« 白川郷合掌屋根葺き替え作業 | トップページ | 「家族に頼らない新しい生き方」シンポジウム(後篇) »

「家族に頼らない新しい生き方」シンポジウム(前篇)

 ビックリ仰天! 78才 一世一代 大仕事の顛末記です。

 標題の高齢者シンポジウムが10月20日 静岡市駿河区のグランシップで、NPO法人「きずなの会」(静岡市駿河区山崎道生所長様)主催で開催されましたをクリックしていただき きずなの会HPへどうぞ!)

Photo  9月中旬 静岡新聞夕刊に 今回のシンポジウム開催のお知らせに 「みなさん老いの独り暮らしを どんな風に生きていらっしゃるのかしら?」 願っても無いテーマに聴講申し込みの電話をいたしました。

 聴講限定70人とあって、幾つかのご質問に、生きがいとしている趣味をお話して、入場を受け付けていただきました。

 ところがです! 大変な事になりました!  2~3日して私のパソコンライフを パネラーとして、是非に!と、お達しがあったのです。

 まさか! 私ごときが ささやかなパソコンライフを大衆の面前で語るなど 青天のへきれき!

散々思いあぐねて、内心 「これを機会に お一人でも多くの高齢者に パソコンの楽しさを分かっていただける よいチャンスかも知れない!」と、思いなおして恐る恐る 六人の発表者の一人として 参加させていただくことになりました。

とは言っても、持ち時間6分間、原稿用紙3枚ほどで、聴衆の面前 マイクでパソコンライフを語るには、或る程度の暗記力も必要で あァ!どうしよう どうしよう!

パソコンを始めた動機、パソコンの利便性と楽しさ、いよいよ ブログで世界へ羽ばたく楽しいパソコンライフのあらましを 恥ずかしながら下記してみました。

 「パソコンは老いの杖」 (概要)

 取扱説明書を読む事すら面倒なわたしが、今はパソコンが老いの心の支えとなっている事を、、、

 10年前の68才のとき 当時の森総理大臣の提唱された「IT革命!」の一言に、やがて訪れる独り身に 世間から取り残されてしまうのでは という不安と、90才の母の介護に疲れきって、「自分の時間が欲しい!」と思い切って パソコン教室の門を、、、

 当時パソコンが何であるかも全く分からないまま、取りあえずパソコンを買ってしまい、2ヶ月間は触れる事すら出来なかった告白を

 パソコン教室の初心者コースでは、電源の入れ方から 訳の分からないパソコン用語、マウスの使い方 文字入力 メールのやりとり、インターネットの使い方から その利便や楽しさを 3歩前進 2歩後退しながら、少しづつ引き込まれた経緯を、、、

 独り暮らしをしているとつい、つまらない事や 老後の不安を抱え込んで仕舞いがち その虚しい空白の時こそ危険! と訴え、自分を退屈にさせない事が肝心!   音楽を聞いたり、水彩画も描けるし そんな時こそ良き遊び相手となってくれるのがパソコンであると、、、

インターネットでのお買い物は 高齢者にとって大助かり、、やがて足腰立たなくなっても パソコンに しがみついていれば 何とかなると思える今日この頃と、、、

3年前にブログをはじめて、思いつくままを画像や動画を入れて 世界中の方に見て戴く楽しさ、喜びを、また寄せていただいたうれしいコメントに お礼の返事を書いて 連帯親密感を、、、   そして、、、

Cimg0036_2

  書き貯めたブログを 一年分ごと手作り冊子にして、いささかの自分史として残す満足感など 熱く語ってしまいました。Copy

 さて! 反響は如何ばかりや!      

  来週に続きます。

  

              律の風よもやわが身に寄するとは

        秋うらら楽しみ語る老いの坂

       独り居を励まし合ふて菊日和

         

|

« 白川郷合掌屋根葺き替え作業 | トップページ | 「家族に頼らない新しい生き方」シンポジウム(後篇) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、すごい反響ですね。
テレビ出演おめでとうございます。
私ももしっかりと見せていただきました。
さすがぽちさんだと思いました。
私の拙いブログに、ぽちさんのことを書かせていただきました。
「素晴らしい大先輩!!」というタイトルです。
そして、いつも覗いてくださっている方から、ぽちさんのようにがんばろう」というコメントをいただきました。
これからの人生は「退屈しないこと」が大切ですね。
そして常に「やってみよう」という気持を持つことですね。
大先輩から教えていただくことに感謝しています。
ありがとうございました。

投稿: ひろ | 2010年10月24日 (日) 15時46分

♪ ひろさん
過分なお褒めのコメントありがとうございます。
独居老人に恰好のシンポジウムでしたので、聴講の申し込みが
まさか、こう云う展開になろうとは、夢にも思いませんでした。

 独居でなくても、パソコンは老いの退屈しのぎには、誰にも
迷惑のかからない良い遊び相手ですものね。
 そんな理由もあって、お一人でも多くの方にパソコンの楽しさが
分かっていただきたくて、語ってしまいました。
 うれしいコメントありがとうございます。 ♪(o ̄∇ ̄)/

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2010年10月24日 (日) 17時07分

ぽちさん、パネラーさんとしての大役お疲れ様でした。大成功でしたね。おめでとうございます。heart04

おもいがけない展開だったようですが、これは神の仕組んだ筋書きだったような気がします。happy01
だって、ふさわしいかただもの。

素敵に編集されていましたね。拝見していて感動しました。うるうるしました。ぽちさんすごく素敵でした。自分の登場シーンは恥ずかしかったですけれど、ぽちさんと競演できたと思えば、幸せなことです。

つづきのお話も、明日お会いできることもとても楽しみです!!!

ひろさんのブログもいいですね~。さすがお友達もすてきなかたですね。よろしくおつたえくださいませ。

投稿: ゆーこりん | 2010年10月24日 (日) 23時05分

♪ ゆーこりんさま
 高齢者には パソコンが生きがいとなる良き友である事を
お一人でも多くの方に知って欲しい 一念でした。
 パソコンが何であるのか分からない70才、80才から
始めても、決して遅いことはないのですから、、、
 
 ひろさんも、ご自身のブログでとり上げて下さったり、
当日放映の録画もして下さったり、嬉しい事でした。

 何より、パソコン教室での学習の結果が、今回の幸運を
もたらした事に感謝です。 さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

 醜い老婆の顔が 度アップで放映されたのには参った~!

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2010年10月25日 (月) 09時13分

はじめまして。みかと申します。
テレビを拝見しHPに、お邪魔させてもらいました。
私は39歳です。こんな私が言うのは失礼かとも?思いますが
素敵な生き方をされている方は、表情も外見も美人なんだなぁ~と美しいなぁ~と感じました。私はPCはしますが、ブログに挑戦していないので頑張ろうと思います。でも、さっぱり~??で頭がクラクラです^^

投稿: みか | 2010年10月25日 (月) 12時33分

♪ みかさん
はじめまして!
テレビの放映から、私の拙いブログへ訪問くださり、感激
しております。
 しわだらけの顔が、ほころびっぱなしです!
 こんな高齢な私ですが、人生前向きに生きれば、3歩前進
2歩後退しながらでも、何とか前に進むのだとつくつく思いました。 パソコン学んでよかった~!
 みかさんはまだまだお若いし、、 でも、何でもいいですから
幾つかの趣味を楽しめば、遠い将来 きっと生きがいになると思います。 パソコンは良い友人になるでしょうね。
 いただくコメントに勇気をいただきました。
感謝、感激いっぱいです。  さんくす♪(o ̄∇ ̄)/ 

投稿: みかさんへ ぽちより | 2010年10月25日 (月) 13時00分

  ぽちさんへ                               テレビの出演発表,お見事!私生活もちょっぴり垣間見,何故かホッとしています。そしてゆーこりんさんにもお会い出来ました。
 御身体お大切に。
         

投稿:   ライムライト | 2010年10月25日 (月) 15時31分

♪ ライムライトさん
 隠遁生活、草の庵、高齢独居の貧しい生活ぶりの
放映で、赤面の至りです。
 独居生活だからこそ、パソコンライフで充実の毎日。
 「パソコンやってて 良かった~!!!」 実感です。
パソコンで、皆さんから勇気をいただいているのです。
  感謝、感謝です。  (o^-^o)

投稿: ライムライトさんへ ぽちより | 2010年10月25日 (月) 17時18分

ぽちさん
TV放映見させて頂きましたよ!
いつも、ブログにお邪魔して、コメントさせていただきながらも
お顔を拝見するのは初めてでした。
私は、いつもブログを拝見しながら、どんな方かと
想像しておりました。ぽちさんは私の想像どうりの、
品がよくて背筋ピンのべっぴんさんでした。
このシンポジュームに、みんな、どんなにか、
勇気付けられたかと思います。
本当の自立を実践されているんですもの。
私も、よきお手本としてこれから、がんばりたいと思っています。
どうもありがとうございました。

投稿: みず | 2010年10月25日 (月) 17時56分

♪ みずさん
いつもブログへのコメントに勇気をいただいています。
身に余るお褒めの言葉に嬉しくもあり、面映ゆくもあります。

 余りにも早い夫の死別で、二人の娘が巣立った後の独り暮らしを どう過ごすのか?を模索し始めたのは、50代の頃でした。
私の場合 必然的に考えておくべき事だったのです。だって、
他人様に助けていただくわけにはいきませんもの。 

 パソコンを通して、多くの方に支えられている事を知りました。
お目に掛った事も無い方から、うれしいコメントに、随分と
励まされているのですから、有り難いことです。
 いただくコメントに感謝しているぽちです。 (._.)アリガト

投稿: みずさんへ ぽちより | 2010年10月25日 (月) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/49805526

この記事へのトラックバック一覧です: 「家族に頼らない新しい生き方」シンポジウム(前篇):

« 白川郷合掌屋根葺き替え作業 | トップページ | 「家族に頼らない新しい生き方」シンポジウム(後篇) »