« 川崎大師 初詣 | トップページ | 北野天満宮参詣と梅苑散策 »

犯人は?

  秋から冬にかけて、燃えるように真っ赤な実を付けたピラカンサスをよく見かけます。

1  ピラカンサスはバラ科の常緑低木で、ギリシャ語で「ピラ」は火、「 カンサス」は トゲ と云う意味だそうです。

 花言葉は「慈愛」 なんと博愛に満ちた優しい植物なんですね。 でも~?

小鳥に食べられないように 毒のあるトゲで自らを守っているなんて、どうして「慈愛」なのでしょうか?  おかしいですね。

 真っ赤な実をびっしり付けることで、小鳥に好まれそうですが、トゲに毒があるために小鳥に食べられることが少ないと云う事で、庭木によく植えられているのだそうです。 お粗末ながら我が家にもありました。

そうなんです。 トゲに刺されると化膿するとさえ云われているのです。 以前私は春先 ニョキッと伸びた枝を選定している時、トゲに引っ掛け 痛い思いを幾度か経験した事がありました。

Photo   ところがです!  確か昨日まで目にも鮮やかに 真っ赤な実を付けていたピラカンサスが、一夜のうちに見るも寂しげに一粒残らず消え失せているではありませんか!

     犯人は誰だ!

 そう云えば、、、前の日の夕暮れ時、最近市街地にもよく見かけますが、 我が家のこの辺りには珍しく、ムクドリの集団が電線に集結しているのに気が付きました。

 群れは小一時間ほど、ねぐら探しに躍起となっているようでした。

今思えば、「この真下のあの木には 明日の朝餉の美味しい実があるから、今夜はこの辺りをねぐらにしましょうよ!」 と相談し合っていたのでしょうか?

 一粒残さず平らげたその日から、ムクドリの群れの姿は見られませんから、犯人かもしれません。

 毒のあるトゲに保護されているはずのピラカンサスの実は 小鳥にとってはやっぱり魅力あるご馳走なのですね。 

Photo_2  すぐ近くに 毒もトゲも無い 「もちの木」にも真っ赤な実がびっしり付いているのに、これには目もくれず 人通りもまだ無い寒い暁方のうちに、ムクドリの集団にピラカンサスは一気についばまれて、見るも寂しい朝を迎えたと云う事です。

 やがて この「もちの木」の実も ヒヨドリやムクドリのご馳走になるようです。

     ムクドリや電線に群れ夕茜

     ピラカンサ一朝に失せ椋鳥(むく)の群れ

     犯人は椋鳥(むく)の群れかもピラカンサ

|

« 川崎大師 初詣 | トップページ | 北野天満宮参詣と梅苑散策 »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
犯人はムクドリだったのですね。
一夜の内に平らげてしまうなんてすごいですよね。
私はどうも鳥は苦手です。
群れを成しているのを見ると脅威を感じます。
でも鳥の落としたフンから新しい芽が出てきたりしますよね。
やっぱり自然界は上手に廻っているのですね。
日脚が大分述伸びてきましたがまだ寒さは厳しいですね。
早く春がこないかなあと待っているひろです。

投稿: ひろ | 2010年2月14日 (日) 14時09分

ぽちさん
鳥はとても頭のいい動物だと思います。
カラスなんかは、甘い柿の実を綺麗に、たいらげてしまいますし
ごみ置き場もあさってしまいますよね。車の上には糞をされるし
鳥公害は、言えばきりがありません。
でも、かわいい者もありますね。いつもの散歩コースでは、
鴨が川に何羽もいて、人によってはパンくずなどを
やっている人を、見かけます。川に浮かんでいる姿は
とても、優雅で美しいです。
一夜にして、ピラカンサスが消え失せた!(・_・)エッ....?
ムクドリは大したことをやらかしましたね~ ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
今日は、ここ2~3日のぐずついたお天気から、開放され
散歩も気持ち良かったです。鴨達も優雅に川に浮かんでいて
のどかでした。寒さも、もう一息だと思いますので、
どうぞ、ご自愛下さいね。

投稿: みず | 2010年2月14日 (日) 14時38分

あら~見事に一晩で・・・。
ムクドリちゃんたち さぞおいしかったことでしょう。
みんなでわいわいついばんでいるところも見てみたいものですね!

投稿: ゆーこりん | 2010年2月14日 (日) 16時05分

   ぽち様
 やられましたね!でも鳥達は大喜びだったと思いますよ。我が家のモチの木の実は,番いのヒヨ鳥が毎朝やって来て瞬く間にたいらげてしまいます。お正月迄は赤い実を残すために,実が色づく頃からモチの木に網を被せますが。これが大仕事です。大晦日に取り外づしますが,ヒヨ達は待ってましたとばかりに元日の朝からやって来ます。これも自然界の営みなので仕方が無いですね。唯不思議なことに,ご近所のモチの実は安泰なのです。鳥にも好き嫌いがあるのかなと思っています?今は白梅にメジロやヤマガラがやって来て楽しませてくれます。まだまだ寒い日が続きますが春は其処まで来ています。
 ご自愛下さい。

投稿:   ライムライト | 2010年2月15日 (月) 16時27分

♪ ひろさん
茜色の夕暮時、この辺りには珍しく椋鳥が
電線で騒がしく騒いでいるのを 偶然みました。
 動画初心者としては、ラッキーチャンスとばかりに
収めたその翌朝、ピラカンサスの実が一粒残さず
消え失せている状況をみて、本当におどろきましたよ!
 前日のムクドリたちの会話が理解できました。

 自然界の営みを観察すると結構おもしろいですね。
  梅の香りが漂う季節となりました。

「もうすぐ春ですよ~♪」 ちょっと歌ってみませんか?dog

投稿: ひろ」さんへ ぽちより | 2010年2月16日 (火) 11時31分

♪ みずさん
みずさんの散歩コースに 鴨が見られるなんて
うらやましいですねぇ  
 私の住む周辺には、川の流れも、鴨の泳ぐ水辺もありません。  たまに駿府公園のお堀で見かける程度です。
あの一夕だけの、ムクドリたちの騒ぎにパワーをもらったような気がしました。  dog
 今日もちょっと冷たい春雨です。 どうぞご自愛ください。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2010年2月16日 (火) 11時49分

♪ ゆーこりんさま
そうなんですよ~!  
トゲを避けて、ムクドリたちのついばむ姿を一度じっくり観察したいものですね。
 ご近所の皆さんも誰一人 見た人は無いのです。
 きっと人気の無い早朝 夢中になって平らげるのでしょう。
それっきり 姿も見せないなんてケシカラン o(`ω´*)o

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2010年2月16日 (火) 12時05分

♪ ライムライトさま
ピラカンサスの次は、氏神様の境内の 「くろもちの木」の実
が食べられました。 つぎは、写真の 「あかもちの木」が
狙われています。 「くろもちの実」 のほうが先に熟して
食べごろのようです。
 が、これが自然界の摂理で、運ばれる種が新しい芽生えとなることを思えば、かわいらしい光景ですね。 dog

投稿: ライムライトさんへ ぽちより | 2010年2月16日 (火) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/47547527

この記事へのトラックバック一覧です: 犯人は?:

« 川崎大師 初詣 | トップページ | 北野天満宮参詣と梅苑散策 »