« 北野天満宮参詣と梅苑散策 | トップページ | チョットだけ 海上散歩! »

しばらく見納めの「姫路城」

 しばらく見納めの姫路城を堪能しましょう! と、北野天満宮拝観の翌日は、一路 姫路屈指の観光名所へと旅は続きます。

 1993年(平成5年)日本初の世界遺産に登録された姫路城は、平成の大修理で4月11日よりその雄姿が、むこう5年間はお目にかかれないとあって、 「私たちにはこれが最後かもしえないから、、、」 などといぶかしげに呟きながらの参加でした。

Photo  白漆喰で塗り固められた姿は、まるで白鷺が飛んでいるかのように見えることから 「白鷺城」 と呼ばれております。 日本の城郭の呼び方は、音読みすると云う事ですから、本来は 「はくろじょう」 と呼ぶのだそうです。

姫路城が 「鷺山」 にあること、白漆喰で塗られた城壁の美しさからとか、その周囲に白鷺が多く棲息していたためにとか、「白鷺城」の名前の由来は様々のようですが、黒い壁の岡山城を 「烏城」 と呼ばれているのに対比してなどとも云われます。

 1964年(昭和39年)に、昭和の大修理が完了して、50年は保つと云われていたようですが、45年が経過した頃には 漆喰や木材の劣化が進んだため、白漆喰の塗り替えや、瓦の葺き替え、耐震補強などの補修工事は2014年度(平成26年) に竣工予定、約28億円の見積もりでいよいよこの4月に着工です。

 大手門から入場ゲートまで10分、スリッパに履き替えて天守閣最上階までは狭い急勾配の階段を、観光客用に取り付けられた手すりに助けられながら 最上階の第5層までよじ登って、下ってくるまで1時間以上はかかります。

 当時の天守閣構造をそのまま残しているために、エレベーターなど有る筈はなく、すべて自力での登城です。

 重厚な装束を身につけ、手すりも無い急勾配の階段を 所作も身軽に上り下りする兵。  堅牢な天守閣でも隙間風は容赦なく差し込むし、、、 

 昔の人はやっぱり凄いですねぇ!

 菱門をくぐり さて?直進すべきか、右に進もうか?ためらいつつ 迷路のような通路が広く狭く、天守へは真っ直ぐに進めないように、攻略を惑わせる仕組みになっていることに戸惑わされます。

Photo_2  何より興味深いものに、「いろは、、、」の名前の門の仕掛けです。 たとえば、登城口の 「菱門」 からは、真っ直ぐに 「い」 「ろ」 「は」 の順に進めば天守への順路と思われますが、守り手側に背を向けなければ進めないし、幾つかの天守群の周りを一周しなければ 「本天守」 へは辿りつかないような仕組みとなっているのが分かりました。

Photo_3  登城口の 「菱門」から直進しないで、すぐ右手に進み 石垣に隠されたような 「る」 の門から進めば 天守への近道と云う事もわかりました。 「る」 の門は、非常の場合は土砂で埋めてしまうと云う程の 「穴門(埋め門)」 なのです。

 姫路城ゆかりの播州皿屋敷で知られる お菊さん怨念の 「お菊井戸」と呼ばPhoto_4 れる古井戸は、この姫路城の上山里(かみやまさと)と呼ばれる広場にあり、怖いもの見たさに覗いてみましたが、枯井戸の底には、観光客が供えたお賽銭が何枚も光っておりました。

 幕末に新政府軍に包囲されたり、第二次世界大戦で焼夷弾が天守に直撃されているにもかかわらず、大規模な戦火に晒されたことも無く、阪神淡路大地震にもびくともせず、秀吉出世の拠点のまさに 「出世城」は、今もなお世界に誇る名城なのですね。

 「平成の大修理竣工の五年後に また来ましょうね!」 と誰からともなく、溜息混じりの声もありました。

  五年後の私たち七十路の無病息災を念じて、、、、。

     白鷺城の見納めとかや春の旅

     数百年経し城郭の薄霞

     冴え返る「いろは」の門の奇々怪々

     春光や戦火も知らぬ出世城

     春の雨はらりはらりとお菊井戸

     春光に賽銭光る井戸の底

 

|

« 北野天満宮参詣と梅苑散策 | トップページ | チョットだけ 海上散歩! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
姫路城の改修のことは、知りませんでした。
私も7~8年前に訪れました。姫路城を見るまでは
正直、お城ってどれを見ても、あまり違いがないし、
感動しなかったのですが、姫路城は違いました。
世界遺産という事もあって、行く前から、インターネットで
いろんなことを下調べして行きました。お城を支える
あの太い梁、まさに白鷺のような姿、その大きさに感動して
涙さえ、出てきました。昭和の大改修の事はテレビで見ました。
あの時も、凄かったですね。その道の専門家、職人衆が
資材の調達から、図面を見ながら、様々な意見を出しあって
改修が行われたんですね。これから、5年見られなくなると
聞いて、私は良い時に見たなぁと、つくづく思いました。
去年は松本城に行きましたが、どのお城に行っても、
驚かされることは、階段が急で床は板張り、暖を取ろうにも
あの広さ、食事などはどのようにしていたのかと、
昔の人たちの生活の厳しさばかりが、思いやられました。
ぽちさん、5年後の改修後には、また、白鷺城へ行きましょう!
ではでは、みずでした。

投稿: みず | 2010年2月28日 (日) 16時15分

5年間もお目にかかれないのですか?!
すごい大改修工事ですね。
見せていただいておいてよかったです。
美しい城ですね。改めて思いました。
名前の由来は永遠の謎ですね。happy01

投稿: ゆーこりん | 2010年2月28日 (日) 22時33分

♪ みずさん
昭和9年に豪雨で崩れた石垣の修理からはじまって、昭和31年までの昭和の大修理、戦争を挟んでの解体・修復工事は、当時の国情を振り返ってみると 物凄い事をやったのですね!

 当時のことは、不勉強で覚えている事はありませんでしたが、
今回 「私にはこれが本当の見納めかも知れない」 と思っての
見学でした。 見学するほどに、素晴らしいお城です。
  思わずシャッターを切った全景です。
 
 敵をまどわせ、袋小路で挟み撃ちをする工夫が、なんとも
面白く、「いろは、、」の門は興味深いものがありました。

 5年後 dog は もう一度行ってみたいものです。

投稿: みずさんへ  ぽちより | 2010年3月 1日 (月) 09時52分

♪ ゆーこりんさま
素晴らしい雄姿「白鷺城」の全景を、目にしっかりと
焼きつけてまいりました。
 登城するには、足腰強健が必須ですね。
とくに五層までの狭く急な木造の階段ですから、、、

 本来、電気も暖房も、無っかたのですから、
それを思へば、今の暮らしの何と贅沢な事!
 先人に敬意と感謝をこめて、、、dog

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2010年3月 1日 (月) 10時11分

ぽちさん
姫路城へいらしたんですね。
美しいあのお城へ是非行ってみたいと思っているのですが、なかなかチャンスがありません。
動画で私も行ったような気持になりました。
ぽちさんは旅行ができるお友達がいらっしゃっていいですね。
「老いを知らない」のはパソコンだけではなく、人と人とのつながりもそうですね。
このブログからはいつも教えていただくことがたくさんあって、感謝しています。

投稿: ひろ | 2010年3月 1日 (月) 14時33分

  ぽち様  
 北の天満宮,そして姫路城と素晴しい旅が出来ましたね。私が姫路城を訪れたのは昭和41年頃,細かい記憶は薄れてしまいましたがお城の美しさは目に焼きついています。熊本城,名古屋城,松本城等,幾つかのお城を見学しましたが,姫路城は「白鷺城」と言われる様に美しさは格別ですね。・・・確か松本城も「烏城」と言われていたような気がします。・・・ぽち様の元気ならば5年後も大丈夫ですよ!
 水温む弥生3月,待望の春の訪れ,春を満喫したいと思います。
 季節の変わり目,ご自愛下さい。

投稿:  ライムライト | 2010年3月 1日 (月) 17時16分

♪ ひろさん
私のような独り暮らしには、健康で旅を
楽しめることは本当に有り難いのです。
 まして、旅のお仲間は1年後輩のグループで、
毎回快くお誘いを戴いて本当に有り難いです。

 おっしゃるとおり、人との絆やおしゃべりも
歳を重ねるほどに大切な事と思いますね。

 拙いブログをご覧くださりコメントをお寄せいただき
いつも励まされている dog です。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2010年3月 1日 (月) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/47676224

この記事へのトラックバック一覧です: しばらく見納めの「姫路城」:

« 北野天満宮参詣と梅苑散策 | トップページ | チョットだけ 海上散歩! »