« 泳ぐ「桜えび」を間近に、、 | トップページ | 静岡県警察音楽隊のクリスマスコンサート »

徳川家康公お手植えのミカン

Photo  駿府城に隠居した徳川家康公が、自ら植えたと伝えられる 静岡県天然記念物 「家康公お手植えの蜜柑」の収穫が、夜来の雨も上がった12月8日午前 穏やかな小春日和の良き日 駿府公園で行われました。

 その日の朝7時前のNHK-TV  「静岡今日の動き」で、この事を知った私は、スワッと飛び起き、朝食の後片付け等家事一切をササッと済ませ 弾む気持ちでバスの乗客となりました。

 現地に着いた10時 すでにJA静岡経済連の職員さん10数人が たわわに実ったミカンにハサミを入れ始めておりました。

Photo_2  徳川家康公の銅像の傍らに、円形のフェンスに囲まれて、400年の歴史を刻むツヤヤカに実を付けた見事な蜜柑の巨木に先ず驚きました。

 徳川家康公が駿府城に隠居された頃、紀州(今の和歌山県)から献上された鉢植えの紀州みかんを、本丸の天守閣付近に自ら植えられたとされています。

 フェンスに囲まれた こんもりと盛り上がった場所には、基は2本の苗木の枝が成長し、地を這い 根付き、あるいは差し木で増殖したらしく 今では数本と見られる巨木  臥龍がうねり合い、からみあうように複雑な枝を 四方八方へと生い茂らせ 毎年たわわに実らせるのです。400

 紀州ミカンの一種で、直径5センチほどの小粒ながら、皮も剥きやすく 香りが素晴らしく豊かな事と、種があるのが特徴とか。

 一般に売られている甘いだけのミカンに比べれば、適度の酸味と甘みが、昔ながらの懐かしさを覚えます。

 今年の夏は100年に1度という猛暑を見事に克服して、例年以上の甘味で250キログラムの収穫だったそうです。 これもJA経済連職員さんの並々ならぬ気配りのお陰と思います。

 こうして最初のうちは 遠慮しながらの収録でしたが、小嶋静岡市長さんが来られると、次第にギャラリーも増えてきました。 フェンス越しに市長さんにおねだりしたりして、由緒ある天然記念物を貴くいただきました。

こんな光景が直に見られたのも、あつかましくも、報道関係者に交じってフェンスの中に入らせていただく恩恵にあずかった賜物でした。

 収穫された250キロの「家康ミカン」は、公園内で配布されたり、久能山東照宮や静岡浅間神社など 家康公ゆかりの関係先に届けられたり、JR静岡駅で旅人にプレゼントされたり 私も賞味させていただきました。

     家康のお手植え蜜柑たわわ成る

     みかん甘し四百年の時今に

     小粒なる竜駕の如き巨樹みかん

     大御所の蜜柑貴く賜りぬ

|

« 泳ぐ「桜えび」を間近に、、 | トップページ | 静岡県警察音楽隊のクリスマスコンサート »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、ラッキーでしたね。
家康公のお手植えのみかんを食べられたんですね。
私も毎年ニュースで聞いていましたが行ったことはありません。
さすが名カメラマンですね。
その様子がよく撮れていますね。
私も手を伸ばせばいただけそうな気がしました。
それにしても植物の力はすごいですね。
人はいくら頑張っても100年未満の人生ですよね。
400年も生き続けることができるなんて感動です。
400年の間には何回戦禍にあったことでしょうか。
これからは、このみかんの木には穏やかな景色だけを味わってほしいですね。
いつも楽しくてためになる動画を見せていただいてありがとう。

投稿: ひろ | 2010年12月19日 (日) 14時22分

♪ ひろさん
 駿府公園西門から入った処に 五彩に輝く紅葉にまず
見惚れました。
 家康公の銅像の前に佇んだ時、百舌鳥の高鳴きに初冬
感じました。  そして、
たわわに実った家康みかんに静岡の冬を見たのです。
 近くにも季節を味わう処があって幸せです。

 皮をむいた途端、懐かしい本当のみかんの香りが ほとばしりました。
今年の夏の暑さで甘味も例年以上だったようです。
 コメントありがとうございました。
  

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2010年12月19日 (日) 14時57分

ぽちさん
市長さんがぽちさんの行動力にまずは脱帽です。
市長さんが、美味しそうにみかんをほうばっている
いい写真が撮れましたね。
ぽちさんが仰るように、子供のころのみかんは、もっと
酸味があったように思います。今は品種改良が進んで
どれを食べても、外れなく甘いですが、子供のころは
口に入れた途端、その酸っぱさに、思わず顔をしかめて
しまうことがありましたね。だからこそ、どれが甘いかを
見分ける術も覚えたように思います。
そうそう、種もありましたね。
きっと懐かしい味だったでしょうね!
とてもいい動画をありがとうございました。

投稿: みず | 2010年12月20日 (月) 08時43分

♪ みずさん
みかんをほうばる市長さんのお顔!
市政を預かる小嶋市長さんの貴重なショットでした。
お味は「いまひとつ」 の今までの噂を覆すように
今年の猛暑のおかげで、酸味、甘味、香りは良かったと
思います。
 ひろさんがおっしゃるように、驚異的な樹木の生命力に
教えられるものがありますね。
 400年を生い茂る 枝の張りは実に見事で感動しましたよ!
いただくコメントに支えられているポチです。ありがとう。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2010年12月22日 (水) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/50306818

この記事へのトラックバック一覧です: 徳川家康公お手植えのミカン:

« 泳ぐ「桜えび」を間近に、、 | トップページ | 静岡県警察音楽隊のクリスマスコンサート »