« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

女の戦い! 遂に下剋上か!

日本平動物園のPhoto  「猛獣館299」のライオン舎では、

オスの キング(2000年群馬サファリ生まれ 2004年来園)

メスの マッチ (2006年富士サファリ生まれ 2010年来園)

 メスの ムール (2006年富士サファリ生まれ 2010年来園)

百獣の王オス1頭に対し メス2頭の関係を垣間見る事は、酷な話ですが実に興味深いものがあります。 

 と、前回のブログで ライオン舎の事は、気を持たせながら終わらせていただきました。 

ところが あれから何人かの方から 「ライオン舎の続きを、、」と しきりに薦められて、生々しい女の戦いをご紹介することにいたしました。

 日本平動物園ライオン飼育担当の 川村 敏朗さんの飼育日誌から、、

Image  雄ライオンのキング(10才)が 5年間むつまじく連れ添った先妻に先立たれ 1年2カ月やもめ暮らしの後、猛獣館オープンの2010年3月に 4才のマッチとムールの2頭のメスが来園しました。

 モンローウオークで色っぽいマッチと 面長で少し ガサツなムール。 当初は2頭のメス同士、トラブルも無く 心配の種は微塵もありませんでした。 むしろガサツなムールは、色っぽいマッチに気を使い遠慮していたようでした。

 特にキングはマッチがお気に入りで、正室としたようでした。 この時点でキングは、得意満面 有頂天になり、正室を盗まれまいと、来園者や飼育員にも攻防むき出しだったそうです。

 体重が91kgの正室マッチに対し、71kgと痩せすぎたムールを 正常の状態にしようと餌を増やしたところ、側室であるはずのムールは、次第に体力を付け始めた途端、トップである正室の座の魅力にかきたてられ 野望化しマッチに挑戦状をたたきつけたそうです。

 人工保育で育てられ、群れのルールを知らないムールが正室の座に就けば マッチがひどい怪我を受ける恐れがあると 飼育員は心配して ムールは再び餌の減量を余儀なくされたのでした。が、時すでに遅し! 

 メス同士の血みどろの戦いが しばしば見られたのだそうです。

 ライオン舎の前に立ったちょうどその時 私たちが見せつけられた 目の前でのリアルな出来事は 私は当然のことながら 正室マッチとの出来事と思い込み、寂しそうな側室ムールを気の毒がりました。

ところが事の次第は実はその逆で、今にして思えば、図らずも下剋上を垣間見てしまったと云う訳でございます。

正室マッチの目の前で、側室ムールの満足気に 誇らしく得意満面の態度と、かたわらに はべるケロリと悦にすまし顔のキングの姿。 これぞ下剋上最たる現状なのでした。

  正室マッチの寂しそうな姿が余りにもお気の毒です。

《お ま け≫

 夢中で撮りつづけた動画、リアルな音声は音楽に変えて思い切って載せてみました。 ご覧ください。

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

大人同士でも楽しめる日本平動物園

 「今更子供たちは相手にしてくれないし、孫もいないし、、」とおっしゃる方に是非お薦めしたい場所の一つに「日本平動物園」があります。

「え~ッ? 大人同士でも楽しめる動物園?」 もちろん子供たちはおおはしゃぎ! 老若男女だって大いに楽しめますよ。

 日本平動物園(Shizuoka Municipal Nihondaira Zoological garden)  は、静岡県静岡市駿河区池田にある静岡市が運営する動物園です。

 2005年に直立することで一躍全国的に話題となった、レッサーパンダの「風太」が生まれた動物園です。

  昭和40年(1965年)市政80周年を記念して市立動物園建設構想が発表され大きな話題となったことが思い出されます。 50歳を過ぎた娘たちは当時はまだ小学生も低学年のころでした。

Photo  昭和44年(1969年)8月1日 自然豊かな日本平のなだらかな麓に 総工費7億5千5百万円、面積6.6ha の動物園が開園されました。

4月12日ようやく桜吹雪の始まりかけた絶好の行楽日和。デジカメ・ムービー初心者同士の ioさんと童心に還って半日楽しんできました。Photo

Photo_4  象のダンボ&シャンティは2頭とも40歳を超えた女盛り、銅像のように長い間をこの存在感。シンメトリーの位置関係が お決まりのポーズでしょうか?

 昨年9月に誕生したオランウータンの赤ちゃん「クッキー」の愛くるしい姿をひと目見たくて、来園者はいつまでもいつまでも、ガラス越しに覗きこむのです。Photo_6

フラッシュ禁止で、シャッターチャンスには恵まれませんでした。 母親がバナナを柔らかく噛んでは口移しに与えている姿は微笑ましく、ほんわかムードです。

この画像は4月14日付、静岡新聞掲載。母親「キャンディ」の腕に抱かれている愛くるしい オスの赤ちゃん「クッキー」です。 秋から冬にかけて いつも麻布にくるまって、見る事が出来なかったクッキーちゃんも 暖かくなったこの春からやっと来園者も見る事が出来るようになりました。 

Photo_2  私たちの最大の目的は、パソコン教室のインストラクターお薦めの 昨年2010年春に リニューアルオープンした「299(肉球)猛獣館」です。

 北海道旭川動物園にも勝るとも劣らない ゴマフアザラシの優雅な遊泳や、ホッキョクグマのロッシー君は、猛獣館299の水中トンネルで泳ぐのが大のお気に入りだそうで、水中バク転を何度も何度も飽きずにご披露し、目の前にロッシー君の肉球がはっきりと迫ってくれば、来園者はもう大喜び! ioさんも私も 夢中で動画に収めました。   動画2題お楽しみください。

 

 「猛獣館299」のライオン舎では、

オスの キング(2000年群馬サファリ生まれ 2004年来園)

メスの マッチ (2006年富士サファリ生まれ 2010年来園)

メスの ムール (2006年富士サファリ生まれ 2010年来園)

百獣の王オス1頭に対し、メス2頭の関係を垣間見る事は、酷な話ですが、実に興味深いものがあります。  

   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

日本平の絶景 富士山と桜

 60年ぶりの交友を温め直したSさんに、「日本平の桜を見に行きましょう」と お誘い戴きました。 Sさんとは青春時代 ご近所同士と云う事もあって、昔のよしみ、独り居の私を気遣ってのお誘いだったと思います。

Photo_2  日本平は、静岡市駿河区と清水区をまたぐ標高307メートルの丘陵地で、日本観光地100選、国の名勝地、県立自然公園に指定され、ここから眺める富士山の眺望は筆舌に尽くし難く、梅園あり、今を盛りと 桜ロードの素晴らしい眺め、茶畑やみかん畑、駿河湾を遠く望めば 長々と横たわる伊豆半島など360度、自然美豊かな観光地です。 日本平ロープウェイで久能山に渡れば、国の重要文化財に指定された久能山東照宮があり、歴史のロマンに浸る事もできる 市民にとっても自慢できる名勝地なのです。Photo_3

 4月5日 風も無く穏やかな絶好のお花見日和。ウィーク デーということもあって、日本平山頂までの5分咲きのさくらロードの渋滞も無く、日本平ホテルの庭園に到着。 桜前線を追いかける 多くのカメラマンも時を追って増え続けております。

 デジカメ初心の私も カメラマンに交じって、カシャッと自信作? 

Photo_4  

 今年の春は遅々として、桜の開花も一週間から10日も遅れはしたものの、この日は空には終日 一点の雲も無く まさに桜日和。私たちは青春時代に戻り、旧交を温め合いながら、春爛漫を満喫したのでした。

 前日は花曇り、一日後は春霞とあって、絶好のお花見日和に恵まれました。

   今年は感慨もひとしお

        思い出深いお花見となりました。  

 風光明媚な所在も相まって テレビドラマ「華麗なる一族」(TBS)の 主人公の自宅として 広大な庭の舞台ともなったここ、日本平ホテルの庭園から、清水港の遥かに 伊豆半島、美しい稜線を描く富士山、残雪の南アルプスを望む360度の景観を動画に収めました。

  (2011年4月5日)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

身延山久遠寺のしだれ桜

 今年は例年になく春の訪れが遅いようです。 昨年は ここ静岡市の桜は早くも3月27日には満開で、人々は春爛漫を謳歌しておりました。

 私の実家では、身延山久遠寺の「しだれ桜」が楽しみで、自家用車を走らせてが恒例のようです。 昨年は確か3月28日の日曜日に満開のしだれ桜を満喫したと聞いておりました。 今年の開花は思惑通り 随分とおくれているようです。

 インターネットによれば、ちらほらほころび始めたものの、まだまだ蕾は硬く、満開には1週間から10日待ちとありました。 例年ならば3月26日~4月6日は交通規制がはじまり、駐車場も満杯。 こんな混雑を避けて 毎年早朝5時の出発を励行していたようでした。 今年の交通規制は4月1日からとインターネットの情報を得て、3月27日(日)に私も同行させていただきました。 防寒具を着こんで 6時出発。

* 以下の画像を拡大してご覧戴いた後は、左上の戻るボタン(←)でブログ本文にお戻りください

Photo  さすがに この寒さで車の混雑も無く 山梨県に入っても車はすいすいと ドライバーの勝手知ったる裏道を通り抜けて、あまり知られていない無料の駐車場に 8時前には到着。 ガラガラに空いている駐車場の近くには 「ご利用は浄財で」のゲートを開け セルフサービスのケーブルカーに乗り込んで、あれよ!あれよ!と云う間に 急勾配を久遠寺の境内に到着しました。

 毎年訪れる実家の家族は、このケーブルカーの存在は先刻ご承知。午前8時の事で、もちろん利用者は私たちだけでした。 但し4月1日からは、7時前には混雑がはじまりましょう。 そして、身延山はほとんどが杉ですから花粉症の方はご用心!

Photo_2  きゅ~んと張り詰めた空気の久遠寺境内。

空には一片の雲も無く、清らかな青空に おぼろにほころび始めた「しだれ桜」が孤高に聳え立つ。Photo_5

 整然と掃き清められた境内は静まりかえり、小鳥のさえずりだけが山に木霊する。満開の観光客でごった返す事を思えば、むしろ霊験あらたかです。ちょうど午前八時の梵鐘が、辺りの静けさを破り なんと崇高な雰囲気でしょう。 

Photo_4  境内には有名な樹齢4百年の「しだれ桜」が2本、ちらほら咲きはじめました。

一分咲きというところでしょうか?2_2  

日おもての蕾たちは咲きたいばかりに うずうずしているようです。 春の日を一杯に受ければ、この一週間ほどでちょうど見頃となるのでしょう。

満開の「しだれ桜」の妖艶な美しさに 夢まぼろしのように、我を忘れるほど見入ってしまった25年前を しみじみと思い返しております。

 凛とした静けさの中で、ほころび始めた四百年のしだれ桜も 妙なるものでした。  

  2011年3月27日 まだ春浅い日に、、、

 追伸!  いつもコメントを戴いている 「ひろさん」ご夫妻は、4月1日早朝5時出発で、5分咲きほどの「しだれ桜」が観賞出来たそうです。 当然のことながら多くのカメラマン・観光客の混雑も始まったようです。 1分咲きだったあれから5~6日のうちに、美しい「久遠寺のしだれ桜」となってるのです。

D0164761_9243176   4月1日撮影のひろさんの画像が届きました。

この画面右上のリンク集の「山の花 町の花」をクリックしていただくと 同じ場所の 「しだれ桜」1分咲きが 5~6日で咲き揃い始めているのがわかります。   

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »