« 真夏のミステリー! | トップページ | 夏惜しむ京都の旅 »

京都貴船川床料理の旅

 いつもの お仲間との夏を惜しむ旅は、プライベートでは中々敷居の高い京都の奥座敷 「貴船の川床料理」堪能をメインに、盛り沢山の1泊2日でした。

Photo_5 京都駅前のホテルを夕方4時に 川床料理「右源太」さんの送迎バスに揺られて、古都・京都の奥座敷 貴船に付いたのは初秋薄暮の5時ごろでした。

 貴船には約1500年前より、水の神様を祀る由緒ある「貴船神社」があります。

Photo  賀茂川の水源地に当たり、古来より水の神様として崇められております。 水は万物の命の源ですから、私たちは南参道84段の石段を上って こころあらたにお参りをいたしました。

平安の昔から日照りや、長雨が続いた時や、国家有事の時には勅使が向けられ 祈りが捧げられたり、民衆の間でも 心願成就・縁結びなど諸々の祈願が捧げられてきました。

Photo  歴代天皇は、日照りには黒馬、長雨には白馬を献上され御祈願されましたが、たび重なる御祈願のため生きた馬に換えて、馬形の板に色を付けた 「板立馬」を奉納したと云う 絵馬の由来も解りました。 

 平安の時代には 都から大名やお公家さんが 山道を遥々駕篭や牛車に揺られ揺られて、京の避暑地として過ごされたことでしょう。 飛沫をあびる渓谷、鬱蒼と茂る山林、幽谷の世界。 当時を偲ぶに充分な京の奥座敷です。 渓流の音は 心を清め、憂さを忘れ鎮める効果があるようです。

Photo_3  澄み切った空気の中で心地よい渓流の音を聞きながら、夏の風物詩 川床料理を楽しむ店20軒ほどが よしずを張り、ぼんぼり提灯を提げ、情緒あふれる床を連ねております。2  

貴船の「右源太」・「左源太」と云えば、この辺りでも名の知れた老舗の料理旅館です。 

 私たちは心ひそかに 優越感を抱きながら「右源太」さんの川床へと誘われました。 水量豊かな渓流しぶきの マイナスイオンを浴びながら 「右源太」こだわりの鮎の塩焼き あまごのてんぷら、但馬牛のたたき、地元の食材をふんだんに仕立てた京料理の数々に舌鼓を打ったのでした

8月も最終日の31日 台風12号接近、下界は上天気 うだる暑さでも、ここは一枚羽織るほどの別世界 爽快極まる夏惜しむひと時を満喫いたしました。

|

« 真夏のミステリー! | トップページ | 夏惜しむ京都の旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
またまた、美味しい旅でしたね。
川が流れている上に、お食事処が作られているんですね。
清流の音も、お料理に一味添えているんでしょうね。
こういう所を見たのは初めてなので、ぽちさん達は
いい経験をなさったなぁと、思いました。
お聞きするまでも、ないですが、お料理のお味は如何でした?

台風12号は、この辺りは、もういいのかと思ったら
今、急に雨が降ってきました。どうぞ、通り過ぎるまで
お気をつけて下さいね。

投稿: みず | 2011年9月 4日 (日) 09時37分

ぽちさん、こんにちは~
台風12号はまだまだ油断できませんね。

素晴らしい旅でしたね。
美味しいものが食べられることは一番の幸せですね。
涼しそうな川の音と昔の乙女の楽しげなお話が聞こえてきて
私も楽しませてもらいました。
いつもステキな旅のお仲間がいることがぽちさんを若々しくさせてくれているのですね。
私の目標はぽちさんです。
川床料理を食べに行かなくっちゃ(* ̄ー ̄*)

投稿: ひろ | 2011年9月 4日 (日) 11時56分

♪ みずさん
京都駅前のホテルから、右源太さんの送迎バスで
走ること40~50分。 洛北貴船の里は幽玄の世界です。
 床の下は勢いよく流れる渓流ですから、下界より
3~4度涼しい訳ですね。 これもご馳走です。
 申し訳ないほどの贅沢な旅でした。
私たちは初めての最後の体験旅行です。
お若いみずさんのこと、チャンスはこれからです。

台風12号の余波で、各地大荒れが続いています。
お互い気を付けましょうね。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2011年9月 4日 (日) 15時06分

♪ ひろさん
 台風12号の爪痕のニュースを放映中でも
台風一過とは云えないほど まだまだ油断できません。

幸いお天気にも恵まれて 思いがけない貴船川床料理の
旅を楽しめた幸せを噛みしめております。
洛北の山奥に由緒ある割烹旅館が20軒ほど軒を連ね
平安の昔からの京の避暑地として、うなずけます。

 山を卒業されたら、ひろさんも
   ご主人と是非お楽しみ下さい。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2011年9月 4日 (日) 15時24分

ぽちさん おはようございます。
今週の更新をまちきれずwinkコメントします。

いいお仲間といいご旅行ができて、素敵なことですね!
ぽちさんとお友達のいらっしゃるレストランや食事処は、私のような未熟者にとってはまだまだ敷居が高いので、将来行きたいな~と「夢」がどんどん増えます。

秋は行楽シーズンですから、またいい旅をされていろいろと「夢」を与えてくださいね。

法事がおありでなにかと大変だと思います。
ご自身のお体をくれぐれも大切になさってくださいね。

投稿: ゆーこりん | 2011年9月10日 (土) 09時05分

♪ ゆーこりんさま
ここまで生きてこられ、余生を楽しく過ごすには
健康と良き友と Some money ですって!
確かにその通りです。
 私には Some money すら無理ですが、
健康と良き友に恵まれ有り難いのです。
 今回も晴れ女のパワーで、台風さえも
退けました。 happy01
明日は亡母の七回忌、早いものです。
 明日アップの次回ブログは旅の続きです。
お時間がありましたらご笑覧ください。

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2011年9月10日 (土) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/52637113

この記事へのトラックバック一覧です: 京都貴船川床料理の旅:

« 真夏のミステリー! | トップページ | 夏惜しむ京都の旅 »