明日も食べ物があって当然、水道の栓をひねれば水が出るのが当然、スイッチを入れれば電気が使えるのが当然、生で飲める水を使って 洗濯もお風呂も庭の水撒きも トイレに流すのも当然の日本国。 水と電気で こんなにも豊かな国でありながら、もともと人間が生きると云う 『~人間の基本~』 を全く知らない 貧しさを知らないから豊かさが分からない  自分の不幸を数え上げる日本人が増えている。と、嘆いておられます。 

  日本ほど平和で恵まれた国は無い! と。

刑務所の檻の中でさえ、「三度の食事、蛇口をひねれば 飲める水が出る、水で流せるトイレ 就寝できる場所」 こんな恵まれた処に どうしたら入れてもらえるのですか? とある途上国の貧困に喘いでいる方から真剣な質問を受けた事もあったそうです。

 昭和初期生まれ以前の 戦争敗北、食糧難の辛苦をなめた老齢期に達した人でさえ、日本の豊かさを忘れかけてしまった人が多い今の日本。、高齢者だからと云う甘えを捨て、過去の経験を生かし 援助を受けるよりも 与えることの幸せを 率先して奨励された 「~人間の基本~」を、傘寿を迎えられた曽野綾子さんは、約一時間半を演壇に立ち通しで熱っぽく語られたのでした。

 

|

« 高尾山薬王院初詣と「うかい鳥山」の旅 | トップページ | 静岡市浅間神社の節分祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
こんにちわ~
とても、寒い日が続いておりますが、お元気そうで何よりです。
今日のぽちさんの、ブログは自戒の念を持ちながら読ませて
頂きました。

今朝、我が家で起きたことです。朝食の後片付けをするのに
当たり前のように、ガス湯沸かし器を使っておりました。
それが、お湯が冷たくなってしまったのです。
ガスが出ていないのです。もう、こうなると
パニックです。すぐに、マニュアルを見ながら
マイコンメーターの復帰操作をしました。
でも、あせっているので上手くいかなくて、結局ガス屋さんに
連絡して、来ていただく事としたんです。

しばらくして、もう一度気を取り直して、ゆっくりと操作したら、
何と、復帰したんです。
当たり前のように、お湯が出るなんてことは、
昔はありませんでした。でも、それに慣れてしまって、ひとたび
不具合が起こると、すぐにパニックになってしまう。。。
反省しきりの、みずでした。

私も、曽野綾子さんの講演を聞いていれば、
今朝のようにパニックになる事はなかったかもしれません。
文明は人を豊かにもしますが、有難さを忘れさせてしまう事も
あるって事、肝に銘じました。有難うございました。


投稿: みず | 2012年1月29日 (日) 14時05分

ぽちさん、こんにちは~
40年くらい前に曽野綾子さんの講演を聞いたことがあります。
才女という言葉がぴったりであこがれの人でした。
あの敗戦から立ち上がった日本がどうしてこんなにも意気地の
ない国になってしまったのでしょうか?
人間は貧しい辛い時を経験して成長するのだと思います。
でも今は何でも国が援助してくれて当たり前と思っているのではないでしょうか?、
私は自分の子供は苦労しても自分で育てるのが当たり前と思っています。
苦労して育ててもらえば親を大事にするには決まっています。
まず、自分の力で生きること、とことん自分でやってみること
だと思います。
豊かさを豊かだと感じられる心が大切だと思います。

投稿: ひろ | 2012年1月29日 (日) 16時12分

ぽちさん
曽野綾子さんの講演会に出席できてよかったですね。曽野さん、私も尊敬している作家さんの一人です。

私は日本が豊かになってから生まれ育ったので、あたりまえでないことがあたりまえだと思い込んでいる世代です。

でも、今昭和のころの生活のほうが今よりずっと人の心が豊かで幸せだったと思っています。

日本の舵取りを誰に託せばいいのかと目の前に光が見えない思いで暮らしています。

ぽちさんが紹介してくださったような素晴らしいお話をもっともっと日本中の人々に聞く機会を与えていただけたらなと改めて思いました。

投稿: ゆーこりん | 2012年1月29日 (日) 20時32分

♪ みずさん
みずさんは、凄~い!!!
ガス湯沸かし器のマイコンメーターの
復帰をご自分んでされたなんて、素晴らしいです。
 誰でも突然のアクシデントに見舞われたら
まず狼狽してしまいます。
 気を取り直して、ゆっくりと再挑戦なさって
見事復活させたみずさんに敬意を表します。
 マニュアルを読むい事も満足にできないぽちは
ただうろたえするばかりです。 事実昨年夏の
ひかり回線の蝉の仕業で、電話が不通になった時でさえ
3日3晩パニック通しでした。 情けないぽちでした。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2012年1月30日 (月) 10時11分

♪ ひろさん
 戦災、敗戦を経験したのが中学1年の13歳の時でした。
当時の荒廃した様子、生活苦を語れば切りもありませんが、
今の暮らしは、天国です。 すべてが「もったいない」と
日々感謝の気持ちでいっぱいです。
 曽野綾子さんは、ちょうど私と同世代ですから
今回の講演は、すべてうなずくばかりでした。
 何処かの大統領の演説 「国が何をしてくれる
のでは無く、、」 が 思いだされます。
 厳しい寒さの連日ですが、ここ静岡はよそに
比べれば穏やかで ありがたいところですね。
 「よそに比べれば、、あの時の事を思えば、、」と
自分に言い聞かせて、この冬を過ごしています。

日の光りも何となく春近しですから、、、

 

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2012年1月30日 (月) 10時31分

♪ ゆーこりんさま
 曽野綾子さんの貴重な講演を聴講できて
本当に良かったと思います。 が、
当日は100%後期高齢者でした。
 曽野綾子さんは介護施設主宰の講演でしたから
「高齢者だからと云って、甘えるな!」
と、諭されたのでしょう。

 ゆーこりんさんがおっしゃる通り、日本中の
多くの人々に聞いていただきたい講演でした。
 

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2012年1月30日 (月) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/53820836

この記事へのトラックバック一覧です: 曽野綾子講演 「人間の基本」を聴講して:

« 高尾山薬王院初詣と「うかい鳥山」の旅 | トップページ | 静岡市浅間神社の節分祭 »