« 根本中堂 修学旅行の思い出 | トップページ | 「ゆめいろのえのぐ」で水彩画 »

結構いけます! 漬け物にワイン

 旅の楽しみに欠かせないものに、何と云ってもその土地で戴くお食事です。

今回の旅は京都ですから当然のことながら京料理です。

 初日のランチタイムは、「おばんざい」の 当世はやりのバイキングでした。

こじんまりと落ち着いた雰囲気の食事処、二十数種類の 「おばんざい」 が処せましと大鉢、大皿に盛られ、どれもこれも はんなりと美味しそう!

 そもそも 「おばんざい」 とは何でしょうか?,,,『京都のおばんざい』から、

旬の素材、手じかな食材を手間ひまかけずに使い切るお献立の数々。

一般家庭では、日持ちがしない料理は 食べ残しの無い分量だけを作り、足りない分は作らない 合理的な伝統の家庭料理の事なのだそうです。  つね日頃は質素の暮らし、晴れの日こそ手によりを掛けて作ったり、仕出し屋さんのお料理でお客様をもてなすと云う、、、 この方がかえって安上がりで、内々の恥を見せずに済むと云う 京都らしい先人の教えなのですね。

Photo   夕食は世界文化遺産の天竜寺近く、純和風ホテルの 「本日のお献立」 も仰々しく、  先附け、お造り、お凌ぎ、炊き合わせ、焼き物、揚げ物、留め鉢、近江米こしひかり、香の物、留め椀、デザートと云った会席料理でしたが、、、その夜は、今回の旅のメイン 「嵯峨大念仏狂言」 が六時半からとあって、大忙しの晩餐でしたが、いづれも料理長推奨の京都ならではのお料理に 舌鼓を打ちました。

  さぁ! 「結構いけます! 漬け物にワイン」 のお話です。

 翌日の旅のスケジュール、比叡山延暦寺詣での前に、事前に予約を入れておいた 

 京漬け物の 「西利本店」 (←クリックしてください)でのこと、 ここでは予約しておけば店の二階の試食フロアーで、数種類の漬物の試食ができるのです。

Imgef13a170zikbzj   ← 試食用の厚紙のお皿がオシャレです。 ルンルン気分の私たちは 思い思いの漬物をお皿にとっての試食を楽しみます。もちろんウーロン茶もいただけますが、嬉しい事に程よく冷えた辛口で すっきり軽い白ワインもサービスされ、紙コップのワインを傾けながらのポリポリ、パリパリは呑めない私も 「甘露!かんろ!」 のひと時でした。

   漬け物好きにはこたえられません。

 一階のお土産売り場も賑々しく、品選びも旅行の楽しみの一つです。 「西利さん」 からのお土産までいただいて、バスは比叡ドライブウェーへと向かったのです。

     お会席忙しく食みてお松明

     (おかいせきせわしくはみておたいまつ)

     花菜漬け粋にもてなす京の店

     (はななづけいきにもてなすきょうのみせ)

     酢茎にワイン添えて旅人を喜ばす

     (すぐきにワインそえてたびとをよろこばす)

     花菜漬ワイン傾け 「おヽ! 甘露!」

   (はななづけワインかたむけ「おヽ!かんろ!」)

     宜しなへ酢茎に辛口ワインかな

     (よろしなへすぐきにからくちワインかな)

     花菜漬はんなり春を呼び覚ます

     (はななづけはんなりはるをよびさます)

|

« 根本中堂 修学旅行の思い出 | トップページ | 「ゆめいろのえのぐ」で水彩画 »

旅と俳句」カテゴリの記事

コメント

おっしゃるとおり、試食用のお皿もとてもおしゃれですね。さすが西利さんといったかんじ。
お漬物というと「和」のイメージでしたが、ぽちさんの教えてくださったように「白ワイン」とのコラボ?!とてもイケることが分かりました。
いつもいろいろとためになることを教えていただいてありがとうございます。happy01

投稿: ゆーこりん | 2010年4月12日 (月) 08時04分

♪ ゆーこりんさま
西利さんの二階フロアで まず嬉しかったのがこの
紙トレーでした。形と云い、優しいタッチの野菜の
スケッチと色彩です。実にオシャレです。
 白ワインと漬け物の組み合わせも
感動しました。 何より漬物の味と歯触り、白ワインの
絶妙な、、、 あっ よだれが、、、! o(*^▽^*)o 

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2010年4月12日 (月) 09時41分

ぽちさん
お漬物は私も好きです。ビール好きの、みずとしては、
今までワインと一緒に食したことはありませんでした。
やってみます。
さてさて、懐石料理は綺麗で美味しそうですね。
若い時のように、沢山食べられない分、目でも楽しむ料理は
最高ですね。懐石料理でありながら、フランス料理風だったり
料理人の工夫が卓越していますね。
京都のおばんざい、ためになりました。ありがとうございました。

投稿: みず | 2010年4月12日 (月) 09時44分

♪ みずさん
 「おばんざい」 の意味は、京都のはんなりとした家庭の
お惣菜のことだけと思っておりました。

 普段は手間暇かけず、質素に暮らし、晴れの日は、手によりを掛けて作ったり、仕出し屋さんのお取り寄せでお客様をもてなして、内の恥を見せないなんて、その根底にある気質は
凄いなあ! と思います。

 独り居の dog としては、ボケ防止に今日は
たけのこの 「おばんざい」 を作って過ごしたいと思います。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2010年4月12日 (月) 10時33分

ぽちさん
昨日は初夏を思わせるような日だったのに、今日はまた寒さを感じる雨降りです。
こんな雨の日は手間暇かけてお料理でもすればいいのですが、手間暇をかけない料理が得意な私は読書三昧です。
「おばんざい」の意味を教えていただいてよかったと思いきや晴れの日には頑張らないといけないわけですよね。
美味しい漬物があればそれだけでご飯が美味しくいただけまね。ワインをちょこっと飲めば更に美味ですか。
いつか実践してみます。
目まぐるしく天気が変わりますね。
ぽちさん、お体をお大事にしてくださいね。

投稿: ひろ | 2010年4月12日 (月) 13時15分

♪ ひろさん
 漬物に白ワインが美味しいとは、「西利さん」で
初体験でした。
 猫の目のようにめまぐるしく変わる最近の
天候には困りますね。 年寄りにはこたえますよ。
 今日は午後外出しましたら、結構風が強く
雨も降るし寒いし、厭な一日でした。
 夕食はタケノコなどいれて、あったかい「煮込みうどん」でも、、、
   どうぞご自愛ください。

 

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2010年4月12日 (月) 17時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/48045043

この記事へのトラックバック一覧です: 結構いけます! 漬け物にワイン:

« 根本中堂 修学旅行の思い出 | トップページ | 「ゆめいろのえのぐ」で水彩画 »