« 初秋の越後湯沢温泉の旅 | トップページ | 秋をいろどる旅 »

吹割の滝

 前回のブログで レトロな三國街道塩沢宿散策を書きました。図らずもこの十月十三日 昼十二時二十分 NHK総合TV 「ひるブラ」で 新潟米どころの魅力の宿場町 「牧之通り」が放映されたのです。 

Photo_13 魚沼産の炊きたての新米コシヒカリの美味しそうな香りがTVを通して伝わってきました。 十日前の越後湯沢の旅  コシヒカリの新米をお土産に 最後に立ち寄った 偶然にもあのお米屋さんでの生中継ではありませんか!

さて! 南魚沼市塩沢の歴史と文化の宿場町 私たちには珍しい「雁木通り」の佇まいを散策後の 越後湯沢でのその夜の宿は、

Photo_3  空の湯、山の湯、里の湯合わせて二十八の湯(ふたばの湯)を楽しむ 自慢の「双葉温泉ホテル」 でした。 谷川連峰を望み、ホテル最上階の展望露天湯にゆったりと浸ったり、幾つかの湯壺を楽しめる「双葉」ならではの贅沢です。

 夜来の雨もすっかり上がり、天気予報を見事に覆し、今日一日絶好の秋日和に恵まれそうな朝九時 ホテルのスタッフの笑顔に見送られて、Photo_9

いよいよ「東洋のナイヤガラ」と云われる「吹割の滝」へと向かいました。

Photo_8   群馬県沼田市利根町にある 高さ7メートル、幅30メートル、奇岩が15メートルに渡って続く片品渓谷(吹割渓谷)に 川床を割るようにごうごうと、水しぶきを上げて流れる様子から「吹割れの滝」の名が付いたそうです。

2000年NHK大河ドラマ『葵徳川三代』のオープニングのこの滝が甦ってきます。

Photo_6 900万年前に起った火山の噴火による大規模な火砕流の溶岩が「片品川」の流れで浸食されたV字の谷に向かって三方から河川が流れおちる様子が 「東洋のナイヤガラ」と呼ばれているようです。

うっかりすると激しい流れに吸いこまれてしまいそうな遊歩道も整備され、Photo_7

数十メートルの奇岩が連なる岸壁群れに圧倒され、目も眩むほどの大きなスケール ごうごうと水煙を上げて飛散する瀑布、澄み切ったエメラルドの流れの壮絶な景観を 刻の経つのも忘れて楽しみました。

水量と流れの勢いの激しさでの浸食が、一年間で約七センチメートルずつ遡上しているそうで、将来的にはこの瀑布の圧巻も 上流に移動するとか、水がもたらす凄さを知りました。

 吹割渓谷(ふきわれけいこく)は、尾瀬沼付近が源と云われる片品川の中流になりますが、ごうごうと飛沫を上げながら 留めも無く流れる豊富な水量に驚くばかりです。

 「吹割の谷遊歩道にて」景観の動画3題をご覧ください。

 

 

 

 

 

|

« 初秋の越後湯沢温泉の旅 | トップページ | 秋をいろどる旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんばんは~
いや~、すごい!すごい!
私は吹割の滝はしりませんでした。
びっくりです。
東洋のナイアガラって言うのですね。
これは絶対に行って見てみたいです。
雨の予報を覆してこんないい天気になったのも、ぽちさんたちの
パワーですね。
いいものを見せていただいてありがとうございました。
すごい!見せてもらってすごいパワーをいただきました。

投稿: ひろ | 2011年10月16日 (日) 18時07分

♪ ひろさん
 吹割の滝は私は初めてでした。
予想以上にダイナミックで素晴らしかったですよ。
旅の二日目9月30日の越後は一日中雨の予報でしたが、
今回も晴れ女揃いのパワーには驚きました。
健康で旅が出来る事が何より有り難いのです。
コメント有難うございます。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2011年10月16日 (日) 19時59分

迫力のある動画ですね!!!
滝も、今も、エメラルドグリーンの澄んだ川の水もすごい!

一番すごいのはぽちさんの語り!!!
ますますお上手になられていますね。bleah

完全にアナウンサー顔負けですヨ!!!○B○に教えてあげたいわ~!

投稿: ゆーこりん | 2011年10月17日 (月) 08時31分

♪ ゆーこりんさま
「吹割の滝」の美しさ、豪快さは予想以上でした。
なにせ、原稿が無いのと、周囲の人々の
邪魔にならないような「つぶやき」しか出来ないのです。
もっと大声で感動すれば良かったのかしら?
、、、私には出来ませんが、、、(/ω\)ハズカシーィ

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2011年10月17日 (月) 09時55分

ぽちさん
「吹割の滝」は圧巻ですね!
音もすごいし、ぽちさんのナレーションがステキでした。
国内で、こんな素晴らしい滝が見られるなんて、
初めて知りました。行ってみたいわ~

今年のお米の出来はどうだったですか?
私はまだ、今年は新米を食べていません。
毎年、新米を送ってくれ仙台の友人がいるのですが、
風評被害が怖いから、今年は送らないと、言ってきました。
なんだか、とても寂しくて被害地が、
元に戻るのを祈るみずです。

投稿: みず | 2011年10月17日 (月) 12時44分

♪ みずさん
ごうごうと水煙をあげて河床の割れ目に落ちる
「吹割の滝」、奇岩群は想像以上に
圧巻でした。 ちょろちょろの水源が片品川と
なるに従い豊富な水量となる自然の不思議。
一瞬の休みも無く流れ続ける膨大な水量。
流れ流れて 海が溢れてしまうのでは?と、
単細胞の私。
 兎に角自然の力は凄いのです!
穫れたての新米は風味、うま味、艶が真情ですね。

投稿: みずさんへへ ぽちより | 2011年10月17日 (月) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/52979581

この記事へのトラックバック一覧です: 吹割の滝:

« 初秋の越後湯沢温泉の旅 | トップページ | 秋をいろどる旅 »