« いこいのコンサート | トップページ | 豊好園でお茶飲み会~前篇~ »

和紙人形で見る江戸百景

Photo  十一月二十二日の静岡新聞に 「江戸の生活 和紙で再現」のタイトルで 江戸時代の庶民の生活や 物売りを和紙人形で驚くほどリアルに表現した 「おもしろ江戸百景」 が、JR静岡南口の直ぐ傍、静岡ホビースクエアで開催中の記事があり、逸る気持ちも抑えきれず さっそく観賞して参りました。

Photo_2  浜松市で創作和紙人形を手掛ける「華扇会」が、日本の伝統工芸「和紙」を使って人形や江戸時代の生活ぶり、物売りの様子など人形のしぐさから 日常生活の小物に至るまで、あらゆる角度から 精密を極めたリアルな表現には 目を見張るばかりです。

上の写真は、「貧乏人の子沢山」  右は「夜逃げ」と題した 昔ならではの 今となっては微笑ましい庶民の暮らしぶりです。 「夫婦喧嘩」「お産」の作品など 真にせまった表現には 思わず苦笑していまうほどの芸術作品揃いです。Photo_3

 二代目 田端華扇さんと お弟子さんたちによる 江戸の暮らしぶりや物売りの様子は 幼い頃 祖母から聞いた懐かしい話が おぼろげながら よみがえってきます。

春一番が吹き抜ける一瞬 往来の人々の慌ただしい光景をとらえた ジオラマが四点、江戸庶民の生々しい生活ぶりのリアルさや 売り声までも聞えてきそうな物売りのなど二十五景。着物、髪型から生活様式 畳や下駄草履 小バサミに至るまで 和紙によってのきめ細かい表現に よくぞここまで、、! と感嘆するばかりです。

 * 会場は JR静岡駅南口より徒歩1分 ホテルセンチュリー静岡西側3階 「静岡ホビースクエア」 です。

 * 開催日時 平成23年11月16日(水)~12月11日(日)   午前11時~午後7時

 * 料金 大人 600円  中学生以下 300円 (3歳未満無料 障害者手帳ご持参の方および介助者1名は無料)  は、

   絶対に料金の幾数倍もの価値があると思います。 

     癒しと感動!  必見です。

 

 許可を得て 会場を一巡した動画です。 お楽しみください。

 江戸の粋と、活力、一作一作を 刻の経つのも忘れてデジカメに収めてまいりました。 

 動画プロジェクトに編集し、「七つの子」の懐かしいメロディに思いを馳せております。 ご覧ください。 そして是非会場へ出かけてみませんか?

 

 

|

« いこいのコンサート | トップページ | 豊好園でお茶飲み会~前篇~ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは~
すごくいいものを見せていただきました。
すごい!の連発です。
和紙人形が生き生きとしていてびっくりしました。
江戸の庶民の生活がリアルに表されていますね。
これはもう見に行きたいと思いました。
ぽちさんの動画を撮り、ブログに投稿するその情熱には頭が
下がります。
素晴らしいです。
私も大先輩をお手本に努力いたします。

投稿: ひろ | 2011年11月27日 (日) 15時56分

♪ ひろさん
 1974年初代田端華扇さん(1991年没)が主宰した和紙人形作りの趣味の会で、現在は二代目を娘さんが継承していらっしゃるそうです。
 凄い物を観賞できました。
人形のしぐさと云い、豆粒ほどの小ものに至るまで
よくぞここまで、、、と、溜息しきりです。
 最初 撮影禁止かと オン慮勝ちに? お尋ねしたところ
快く許可くださいました。またとないチャンスでした。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2011年11月27日 (日) 20時21分

ぽちさん
ものすごい!としか言いようがないほど、素晴らしいですね。
今にも動き出しそうな人形の所作が、良く表現されていますね。
一体を作るのにどれほどの時間がかかるのか。。。
気の遠くなるような作品の数々!驚きです。

江戸時代って、何かとても風情があった頃ですね~
どの作品を見ても、生き生きとした生活ぶりが、垣間見られて。

「七つの子」の音楽もベストマッチでした。
動画をとても、楽しく見させていただきましたよ。
ぽちさんに敬服です。有難うございました。

投稿: みず | 2011年11月28日 (月) 10時33分

今にも人形が動き出しそうですね。
とても心和む作品でありながら芸術性の高さにも驚かされます。いいものを見せていただいてありがとうございました。このブログで足を運ぶ方が増えるかも!

投稿: ゆーこりん | 2011年11月28日 (月) 13時23分

♪ みずさん
 昭和一けた生まれの私は、江戸時代の
名残りのような物売りの話など、祖母から
よく聞いておりました。
 和紙は素晴らしい日本の伝統芸術品ですね。
この素晴らしい作品を見て心底感動しました。
近年オーストラリア・ウィーン・イタリアへも出展
されているようです。
 日本の伝統文化は世界に誇れますね。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2011年11月28日 (月) 13時39分

♪ ゆーこりんさま
この和紙人形制作者全員 昭和生まれの方
でしょうに、江戸時代の風俗習慣を見事に
表現されて 驚くばかりです。
 私は未だに興奮が覚めません。
 有形文化財ものですね。

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2011年11月28日 (月) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/53331709

この記事へのトラックバック一覧です: 和紙人形で見る江戸百景:

« いこいのコンサート | トップページ | 豊好園でお茶飲み会~前篇~ »