« 旅はじめ 美味礼讃 | トップページ | 犯人は? »

川崎大師 初詣

 つい先日ジングルベルで賑わった街角に、一夜明ければ年末年始の飾りに早変わり、百八つの除夜の鐘を聞き煩悩を除去し、気持ち新たにうやうやしく、神社仏閣に初詣。

 あっという間に節分を迎え、そうこうしているうちに間もなく 聖バレンタインを祝い?チョコレートを買いあさり、、、 と、云った具合に日本人は信仰もお祭りも 身の交わし方が実に器用で、活き活きと生活に溶け込んでおります。

 こう云う私も 中高校時代は、カトリックの教えを熱心?に学び、教会にも通いましたが、生家も婚家もれっきとした仏教なのです。

 1月20・21日は初大師縁日、大寒の入りにもかかわらず、この冬初めてのビックリするほどの春のような陽気もあって、川崎大師は善男善女で大変な賑わいでした。

 1813年(文化10年)徳川幕府11代将軍 家斉が厄除けに訪れた年から 厄除け大師として広まったそうで、毎年の初詣の参拝客は全国三指に数えられるほど大変賑わうのです。

Photo   境内のお大師さまのことば (一月)

 一仏の名号を称して 無量の重罪を消し 一字の真言を讃して 無辺の功徳を獲  (いちぶつの みょうごうをしょうして むりょうのじゅうざいをけし いちじのしんごんをさんして むへんのくどくをう)

仏さまの名号 「南無阿弥陀仏」 の六字のほか、菩薩の名を唱えることで、あらゆる罪を消し、真言を唱えることで、広大な功徳を得ることができると云うことだそうです。

 ちなみに、二月のお大師さまの言葉

 教法は本より差うことなし

(きょうほうは もとより たがうことなし)

牛と蛇との飲水の如し 

(うしとへびとの おんずのごとし)

牛は飲めば蘇乳となり

(うしは のめばそにゅうとなり)

蛇は飲めば毒刺となる

(へびは のめばどくしとなる)

 仏の教えは もともと一つで変わるものでは無いが、条件によって飲み水のように状態が異なって見える事から、牛が飲めば乳となり、蛇が飲めば毒に変わる。 つまり、同じものを見ても、その時の状況環境によって 受け取り方が変わる。 お大師さまと共に歩めば、辛い道のりを安心して歩むことができる。

 との教えなのだそうです。

 こんな有り難いお言葉を知ってか知らぬか、門前通りは名物の とんとん「飴切り」の威勢のいいリズムに 囃されながら善男善女の人の波の多さに驚かされます。

     門前通りいずれも元祖初参り

    飴切りのリズムに囃され初大師

|

« 旅はじめ 美味礼讃 | トップページ | 犯人は? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさんの解説のお陰で、仏様のお話の意味が分かりました。ありがとうございました。happy01

飴切りの音、そのリズムがまるでなにかを演奏しているようですね。それにのって、皆さん歩いていらっしゃるみたいでした。

縁起物のだるまさんやまねきねこをたっぷりみせていただいて、こちらにも福がたくさんやってきそうでした!

投稿: ゆーこりん | 2010年2月 7日 (日) 19時28分

ぽちさん
凄い!飴切りの音の威勢のいいこと!!
臨場感たっぷりの映像でした。川崎大師は行ったことないですが
浅草も、こんな感じで活気がありますね。
ワー!私も行ってみたくなりました。
今年は、まだどこの神社仏閣にも行っていない、みずです。
ぽちさんのお陰で、動画を見て行った気分に
なっています。(o^-^o) ありがとうございました。
立春を過ぎましたが、春は名のみ、まだまだ寒いです。
どうぞ、お元気で。


投稿: みず | 2010年2月 7日 (日) 19時57分

♪ ゆーこりんさま
観光バス大駐車場から川崎大師まで
家並みを曲がり曲がり歩く事10分
門前通りに差し掛かると、向かい合わせの
「たん切り飴」のトントン、とんとんと凄まじい
包丁さばきの音に、浮足立ってしまいます。

 縁起物を売る店も賑わいって、新年らしい
雰囲気でしたよ。
 
 お大師様のことばを、こんな時代だからこそ
ゆっくり味わってみることも良いかもしれませんね。
 

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2010年2月 7日 (日) 21時12分

♪ みずさま
毎年の初詣の人出、全国で三つの指にあげられるほど
川崎大師は有名ですが、実は私は初めてのお参りでした。
 以前TVで「飴切り」の様子は見た事がありましたが、
このケタタマシサには、驚きました。

 この日は、異常な暖かさで、一層の人出のようでした。
立春を迎えましたが、この寒さは骨身に凍みます。
どうぞご自愛きださいね。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2010年2月 7日 (日) 21時22分

ぽちさん
ずっと以前、私も行ったことがあるんですよ、川崎大師へ。
記憶に残っているのはやっぱり「飴きり」です。
あのリズム感とスピードはすごいですよね。
私も幸を願って「神様」「仏様」「イエス様」とついついお参りしてしまいます。
ご心配かけました体調不良もおかげ様で少しずつよくなっています。
暖かくなりましたらどこかの神社仏閣へお礼参りに行こうと思います。
春はすぐそこまで来ていますね。

投稿: ひろ | 2010年2月 8日 (月) 07時27分

♪ ひろさま
 ひろさんの体調が 快方に向かっていらっしゃる
こと、何よりですね。 よかった! 
同じような原因の病気と聞いて dogも 一昨年
早春に帯状疱疹を患った時の事が思いだされます。
 今は、良薬もあるし、必ず快癒しますので 焦らず
春を待ちましょう。

 川崎大師の「飴切り」のリズムで、dog も元気を
戴いているのかもしれません。

 梅便りも聞かれますし、辛夷の筆のようなつぼみも
青空に輝いてみえます。  お大事に!

投稿: ひろさんへ ぱちより | 2010年2月 8日 (月) 09時55分

  ぽち様
 桜の季節から真冬に逆戻り,今にも雪が降り出しそうな冷たい
日となりました。旧暦では14日が元旦この寒さも当然なのかも知れませんね。かわs
 川崎大師への初詣,今年も良い年となりますよ。ご自愛下さい。

投稿: ライムライト | 2010年2月11日 (木) 14時50分

♪ ライムライトさま
春雨にしては冷たい雨の一日でした。
まだまだ、あと一ヶ月は、三寒四温、
行きつ戻りつする事でしょう。

 神式に仏式にと、初詣も多彩です。
欲は申しません。 兎に角健康であれば、、、
 お元気でお過ごしください。

投稿: ライムライトさんへ ぽちより | 2010年2月11日 (木) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/47491854

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎大師 初詣:

« 旅はじめ 美味礼讃 | トップページ | 犯人は? »