« 駿府城祉濠垣地震崩壊その後、、 | トップページ | 幻想的な夜の水族館 »

パロディ笑刻家 岩崎祐司さんの世界

 日本で唯一人のパロディ木彫家、笑刻家岩崎祐司さんの作品展に行ってきました。

JR掛川駅構内にある 「これっしか処ギャラリー」で7月22日~8月9日まで開催の事を知ったのは、8月4日の朝でした。 明け方までの雨も上がって、珍しく少しばかり凌ぎやすい?朝でした。 炎天に出かけるのが恐ろしいほどの猛暑続きの中、意を決して在来線1時間ほどに揺られての迷取材活動開始です。

 岩崎祐司さんのパロディ木彫のことは噂では知っておりましたが、作品観賞は初めてでした。

笑刻家岩崎さんは、静岡県焼津市で自営業の傍ら趣味で始めた独学の仏像彫刻が、ひょんなことから独自発想の 「パロディー彫刻」 にすっぽりのめり込んで、十数年になるそうです。

楠の木塊からチェーンソーで直に荒彫りをし、ノミで成形していく木彫りは一発勝負でむづかしいけれど創り甲斐があるのだそうです。

Photo  今話題の人 坂本竜馬がスクーターを乗り回すユニークな作品は 「ローマの休日」 をもじって 「リョーマの休日」。 ハッピに鉢巻きの祭り姿のおっさんがマトイを足で上げているのが「足でまとい」。 犬の尻尾を放さないおじいさんに「放さんか! じじい!」と逃げるワンちゃんの困り切った「花咲か爺さん」の犬の表情。 「ダックスフンド」の前では思わず笑いがこみ上げてきます! 「考えルー」などルー・大柴に、吹き出してしまうほどそっくりなんです。

 三日月に裸婦が つり下がっているのが 「月とすっぽん」 ならぬ 「月とすっぽんぽん」 ですって!    (誰ですか? ニヤニヤしているのは、、) 

 「ムンクの叫び」 に至っては、空になった酒瓶を添えて 「ムンクの酒びたり」。Photo_2  等々、、ギャグ・ダジャレを織り込み、言葉遊びを木彫りで面白可笑しく表現しているのには、云い得て妙!なぜかホッとするものがあります。

 写真で見る限り生真面目そうな岩崎さん。 作品はパロディーあり、ペーソスあり、他では見られない温もりが感じられ、暗いニュース、暮らしにくい世相に打って付けの清涼感が感じられます。

ギャラリーの責任者のご承諾を得て 写真、動画の撮影をさせていただきました。  岩崎祐司さんの世界をご一緒にお楽しみ下さい。

 涼しげな風鈴の音色の中、100点ほどの クスクスっと笑いだしてしまう可笑しな可笑しな作品たちに、忘れかけていた温もりや、世渡り前向きの精神に 爽快な気分でギャラリーを後にしました。

笑刻家 岩崎祐司さんのパロディ笑刻展  あなたの街で開催されたら是非ご覧下さい。 

   笑いは何にも勝る宝ですから、、、

           風鈴に囃されパロディ彫刻展

     (ふうりんにはやされパロディちょうこくてん)

     焼酎を呑み干しムンクの酒びたり

     (しょうちゅうをのみほしムンクのさけびたり)

         

|

« 駿府城祉濠垣地震崩壊その後、、 | トップページ | 幻想的な夜の水族館 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
お暑うございます。
いや~笑えました。岩崎さんの木彫技術もさることながら
ネーミングの面白さに、思わずニヤニヤです。
「考えルー」「放さんか じじぃー」「ムンクの酒びたり」
楽しいですね。
世の中は、不況で暗い話題が多い中、こんなパロディーを
見ていると、一時でもそんなことを忘れる事が出きるかも?
それにしても、作品が多いのには驚きました。
私は木の塊からどうして、こんな素晴らしい芸術品が
出来るのか、とっても興味があります。
何と言っても木はぬくもりがありますね。
とってもやさしく作品を紹介するお声はぽちさんですね?
綺麗なお声ですね。
動画は本当に良く撮れていました。有難うございました。
今日はまだ、暑いですが、それでも風は、今までとは
ちょっと違って、秋風になってきました。残暑も、もう少しかと
思いますが、どうぞお身体にはお気をつけてお過ごし下さいね。

投稿: みず | 2010年8月15日 (日) 10時32分

ぽちさん、こんにちは
暑いですね、としかご挨拶ができませんね。
でも、ぽちさんのブログで暑さも少し和らぎました。
本当に笑えますね。
岩崎祐司さんのこと、全く知りませんでした。
こういうユーモアのある方って素晴らしいですね。
世の中のことをよく知っていないと、こういう作品は生まれてきませんよね。
大勢の人達が見てくれれば、もっと優しい住みやすい世の中になることでしょうね。
次回、私も拝見したいと思います。
それにしても、ぽちさんのブログへの熱情を強く感じました。
私もすこしでも近づきたいです。


投稿: ひろ | 2010年8月15日 (日) 13時47分

♪ みずさん
 うんざりするほどお暑うございます。
岩崎祐司さんは焼津の方だそうです。
日本に唯一の「笑刻家」がこんな近くにいらっしゃったなんて
何だか嬉しくなってしまいます。
 楠の木塊を、独学で しかも感で彫るのだそうです。
そのネーミングと云い、「なるほど!」とうなづいたり、
クスッと笑ってしまったり ほんと! 楽しく拝見してきました。
 電車の中でも思い出して、豊かな気持ちで帰路に付きました。
レポーターは老いぼれぽちですが、楽しかったこと!!!

投稿: みずさんへ ぽちより | 2010年8月15日 (日) 15時03分

♪ ひろさん
何処に身を置いても蒸されてしまいそうです。

岩崎祐司さんのパロディ彫刻は一服の清涼剤でした。
心底笑う事も無い今の世の中こそ 岩崎さんの作品には
温もりあり、笑いあり、ペーソスありで
 すっかりはまってしまいましたよ!
オコガマシクも 拙いブログの嬉しい題材となりました。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2010年8月15日 (日) 15時23分

面白かったです~!!!happy01
「笑刻家」という称号?!もステキだし、どの作品のユーモアもステキですね。
そのうえ、どのキャラクターもすごくかわいくてチャーミングです。
地元に、こんな魅力的な「笑刻家」さんがいらっしゃってくださったことにあらためて感動です。

もし、チャンスがあったら、私も生で作品を鑑賞させていtだきたいものです。

でも、レポーターぽちさんのお陰で非常に臨場感溢れる鑑賞をさせていただきました。今回も素敵な記事ありがとうございました。

投稿: ゆーこりん | 2010年8月16日 (月) 09時16分

♪ ゆーこりんさま
一週間も mottaiぶって気を持たせていたブログが 「笑刻家岩崎祐司さんの世界」 でした。 
もう可笑しくて、楽しくて動画を撮る手も震えるほど、独り笑いも周囲を気にしながら、10分間のデジカメ許容時間に何とか収める事が出来ました。(レポーターの声が老いぼれているのが戴けませんが、、、) 
 遊び心の木彫を 「独学で、感で彫る」なんて凄~いですね。
「もっと楽しくパソコンライフ」http://tpsshizuoka.eshizuoka.jp/へのリンクも有難うございます。 皆さんにも笑いをわけてあげた~い!

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2010年8月16日 (月) 10時47分

高知県のリョーマの休日ポスター騒動で人間のひどさをさらけ出してる人

自分がパロディなのに類似作品に文句つけるとか最低ですよね。
文句言ったからには当然岩崎祐司は竜馬がスクーターに乗った木彫りについて坂本竜馬の子孫やウィリアム・ワイラーさんに断りはいれてるんですよね?

投稿: | 2012年5月 6日 (日) 04時34分

♪ 5月6日コメンテーターさん
高知県のリョーマの休日ポスター騒動の事は遠い地に住む
私は知りませんでしたた。
パロディはパロディですから 作者自身が楽しみ、見る人がそれを楽しめば良いだけですのにねぇ。

投稿: 5月6日コメンテーターさんへ ぽちより | 2012年5月 6日 (日) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/49069098

この記事へのトラックバック一覧です: パロディ笑刻家 岩崎祐司さんの世界:

« 駿府城祉濠垣地震崩壊その後、、 | トップページ | 幻想的な夜の水族館 »