« 化野念仏寺 | トップページ | 結構いけます! 漬け物にワイン »

根本中堂 修学旅行の思い出

 激しい夜来の雨も朝にはすっかり上がり、昨夕の 「化野念仏寺」の侘しさや、神秘的な 「嵯峨野大念仏お松明」の壮観 興奮覚めやらぬ二日目の旅の始まりです。

 浅い春の光が射し始める午前中に バスは比叡ドライヴウェイをひた走り、比叡山延暦寺へと向かいました。

 Photo  標高840m山頂、僅かに残雪も見られましたが、西に京の都、東に琵琶湖を望む幽玄の境地にある比叡山延暦寺は、遠目にも芽吹き始めた樹木が霞んで見える事から、確かに春を迎えようとしております。

 Photo_3

 延暦寺は、今回の盛り沢山の旅のスケジュールのひとつですが、諸堂めぐり は叶わず、東堂のご本尊秘仏薬師如来さまがお在す 国宝 根本中堂一時間余りの参詣でした。

 【比叡山の教え】  (比叡山延暦寺パンフより)

 《千二百年前、伝教大師 最澄は、日本の国の安泰と 国民の幸せを祈って、日本人に合った仏教を比叡山に開きました。  その教えの根本をなすものは、「個々が思いやりの心を持って、一隅を照らす人になる」 一人ひとりが相手の気持ちに立って考え、自分の出来る事を精一杯行う事が、周囲に良い影響を与え、世間が良くなって行くことにつながる と云う事です。 後世このような教えに基づいて、様々な高僧が集い、特に鎌倉時代には 法然、栄西、親鸞、道元、日蓮など と云った祖師の方々が比叡山で修行されました。》

 今なお 修行道場として厳粛な雰囲気が満ちております。

僧兵の拠点として有名ですが、戦国時代には織田信長によって焼き討ちにもあいました。

 まだ寒さが残る季節でしたが、枝から枝へ飛び交う野鳥たちの楽園とあって、さえずりが何とも穏やかな雰囲気をかもしてくれます。

Photo_4   根本中堂の石塔の前に佇めば、遠い昔  修学旅行でこの石塔の前での記念写真が思い出されます。 

修学旅行は終戦五年目の秋のこと、当時食糧難の最中、一人ひとりが配給制度の尊い五合ほどのお米を、古い手ぬぐいや晒しで縫った布袋に入れて、旅館へ持ち込んでの宿泊でした。 現代っ子には、想像すらできませんね。

 あれから六十年 無事に生き永らえた元気な喜寿を祝して、おもいっきり力を振り絞って、梵鐘を一打いたしました。

     遠き日の叡山詣でや鳥雲に

     (とおきひのえいざんもうでやとりくもに)

     僧兵の駆けし比叡の余寒かな

     (そうへいのかけしひえいのよかんかな)

     笑い初めの叡山詣でやゆくりなし

     (わらいはじめのえいざんもうでやゆくりなし)

     静けさを囀り合ふて枝渡り

     (しずけさをさえずりあってえだわたり)

     叡山のあな尊しや鐘おぼろ

     (えいざんのあなとうとしやかねおぼろ)

     鐘ひとつ撞いて祝ふや喜寿の春

     (かねひとつついていわうやきじゅのはる)

 

|

« 化野念仏寺 | トップページ | 結構いけます! 漬け物にワイン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
春になりましたね。
春と言えばやっぱり桜です。
3月の中旬に開花した桜もこの所の寒の戻りのためか、今まさに満開ですね。
桜の花が大好きな私は昨日、山梨県まで行って樹齢2000年の神代桜や鰐塚の一本桜や身延沿線の桜をたくさん見せてもらって幸せな一日でした。
今回のぽちさんのブログはまたまたよかったです。
小鳥のさえずりは微笑ましく、ゴーンゴーンと鳴る延暦寺の鐘の音は迫力があり、心が洗われるようでした。
音まで楽しませていただけるブログ、大好きです。(o^-^o)

投稿: ひろ | 2010年4月 4日 (日) 10時36分

♪ ひろさん
昨日はまさにお花見日和でした。
山梨県武川村の「実相寺」の2千年の巨木 「神代桜」のお花見
に行かれたとのこと、良かったですね。

 日本武尊が植えたと伝えられる 「神代桜」 の前に佇むと
涙するほど感動しますね。 瘤や洞が、コンクリートの支柱に
支えられて、四方八方に 枝をゆさゆささせて、見事ですね。
 25年前に初めて見たときの感動がよみがえってきました。

 枝から枝に移りながらの囀りを動画に収めようと
デジカメを構えた時には、野鳥の姿はすでに無く、
残念でした。  コメントありがとうございます。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2010年4月 4日 (日) 14時47分

ぽちさん
小鳥の姿はなくても、さえずりがとても良くとれていて
ステキな動画でした。心が、うきうきします。
鐘のゴーン、ゴーンとなる音は、打っている方々の
想いのたけが感じられますね。この音は素晴らしい!
修学旅行にお米をもっていかれたとのこと、時代ですね。
母から、何処かに泊めていただく時には、お米を持参したと
いう話は聞いたことがあります。私も心して、食べ物を
大事にしなければと、つくづく思いました。
さてさて、桜満開の今日この頃、私は自宅から歩いて、
40分位の清水区の船越堤へ、行ってきました。
ちょっと、肌寒かったけれど富士山と、桜のコントラストを
カメラに納めようと、カメラマンの多かったこと!
私もデジカメで撮ったけれど、あまり、精度の良いカメラでは
ないので、出来ばえは、いまいちでした。
それと、わんちゃんを連れている人がホントに多いですね。
私も以前、シーズー犬を飼っていたので、桜も綺麗ですが
犬を見るのもホントにかわいくて好きです。ちなみに
我が家の犬はタローと、いいました。もう、亡くなって
10年以上も経つのに、抱いた時の暖かさと、臭いを
まだ、覚えているんですよ。( ^ω^ )
ぽちさんも、ハンドルネームからして、犬好きの方では?
ではでは、また。犬には目のないみずでした。

投稿: みず | 2010年4月 4日 (日) 20時29分

今回の記事も大変興味深く拝見いたしました。
ぽちさんレポーターさんみたいです~!!!
すばらしい。

今回面白いことがありました。
鐘の音の動画を再生したら わがやのやんちゃ姫が
輪おおおおおおおおおおおおおおおおん
急に吠えて 私の足元にちっちゃくなって隠れちゃいました。

あんまりいたずらしたら聞かせちゃおうかな。happy01

投稿: ゆーこりん | 2010年4月 4日 (日) 21時21分

♪ みずさん
 お米を持参しての修学旅行のことを思い出したのが
比叡山延暦寺だったと云う事は、やはり霊験あらたか
だったのではないでしょうか。

 野鳥のさえずりと、鐘の音も比叡山ならではの
感慨深いものがありました。

 ところで私も三日の土曜日に日本平の桜を
愛でてまいりました。 近頃のめまぐるしい天候の
変化の中、まさにお花見日和に恵まれました。
当日は日本国中お花見で賑わったようですね。

 ハンドルネームは60年前につけられた「あだ名」です。
以来 私の本名を知らない方からも「dogぽちさん」と呼ばれ続けています。o(*^▽^*)o コメント有難うございました。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2010年4月 5日 (月) 09時23分

♪ ゆーこりんさま
 前日の「嵯峨狂言」と「お松明」の動画を撮っている時の
雨粒が、レンズに掛ったためでしょうか? 
今回の動画 うすらボケ気味です。 反省です。(;´д`)トホホ…

 ところでワンちゃんは音には非常に敏感です。
以前飼っていた 我が家のdogも、消防車、救急車が通る度に 「ウォ~~~ン ウォ~~~ン」 と遠吠えをしましたよ。

ゆーこりんさんちの姫君さまも、聞きなれない大きな鐘の音には
さぞビックリだったでしょうね!
   ご訪問ありがとうございました。

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2010年4月 5日 (月) 09時43分

 ぽちさん
 比叡山の旅行記,小鳥の囀りや鐘の音も楽しめ見事な旅行記でした。お米持参の修学旅行,思い出もひとしおと思います。私は小学校も高校も修学旅行は無し。戦時中、戦後間もなくの時代では仕方が無かった事でした。                     この土日は素晴しいお花見日和。特に土曜日は春うららの最高な日でした。私も桜並木を走り満開の桜を愛で忘れえぬ一日を過しました!                              次回も楽しみしています。

投稿: ライムライト | 2010年4月 5日 (月) 16時45分

♪ ライムライトさま
今年の桜は開花も早く、開花以後の低温で結構
日持ちも良いようです。
4月3・4日(土・日)は全国的に絶好のお花見日和でした。

 桜並木のトンネルを抜けるドライヴは素晴らしかったでしょう!
六十五年間平和な日本 桜を満喫できる幸せを
、ありがたく思います。 
   コメントありがとうございます。

投稿: ライムライトさんへ ぽちより | 2010年4月 5日 (月) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/47977077

この記事へのトラックバック一覧です: 根本中堂 修学旅行の思い出:

« 化野念仏寺 | トップページ | 結構いけます! 漬け物にワイン »