« 新春を祝う | トップページ | 曽野綾子講演 「人間の基本」を聴講して »

高尾山薬王院初詣と「うかい鳥山」の旅

 いつもの旅のお仲間に誘って頂き、いつもの観光会社の いつもの名ドライバーさんでの今年の初旅は 「高尾山薬王院と  うかい鳥山の鶏炭火焼を堪能」の日帰りバス旅行でした。

 途中休憩の朝霧高原道の駅では、早朝から思い思いの新鮮な高原野菜を買い込むあたりは、主婦業にとっては魅力のトイレ休憩なのです。

 今回の旅のお楽しみは、関東周辺に十数ヶ所を構える こだわりの食事処  『うかい鳥山』です。

2_2 奥高尾の六千坪の敷地内に構える 越中五箇山の合掌造りの建物は 貴重な文化財です。静寂の庭園を借景に、和の心に還る最高のおもてなし 「うかい鳥山」自慢の鶏炭火焼を リッチな気分で堪能いたしました。 

 三年前の紅葉の頃訪れたこの庭園の佇まいに、四季折々に是非とも堪能ましょうね。と、今回二度目のお楽しみとなったわけです。苔むした門をくぐれば 厳しい寒さの中にも 日々の乾いた心に一滴のしずくを得たように安らぎを覚えます。Photo_2  

 今回は寒の最中のこと、凛とした空気の中で 庭先の廻る水車の飛沫は氷柱(つらら)となり、宝石のように輝いて私たちを迎えてくれました。

 ゆったりとしたタイミングで 「聖護院大根と、鶏肉の付き出し」「お通し」「うずら肉しんじょのお吸い物」 メインの「鶏と野菜の炭火焼」「とろろ飯」「山ぶどうのシャーベット」と 運ばれるご馳走に舌鼓を打ち 贅沢な空間に浸りながら幸せを噛みしめたのでした。

 バスは甲州街道を東京中心部から西へ約50キロに在る 江戸時代から信仰の霊山として知られる 標高600メートルの山中に奉る薬王院へのケーブルカー高尾山前に到着。 

Photo_3 ケーブルカーは、国有林の 今は冬木立となている いろは紅葉、杉の木立、たわわの真紅の南天の実が美しく点在する 31度余りの急勾配を一気に高尾山薬王院へと誘います。

正式名称「高尾山薬王院有喜寺」は 今から1260余年前の天平16年(744)に開山されたお寺で、成田山新勝寺、川崎大師平間寺と共に 真言宗智山派の三大本山として知られております。

2  ご本尊は飯縄大権現。不動明王の化身で、お護摩炊きは煩悩を焼き尽くし 円満な悟りを体現できるそうですが、今回はお護摩炊きの行事はなりませんでしたが、霊深山での参詣は 身の引き締まる思いでした。

 標高600メートルの高尾山の冷気の中 昭和一桁生まれのご一行様は 防寒着に丸まると着ぶくれて 息を弾ませながら 霊験あらたかな 落葉広葉樹林のアップダウンを よく歩き参詣できた健康を感謝したのです。

 画像の数々を ムービープロジェクトに組んでみました。 懐かしい「ふるさと」のメロディにせてごゆっくりご覧下さい。

 

|

« 新春を祝う | トップページ | 曽野綾子講演 「人間の基本」を聴講して »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
ようやく雨が降って乾燥しきっていた空気もほっと一段落ですね。
高尾山薬王院初詣と「うかい鳥山」の旅を私も楽しませていただきました。
いいお友達と初詣とお食事会を毎年しているって素晴らしいですね。
高尾山と言えば日本一ハイカーと観光客が多い所ですね。
私も行ってみたいと思いながらも未だに行っていません。
鶏炭火焼はさぞかし美味だったでしょうね。
ああ、食してみたいです。
元気にバス旅行ができること、しかも日帰りなんて相当体力がいりますよね。
いつも健康管理をしっかりおやりになっているからこそ旅行ができるのですね。
今年はどんなところへ行かれるのか私も楽しみにしています。

投稿: ひろ | 2012年1月22日 (日) 13時38分

♪ ひろさん
 健脚のひろさんには遠く及びませんが
何とか自分の脚で、寒中の高尾山薬王院の
初詣が出来た事は有り難い事でした。
「うかい鳥山」の純和風の空間での
食事も、独り暮らしの私には何とも
贅沢なひと時でした。
 時期的に参拝客はまばらでしたが
高尾山は、年間の登山者は日本一だとか、、
 戴くコメントにいつも励まされます。
  ありがとうございます。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2012年1月22日 (日) 17時26分

ぽちさん
こんにちわ~
うかい鳥山の鶏炭火焼のお食事は、私の好みにピッタリでした。
こういうしゃれた和食が、私たちの世代には、たまりませんね。
「うずら肉しんじょのお吸い物」は動画で拝見したら、今すぐに
食したい気持ちになりました。鶏の炭火焼きも、おいしそう!
ぽちさんの動画はリアリティーがあって、とってもいいです。

高尾山という名前は良く聞きますが、みずはまだ、
行ったことがありません。行ったことがない所が
沢山あって、ぽちさんに教えてもらってばかりです。
きっと寒かったでしょうけれど、健康だからこそ楽しめる
旅ですよね。

ぽちさん、今年はきっと、いい年になりますよ。
良い所へお参りなさったんですもの。
ありがとうございました。

投稿: みず | 2012年1月22日 (日) 19時47分

ぽちさん こんにちは!
風情のあるすてきなところに行っていらっしゃいましたね。
こんなところにゆっくりと旅して長い時間黙ってじっと景色を眺めていたいなという気持ちにさせられました。

きょうはぽちさんと久しぶりにお会いできるな~という感じです。

投稿: ゆーこりん | 2012年1月23日 (月) 08時20分

♪  みずさん
 日常生活は、粗食に甘んじている ぽちです。
日頃 爪に火を灯す節約生活をしては、乏しい
年金から僅かずつ小銭を貯めての旅行参加です。
 「うかい鳥山」は関東の割烹でありながら
京都の懐石料理そのものです。
うずら肉のしんじょは しっかりした旨味ですが
お吸い物は、やさしいほんわかムードでした。
画像でもお分かりのように湯気が立つほどの
熱々は、なによりのご馳走でした。
 新年早々 和の心をここまで体感できた
幸せをしみじみと感じました。
 小銭貯めを始めましたよ。happy01

投稿: みずさんへ ぽちより | 2012年1月23日 (月) 10時23分

♪ ゆーこりんさま
 奥高尾の静寂 六千坪の敷地内に
和の心を彷彿させる建物が 庭園の
あちこちに点在し、景色を眺めながら
至福の座に着くのです。
 新緑も良し、錦秋も良し、夏はホタルの
舞う風情も良いでしょうね。
 今日は気を取り直してパソコンに励まないとね、、

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2012年1月23日 (月) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/53765488

この記事へのトラックバック一覧です: 高尾山薬王院初詣と「うかい鳥山」の旅:

« 新春を祝う | トップページ | 曽野綾子講演 「人間の基本」を聴講して »