« 夏惜しむ京都の旅 | トップページ | 中秋の名月は毎年「仏滅」 »

吐月峰の中秋の名月

 平成23年9月12日は中秋の名月でした。

その前日の11日 日曜日には、母の七回忌が営まれ、東京に住む妹が七年ぶりに我が家に泊まる事になりました。

12日は、秋暑の中のふるさと巡りに 丸子路を案内することに致しました。

静岡市 Photo_4 国道藤枝駅行きのバスで、「吐月峰入口」で下車、目指すは十返舎一九の「東海街道中膝栗毛」や安東広重の弥次・喜多を思わせるとろろ汁の 「丁子屋」 さんです。

四百年の伝統を継承される茅葺屋根の佇まいは、広重の絵をそのままに懐かしさを覚えます。

 丁子屋さんに一歩入り、帳場の前には折よく「中秋の名月」のお供えが設えてありました。Photo_7

さっそく盗人団子よろしく、「へそだんご」に餡をのせて 美味しくいただきました。

 こだわりの特製自然薯のとろろ汁を麦ごはんに掛けての素朴な味わいに、大広間は ほとんど満杯のお客さんの 満足気の笑顔です。

 丁子屋さんから国道一号線を挟んで西側へ15分も歩けば、吐月峰「柴屋寺」です。 静岡市丸子泉ヶ谷にある吐月峰 「柴屋寺」 は、室町時代の連歌師「柴屋軒宗長」が草庵を結んで閑居した処で、「吐月峰(とげっぽう)」として知られております。

Photo_8 中秋の名月の夜は毎年「月見の会」が開かれる事でも知られた名勝です。

中秋の名月のお供えの前では、お茶席のご接待のあと、暗闇の庭園のあちこちに洩れる手燭の灯り、すだく虫の鳴き声の中Photo_10  平家物語の「祇園精舎の鐘の声、、♪、、」の琵琶の調べは、 名月の出を待つ間の宵の口に 一層の風情を添えました。

 琵琶の音色に聴き惚れたあと、その昔 連歌師宗長が庭に置かれた「月見の石」に陣取って、名月を今か今かと待ちわびながら、東方に月の出となる雑木山を望みました。

十年に 二度か三度しかお目に掛る事が出来ない中秋の名月を 極上の好天の今宵 この素晴らしい光景を記憶に留める事ができた幸運を喜びあいました。

  待ち望んだ中秋の名月、雑木山の頂が次第に明るくなり、お月さまが上り始めました。 雑木山にはばまれ じらし じらされ、「木々の間を静々と上る名月」と、まさに、煌々と中天に上る「柴屋寺中秋の名月」2題の動画です。

 八時半 山頂の樹々に見え隠れしながら、今年はまさに満月が煌々と輝き上りました。 感動的な映像です。

 

|

« 夏惜しむ京都の旅 | トップページ | 中秋の名月は毎年「仏滅」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
丸子の「丁子屋」さんへは私も行ったことがあります。
そうそう、麦のご飯にとろろをかけて、頂くんですよね。
私が行った時にも、お客さんはいっぱいでしたね。
もう一度味わってみたい味です。

柴屋寺には、もう30年も前に行った記憶があります。
当時はエアコンもなくて、家の中にいるのが暑くて涼を求めて
行った覚えがあります。近くに、民芸品を売っているお店が
あって、沢山の商品がありましたが今も、あるかしら?

「中秋の名月」を素晴らしいロケーションで鑑賞することが
出来たことは、ひとえに、ぽちさんのフットワークの良さだと、
感心しきりです。動画、楽しませていただきました。

投稿: みず | 2011年9月18日 (日) 11時07分

♪ みずさん
 中秋の名月は 私にとって 今年は本当に
ラッキーな年でした。
丁子屋さんのとろろ汁は絶品でしたし、
お供えの名月だんごも美味しかった~

 中秋の名月は、究極のお月見日和でした。
雨あり、曇りの日もありで 十年のうちで 
二度か三度しがお目に描かれないそうです。
琵琶の演奏も中々の風情でした。
 動画 お楽しみ戴いて嬉しいです。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2011年9月18日 (日) 13時46分

ぽちさん、こんにちは~
今年の中秋の名月は本当に素晴らしかったですね。
あのお月様をみんながいろんな所から見ていると思うと不思議です。
柴屋寺はお月見の名所と聞いていますが行ったことはありません。
動画で見せてもらい感激でした。
愛するお母様がお亡くなりになった時も月が煌々と輝いていたように記憶しておりますが...
月日のたつ早さと自然界の普遍性を思う時、今自分が生かされている幸せを感じます。

投稿: ひろ | 2011年9月19日 (月) 14時51分

♪ ひろさん
 柴屋寺の名月観賞は20年ぶりです。
今年は特に、琵琶の演奏と、好天に恵まれ
何とか動画に収める事ができました。 

 母の7回忌とあって、名月の日に妹との月見を
母が企ててくれたとおもいます。

 母が亡くなったのは平成17年9月17日(土)、通夜が
18日(日)で、その年は神明宮のお祭でした。
また、その年の18日は中秋の名月。祭り囃しと、
煌々とした名月で、賑やかな通夜だった事が
強烈な印象でした。
 おまけに、19日葬儀の日は図らずも、母の誕生日でした。

 悔いのない人生を全うしたと思います。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2011年9月19日 (月) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/52742760

この記事へのトラックバック一覧です: 吐月峰の中秋の名月:

« 夏惜しむ京都の旅 | トップページ | 中秋の名月は毎年「仏滅」 »