« 菊川市役所からの朗報! | トップページ | 菊川市のコミュニティバスで、、 »

菊川市 「南風園」のブーゲンビリア

 5月25日の当地方新聞の特集ページ ウオッチング欄に 「南国の彩り初夏満開」 のタイトルで、静岡県菊川市の観光農園のブーゲンビリアの美しい画像に目を奪われました。 約1000平方メートルの温室内に 4メートルほどに育った約50本がひしめき合って 華やかに垂れ下がる光景を見たくて、ネットを通じて問い合わせの結果が、前回ブログでご紹介した「菊川市役所からの朗報」でした。

Photo  南国ムード溢れる観光農園 「南風園」 は菊川市古谷と云う場所にあって、よそ者の私には、JR菊川駅から一体どの方向に存在する事すら皆目見当もつかないまま、独りの旅がはじまりました。

弱者の為に、菊川市が非営利の運行のコミュニティバスのお陰で、

何ヵ所かの停留所を廻り、40分ほどでPhoto_3  ようやくたどり着いた 「南風園」 の今を盛りに咲き誇る

Photo_2  ブーゲンビリアをご案内しましょう。

↓ をクリックして、リズムに乗せた動画をお楽しみ下さい。

 ブーゲンビリアは、中南米原産のつる性の低木で、オシロイバナ科に属します。 熱帯花木の代表的な情熱的な花ですから、私は当然夏の花と思っておりましたが、花図艦によれば開花期は1~5月とのこと、ここでは、観賞用に温室に地植えとなっております。

ひと目見て 花弁のように見える色付いた部分は、じつは葉が変形したもので、中央に可愛らしく咲いるのが花なのだそうです。 多くは濃いピンク色ですが、ここにはピンクの濃淡、淡いオレンジ色、クリーム色、ホワイトなど6色が、約300坪(1000平方メートル)の大温室に、4メートルほどに育ったおよそ50本がひしめき合い絡み合って、華やかにシャワーのように垂れ下がる光景は、あたかも南国を旅しているかのような錯覚さえ覚えます。

 

 宮城正達さんご夫妻が 「アロエ農園」 を多くの人に楽しんで戴きたいと17年前にブーゲンビリアを育て、今ではこれほどの規模は、県内でも珍しいほどと、笑顔で語るご夫妻が印象的でした。Photo_4

 初夏に咲く満開のブーゲンビリアも素晴らしいけれど、4月の桜が終わる頃の咲きはじめのブーゲンビリアの初々しさ、夏に向けての楽しさを目を輝かせて語って下さいました。

     濃みどりの茶畑縫ってコミュニティバス

     (こみどりのちゃばたけぬってコミュニティバス)

     かぎろへる夏日に展く茶の畑

     (かぎろえるなつびにひらくちゃのはたけ)

     ブーゲンビリアの園は何処ぞ南風

     (ブーゲンビリアのそのはいずこぞみなみかぜ)

     ブーゲンビリアの城へ夏野をひた走り

     (ブーゲンビリアのしろへなつのをひたはしり)

     初夏の旅ブーゲンビリアの咲く城へ

     (しょかのたびブーゲンビリアのさくしろへ)

     ブーゲンビリアの温室遥かに夏野かな

    (ブーゲンビリアのおんしつはるかになつのかな)

     ブーゲンビリアのシャワー旅人を喜ばす

    (ブーゲンビリアのシャワーたびちをよろこばす)

     ブーゲンビリアのひらひら透けて夏日影

     (ブーゲンビリアのひらひらすけてなつひかげ)

|

« 菊川市役所からの朗報! | トップページ | 菊川市のコミュニティバスで、、 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ブーゲンビリアだったのですね。
新聞を見て菊川市役所にアッタクして、そこまで行って、ブログ投稿してしまうぽちさんは、なんてステキな方なんでしょうか。
あの鮮やかな色と薄く優しい花びら(本当は葉の変形ですね)は貴婦人のような感じです。
まさしくぽちさんに似ているのだと思います。
淡いオレンジやクリーム色があるなんて知りませんでした。
私も大好きな花です。
母がまだ元気だった頃、母の日にブーゲンビリアを贈ったのを思いだしました。
いいものを見せていただきました。ありがとうございました。

投稿: ひろ | 2010年6月 6日 (日) 08時57分

♪ ひろさん
先週から気を持たせて m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

 車も持たない年配者のつよ~い味方 コミュニティバスの
お陰で、思いを遂げました。 
 これほど多くのブーゲンビリアを眺めるのは初めてでした。
ブーゲンビリアを熱く語るご夫妻の輝いた眼差しが印象的でした。 いただくコメントに励まされております。 (/ ^^)/アリガトネ

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2010年6月 6日 (日) 09時51分

ぽちさん
これだったんですね!菊川市役所からの朗報って!
立派な温室ですね~!あたかも、ハワイか何処か南国の島に
いるような錯覚を覚えました。
私、初めて鉢植えでないブーゲンビリアを見ましたよ。
こんなに大きくなるんですね~
しかも、ピンクしか見たことがなかったのに、
白やオレンジなどもあるんですね。
花に見えるものは、実は葉っぱが変形したものなんて~
知りませんでした。今日はお勉強までさせて頂きました。
確かに中に小さなかわ~いい花がありますね。
今度、花屋さんで見るときは気をつけてみたいです。
梅雨の前のひととき、本当に良い旅でしたね。
ありがとうございました。

投稿: みず | 2010年6月 6日 (日) 09時55分

♪ みずさん
 実は行って来るまでは、果たして辿りつけるかしら?
と、少々不安でした。 でも、分からなければ 近くを通る方に
聞けば良い、、、と、思っての行動でした。
確かにコミュニティバスがなければ実現しなかったのです。

 バスの終点から、「南風園」までは、広大な茶畑ばかりで
人っ子ひとり見かけませんでした。 心細く不安でしたよ。
ばーさんの冒険談でしたね。 でも美しかった~~!

投稿: みずさんへ ぽちより | 2010年6月 6日 (日) 14時25分

  ぽちさんへ
 南風園のブーゲンビリア実に綺麗ですね。私の通勤する道筋にブーゲンビリアを育てているお宅があり,毎年この季節,目の保養をさせて頂いておりますが規模が全然違います。
 ぽちさんの行動力にはいつも驚かされます。これからも素晴しいブログ期待しております。
 余談ですが菊川市の最高齢者は103歳になられる小学校の恩師福島重雄先生です。

投稿:  ライムライト | 2010年6月 7日 (月) 18時04分

♪ ライムライトさん
 これほどの規模のブーゲンビリアは県内でも珍しいでしょう!
と、オーナーさんも胸を張るのもうなずけます。
温室の広大さにも、ご夫妻のブーゲンビリアに寄せる
愛情と、汗の結晶なのですね。 感動的でした。
 菊川市役所観光課のご親切、何より弱者へのお助けバス
も、私にとって楽しい余生の道標のひとつでした。
いつもブログご笑覧くださりありがとうございます。

投稿: ライムライトさんへ ぽちより | 2010年6月 8日 (火) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/48534299

この記事へのトラックバック一覧です: 菊川市 「南風園」のブーゲンビリア:

« 菊川市役所からの朗報! | トップページ | 菊川市のコミュニティバスで、、 »