« 牛肉のしぐれ煮 | トップページ | 高松宮妃のおひなさま展 »

椿の里「静峰園」散策

 駿河路の今年の厳しかった寒さも ようやく峠を越えた2月16日、気温13度 風も無く穏やかな日を迎えました。 ここ2~3年前から噂に聞いていた「椿の里」の事を思い付いた私は、いそいそとJR静岡駅前のバスターミナルに向かいました。

 駅北口11番乗り場で、時刻表を見ている 始めて出会った清水市の、もうひと方は はるばる函南から来られた同年配の女性と意気投合、「♪、旅は道連れ、世は情け、、♪」と ばかりに三人は心弾んでバスに乗り込みました。 

 函南さんは、「椿の里」の記事が載っている去年の新聞を手に、「是非来てみたかったの!」と、旧知の友のようにおしゃべりをしているうち20分ほどで、日本平線は「英和女学院大学」終点に到着です。

 以下の画像を拡大してご覧戴いた後は、左上の「戻るボタン←矢印」をクリックして 本文にお戻りください 

Photo_2  なだらかな丘を5~6分歩いて、椿の里「静峰園」に到着しました。

 茶畑の傍らに「静峰園」と刻まれた石碑から入園となります

 「おや! ここが入口かしら?」Photo_4 といぶかるのも、無理もありません。

 ここは、個人のご邸宅の庭園なのです。  

整然と敷かれた石畳。 手入れの行き届いた庭園に一歩足を踏み入れると、藁に囲まれた「冬牡丹」が 訪れる人を優しく迎い入れてくれます。 

 順路にしたがって海側の庭には、Photo_5 満開の紅白の梅、ツヤヤカに咲き匂う蠟梅など 早春の香りが漂ってまいります。その間々には、赤、ピンク、黄色の冬牡丹が ひときわ気高い境地で咲いております。

   冬ぼたん閑かに孤高深めをり

 

 市街地側、手入れの行き届いた五千平方メートルの なだらかな丘陵地帯には 約五百種にも及ぶ「椿」が次々と咲き乱れ、訪れる人を楽しませてくれるのです。 こんな近場に 俗世間を離れた別天地があろうとは、、、

 2月16日は、JR静岡駅前のバス停で たまたま出会った行きずりの「函南さん」「清水さん」も堪能されて、JR駅でお別れしました。

     行きずりの人と楽しむ椿園

  実はこれが下見となって、21日には、いつもの旅のお仲間十数名は 昼食会の前に、ここを訪れたのでした。

 二度目に訪れた椿の里には、一週間前にも増して 次々と咲き揃いはじめているではありませんか!Cimg0213

 園主の川口厚夫さんは、ツバキ栽培が趣味で、18年前 麓からこのなだらかな丘陵地帯に移り住み 趣味が昂じて 五千平方メートルの丘陵を開拓整備され 5百種類もの椿を植え、石を並べ散策小道を整えて 13年前にご自宅の庭園の一般公開をはじめられたそうです。

Photo_6  富士山、南アルプス、静岡の街が一望できるこの景勝に加えて、野鳥のさえずりと、数多の盆栽も愛でながら こころ安らぐひとときでした。

 広い庭園の椿を愛でながら、動画に収めてみました。

  You tube にアップさせていただいた、2題をご覧ください。

 

 2題目は、下記をクリックしてご覧ください。

http://www.youtube.com/embed/UmSdqVFre7A

     五百余種椿の遅速に幾訪はな

     春の鵙日射せば俄かにけたたまし

     庭園を別れがたしや百千鳥

 白長楽・天ヶ下・春の台・白侘助・流星光 等々艶やかで 淑やかな椿の数々。

デジカメに収めた画像をプロジェクトし、サウンドをバックに動画に編集してみました。  お楽しみください。

 この一週間のうちに、適度な雨も降り、20度にもなる日もあって、随分と春らしくなりました。  色とりどりの鮮やかな椿が咲き誇っている事でしょう。

 

|

« 牛肉のしぐれ煮 | トップページ | 高松宮妃のおひなさま展 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
私も、もう7~8年前になりますが、ここを訪れました。
入ってすぐに、牡丹にかわいい傘がかぶせてあって、
とても、綺麗だったなぁと思い出しました。
椿と一口で言っても、いろんな種類があるんですね。
ぽちさんの動画素晴らしかったです。
楽しませていただきました。
それにしても、女性は行き会った方とすぐに意気投合して
道中を共にし、旅を豊かにする術をもっているなぁと
感心いたしました。本当に先輩のいいお手本です。
そうそう、その時に椿の里で、おいしいお蕎麦をいただきました。
ぽちさんが行ったのはウイークデーだったから、
お店は開いていなかったかもしれませんね。
家からそんなに遠くないのでまた、行ってみたいです。

投稿: みず | 2011年2月27日 (日) 09時40分

♪ みずさん
静岡駅前11番バス停で、たまたま同じ時刻表を確認
していた道連れの方。3人とも独り旅で、意気投合!
 囲炉裏のある落ち着いたお座敷で、3人揃って
「山菜そば」 の昼食も楽しみました。
お出汁がとても美味しく飲み干したいほどでした。
 「ご一緒できてよかった~!」と、お別れしました。
5百種が、次々と咲き3月いっぱい開園するそうです。
 

投稿: みずさんへ ぽちより | 2011年2月27日 (日) 16時25分

ぽちさんのおかげで椿の里を堪能させていただきました。併設している雑貨屋さんが好きで、とき~どきお邪魔させていただいています。椿の里のほうはまだお邪魔したことがなく行きたいなとずっと思っていました。拝見して、ますます行きたくなりました。お花は心を癒してくれますねぇ。偶然であったかたがたと気があって一緒に楽しめたこともよかったですね。さすが社交的なぽちさん。私もそうありたいものです。

投稿: ゆーこりん | 2011年2月28日 (月) 11時06分

♪ ゆーこりんさま
「旅は道連れ、、」 たまたまの出会いで、お互い
始めて行く場所を、「こっちかしら? あっちかしら?」と
こころ強く、そして広い庭園の珍しいツバキを愛でながら
「良かったねぇ~」と、異口同音、癒しを共有できたこと。

 こんな独り旅も良いものですね。
怪我をしないように、健康でこんな楽しみを これからも
願っている dog であります。

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2011年2月28日 (月) 11時44分

ぽちさん、こんにちは!
「椿の里」私は知りませんでした。
ぽちさんはこの地域に関することを、新聞やTVや広報でよく知っていらっしゃるのですね。
ぽちさんのそういう所を見習いたいと思います。
初めて出会った方と仲良く一緒に散策されてよかったですね。
きっとぽちさんのやさしいお声に、お二方共安心して楽しいひとときをお過ごしになったのだと思います。
色とりどりの椿をゆっくり見せていただきました。
本当に色々な色や形があるのですね。
花が落ちた後も楽しめますね。
私も行ってみたいと思います。


投稿: ひろ | 2011年2月28日 (月) 16時10分

  ぽちさん
 椿の里,随分整理されたのですね。私の訪れたのは20年位前の事のように思います。東名側の山道を走り「椿の里」の看板を見てどんな所かと立ち寄ってみましたが余り記憶にも残りませんでした。我家の庭に三本のひばがありますが植木屋さんは椿の里から持ってきたといっていましたが。
 貝原益軒の養生訓に「老後の一日,楽しまずして空しく過すは惜しむべし。老後の一日,千金にあたるべし」とありますがぽちさんの生き方まさにこの通りですね。さっと行動に移せるのも健康あっての事,尊い日々お互い大切に過しましょう。
 動画の編集見事です。楽しませて頂きました。有難うございました。三月の暖かな日に出掛けてみようと思います。
 

投稿:   ライムライト | 2011年2月28日 (月) 17時24分

♪ ひろさん
 人様から「独り暮らしで羨ましい!」と、良く云われますが
何とか生活できる経済的自立や、健康と、退屈しない事
が必須条件だと、痛感いたします。

 自分を退屈と云う 「魔の時間」 から、如何に凌げるか?
誰も助けてくれません。 
 そんなことから、地元の新聞、ラジオ、TVの情報を
頼りに、自分で行動できる範囲内で、インターネットで
チェックします。
 バス、電車、徒歩の範囲内の行動しかできませんが
出歩く事が出来る事に感謝!かんしゃ! です。

 まずは、怪我と健康に注意ですね。
庭の無い私にとって、「椿の里」に癒されました。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2011年2月28日 (月) 18時14分

♪ ライムライトさん
 20年前とは、随分整備されてますよ~。
ご商売の植木屋さんとは云っても、ご趣味が高じて
こんなに素晴らしい庭園を公開され、訪れる人も
癒されるなんて、素敵ですね。

  貝原益軒の養生訓に「老後の一日,楽しまずして空しく過すは惜しむべし。老後の一日,千金にあたるべし」
 まさにその通りですね。 
独り居は時折り 虚しさが襲いますが、独りだからこそ
気ままな行動に感謝です。
 「椿の里」は、3月いっぱい楽しめますよ~。 是非!

投稿: ライムライトさんへ ぽちより | 2011年2月28日 (月) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/50958363

この記事へのトラックバック一覧です: 椿の里「静峰園」散策:

« 牛肉のしぐれ煮 | トップページ | 高松宮妃のおひなさま展 »