« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

モリアオガエルの産卵2011年丸子の誓願寺

 一昨年、昨年と「誓願寺」のモリアオガエルの卵の様子を観察した私は、今年もそろそろ気がかりの時期をむかえました。

Photo  静岡市駿河区 二軒家にある 1190年に建立され、1568年武田信玄によって再建され、豊臣家の家臣 片桐勝元夫妻が葬られている 由緒ある「誓願寺」の池には、Photo_3

毎年この時期 産卵された「モリアオガエル」の泡状の卵を観察に多くの人が訪れる事でも有名なお寺です。

 この地方の 今年の梅雨入りは 昨年より12日も早く 5月27日のことでした。 昨年6月22日夕方、前年ご住職のお取り計らいで、モリアオガエルの孵化の模様を垣間見た私は、昨年も期待を抱いて観察に行きましたのに、時すでの遅し! 孵化はすっかりおわり、池の真上の枝垂れには すでに卵をつつむ泡の片鱗すら消え失せて、

Photo_4 池には数十匹のオタマジャクシが元気に泳いでおりました。

 

 今年こそは去年の二の舞は踏むまいと、6月17日 2~3日梅雨らしい しとしと雨も上がる気配の早朝、意を決し、8時には「誓願寺」のモリアオガエルの池の傍に辿りつきました。

 午前8時、2~3日ほど続く梅雨らしい雨も ぽつりポツリと止む気配の池の端です。

さっそくデジタルカメラの動画のシャッターを押し始めたとき、

Photo_5 「あっ! ありました!」 雨降りをチャンス!とばかりに、産み付けられた瑞々しい ソフトボールほどの卵の泡が目の前に飛び込んできました。 

山からノコノコとやってきたモリアオガエルが今朝 産み付けたばかりの卵のようです。 たっぷりと水分を含んで 今にも滴り落ちそうです。

 産卵は、おおむね雨上がりの翌朝 暗いうちから日が昇る前には産み終えて、人目につかない処にひそむのだそうですから、地元の人以外はお目に掛れる筈はありません。

今年はこれが最初の産卵らしく、7月頃まで何個の卵の泡球が見られるのでしょうか?

Photo_6  

Photo_7  こうして産み付けられた卵は、にかわ質の泡を栄養として1週間ほどで、降る雨垂れを利用し、孵化したオタマジャクシはじょうずに、池に滑り落ちていくのです。

池の面に しなやかに伸びた木の枝先に 1匹のメスに幾匹ものオスがひしめき、産み付けられた卵は、充分に降る雨ををうまく利用し オタマジャクシに孵化して池に滑り落ちるのですから、梅雨時を産卵期としたのでしょう。

   生態系とはこう云うことなんですね。

 地球上の1点にしか見られない せまい日本は、自然豊かな瑞穂の国。

豊かな水の国でもあります。 そして世界にも類を見ない 両生類の宝庫。

 蛙の種類の多い国でもあるのだそうです。

* 必見 今夜 6月26日(日曜日) NHK総合TV 夜9時 「NHKスペシャル ホットスポット最後の楽園」 でも モリアオガエルの産卵の模様も見る事ができそうですよ。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

6月のバス旅行

昨年の6月上旬、甲斐の国は南アルプス市、通称白根にある「さくらんぼ名人」と云われる小野一博さんのサクランボ狩りを楽しんだ私たちは、今年も是非行きましょう! と毎回旅を企画して下さるYさんの一声に いつもの旅仲間17名が即参加の手をあげました。 私を除いてみな高校時代1学年後輩の乙女たちです。

「サクランボ狩りと清里高原ホテルでランチ」 と銘打って6月10日 晴れ女が揃い梅雨の中休み 日帰りバス旅行を楽しみました。

 毎回立ち寄る朝霧高原道の駅で、早々と買い込んだブロッコリです。Photo

朝採りの高原野菜は私たち主婦にとってここは人気スポット。

直径22センチ円周65センチもあるブロッコリが何と! 130円也

 おっと! 旅の早々、折角忘れかけていた主婦業を発揮してしまいました。 

ところで、今日の昼食は、淑女を気取って「清里高原ホテルでランチ」なのです。

Photo_2  日本でも有数のリゾート、標高1570m、鳥が謳い、花が咲き乱れ 夜は何万光年かなたからの 星たちのささやきに耳を傾けるロマンティックな「天空の楽園」と謳われる 清里高原ホテルは 南アルプスの勇壮な景観を一望できるたたずまいです。

 少し緊張しながらテーブルに着きました。 地元の新鮮な食材でのランチは絶品で 舌の肥えた熟女たちを満足させてくれました。

 昼食後ホテル庭園をゆっくり散策を楽しんだ私たちは、「美し森」へと向かいました。

Photo_3 美し森山は、赤岳(2899m)の東尾根の一部が孤立して出来た標高1542mの小高い丘です。6月上旬から中旬にかけて、レンゲツツジの群生が咲き誇る名所です。

山頂から見下ろせば 萌える若葉に映えて レンゲツツジの目の覚めるような鮮やかな鴇色(ときいろ)に 思わず感嘆の声も洩れるほど。Photo_4  

 麓の駐車場から山頂まで 急勾配に組まれた木道を登って20分ほどの気楽なハイキングコースです。 私たちシニア族には少々息が弾みましたが、頂上の新樹の森を散策すれば ホトトギスやカッコウの鳴き声が木霊して、ほっと癒されるのです。

 

 耳を澄ましてお聞きください。

午後3時半 今回の旅のメインテーマ 小野一博さんちのサクランボ狩りです。 私たちのバスが到着するや、家族総出のお出迎えです。 

 色彩と光沢、果肉、果汁ともに豊かで、甘味と酸味の調和が「ルビーの妖精」 Photo_5 の名にふさわしい。 約1時間私たちはすっかり乙女?に戻り小鳥のようについばむのです。

    旅は 若さの泉です。 

 

思い出深い6月のバス旅行の1日を アーニー・ローリーのピアノにのせて お楽しみください。

  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ブログ記念日

 5月28日は私にとって 今では大事な記念日となりました。

4年前の平成19年5月28日 パソコン教室で習いたてのブログに一念発起、 お独りさまの余生のよすがとして ブログデビューをし、早や4年の時を刻みました。 恐る恐るのブログ掲載登録の時、咄嗟に思い付いたタイトルが 『パソコンは老いを知らない!』 だったとは、おこがましいかぎりです。

 当初は、何を書いてよいのやら 皆目見当もつかないまま 「あとは野となれ、山となれ、、、」の見切り発車でした。 早々とギブアップしてしまうに違いないと案じながらも、更新を日曜日と決めて 週一回の投稿を続け、無事4周年のゴールに達したと云う次第です。

 亡夫の50回忌も ささやかながらあい営み、ふたりの娘も嫁いで早や4半世紀もすぎました。 正真正銘独り暮らしの余生を 健康で 如何に退屈を凌ぐ事が出来るかが大きな課題として続いております。

 この1年を振り返ってみますと 退屈を覚える暇も無く過ごすことができました。お蔭さまで 良き友に恵まれ、旅を楽しみ、デジカメ初心者ながら、収めた数々の画像や、動画を挿入してのブログ掲載を続ける事が出来ました。

 この4年間のブログに 述べ6万回近くのアクセスを戴きました事は、驚きでもあり本当に有り難い事でした。

 お寄せくださるコメントに感動と ブログ継続の勇気をいただいて、ここまで続けられました事、改めてお礼申しあげます。

Photo この一年間のブログ記事を、いささかの自分史4冊目 「2011年版」として、試行錯誤、悪戦苦闘して拙いながら 手作り小冊子にまとめてみました。

横書きのブログ記事を縦書きとし 私好みの正楷書体のフォントにあらため、随所に画像をはめ込む作業は、私にとって さながら「ボケ防止」に打って付けだったようです。

表紙の似顔絵(パソコン水彩画)と、裏表紙のツバキのイラスト(オートシェイプ)は、パソコンで楽しんで描きました。

更に両面印刷で 108ページにもわたる印刷作業も 至難の業でしたが。大好きな「三大テノール」のBGMを楽しみながら 日永を過ごす事もできました。

 こうして完成した4周年記念冊子は、まずパソコンインストラクターのゆーこりん先生にお目どうりいただきました。

 ゆーこりん先生に撮影いただいた画像を拝借しました。 恥ずかしながら、、、ご笑覧ください。

Photo_3

Photo_4 

 こんな楽しいパソコンライフを いつまで続けられますやら、、、

肩肘張らずに ブログ掲載5年目に挑戦したいとおもいます。

今年度もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

石和温泉で得した気分!

 2011年 平成23年は山梨県・石和(いさわ)温泉郷開湯50周年とあって、JR東海ツアーズの特別企画の人気商品 『行っ得ッか!!やまなし』 の見出しに「ワイドビューふじかわ号」で1泊2日限定プランの一つ 「石和びゅーほてる」のコースがあります。

  ゆったりくつろいでまいりました。

 いつも旅を企画して下さるYさんが、JR「ジバング」月刊冊子から、めざとく見付けて下さったのです。

Photo JR静岡駅から甲府までの ワイドビューふじかわ号のコンパーメンPhoto_4 ト一室を占有した私たち三人娘は、おしゃべりに花を咲かせたことは云うまでもありません。  

石和温泉郷は 1961年(昭和36年)1月 石和町のブドウ畑から 忽然と46度の高温温泉が噴出したのだそうです。 温泉の誕生で 町は一変、旅館やホテルが次々と建ち、桃やブドウの観光農園も相次いで登場しました。豊富な湯量と効用が魅力で 全国からはもちろん海外からの「検診ツアー」など利用客も多いとか、、

Photo_2  私たち三人の為にホテル送迎車がお出迎え、午後2時にはチェックイン。ロビーでのスペシャルドリンクのサービスの後、閑静な趣のある和のくつろぎへと誘われました。 

広々として落ち着きのある12畳の純和風の空間に三人娘。

    心なごむ癒しのひと時を過ごしたのです。

 山梨の豊富な旬の食材を活かした料理長の 心のこもった夕食の後のお楽しみは、中国伝統の妙技「中国雑技団」の息を飲む華やかなショーです。Img478_dscf7849a_2

矢継ぎ早に繰り広げられる妙技は、許可を得て動画に収める事ができました。

 華麗にして優雅な 「皿回し」

 艶妖に操る 「フラフープ」の技

等々、見事な中国伝統の妙技 ハラハラどきどき 溜息しきりでした。

栄養バランスの良い温もりある朝食の後、風林火山「響の里」での太鼓ショーへホテル送迎車でのお誘いがありました。

 武田軍出陣をイメージした迫力満点の太鼓の響きに今時の新感覚を味わいました。

 ホテルの思いがけないおもてなしで、華やかな妙技あり、力強い響きありで旅の思い出は尽きません。

 往復ゆったりコンパーメントの「ワイドビューふじかわ号」 純和風のホテルでのくつろぎと、華やかなショータイム。 希望に添ったホテルの送り迎え。 しかも、日帰り旅行並みの驚くほどの低料金。  

  こんな旅の楽しみ方もあるのです。   

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »