« 犯人は? | トップページ | しばらく見納めの「姫路城」 »

北野天満宮参詣と梅苑散策

Photo_4  二月十四日 学問の神様として親しまれている菅原道真公をお祀りしている  「梅鉢の紋どころ」 京都の北野天満宮にお参りしました。

Photo_6  梅の名所として名高い天神様の堂々とした楼門をくぐったすぐ右側には「赤い目の牛」をはじめ、大小いろんなご利益の牛の像が、天神様のお使いとして いたる所に鎮座しております。

     紅梅の紅より赤き臥牛の目

        (こうばいのべによりあかきがぎゅうのめ)

     白梅の影を映して臥牛像

    (はくばいのかげをうつしてがぎゅうぞう)

     神の座も梅咲き初めて賑わしき

     (かみのざもうめさきそめてにぎわしき)

Photo_7  楼門をくぐり 参道をさらに進むと、見事な彫刻が数多く施された重要文化財の「三光門(中門)」が迎えてくれます。

   白梅の殊にあざやか三光門

        (はくばいのことにあざやかさんこうもん)

Photo_8

 拝殿の紅白の帯を下げた大きな鈴を鳴らしての受験祈願・老若男女の参拝客の長い列が、やはりこの季節の風物詩でしょうか。

      受験子も神にすがりて鈴鳴らす

 拝殿の正面に向かって左側に「桜」、右側に「松」が植えられておりますが、紫宸殿の「右近の橘」「左近の桜」のような意味合いはわかりません。

 Photo_10  「東風吹かば匂いおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな」

 御歌を偲ぶにふさわしく、まだ二分から三分咲きの神苑いっぱいに梅の香りがただよっております。

この時期に参詣できた幸運をしみじみと思います。

     白梅を満面に観る旅人かな

    (はくばいをまんめんにみるたびとかな)

楼門の西側には、約二万坪に五十種類二千本の紅白の梅が、ちらほら咲きはじめた苑内 Photo_12 を、馥郁とした梅の香りまではお届けできませんが、ご一緒に散策をお楽しみください。

 天満宮の西側には、秀吉が築いたと云われる 「御土居」の一部が残っております。

 Photo_13 秀吉は都の守りを固めるために、京都の市街地を囲む土居を築きました。 堤には竹を植え、外側には堀や川を配置しております。 北野のこの辺りは、鷹峰から紙屋川に沿って堤が作られ、今もその一部がみられます。

ほのかに梅の香り漂うこの時季は待ち焦がれた春をさきがけた散策を楽しむことができますが、錦絵のような秋の景色もすばらしいことでしょう。 実に閑静で、整然と整備され、太鼓の形の「鶯橋」の欄干の朱色が、目にも鮮やかでにせせらぎの音が、春近しとなごみます。

     梅香る御土居の朱き欄干に

     (うめかおるおどいのあかきおばしまに)

     せせらぎに日の影躍り春動く

     (せせらぎにひのかげをどりはるうごく)      

|

« 犯人は? | トップページ | しばらく見納めの「姫路城」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
早春の梅便り、楽しく拝見させて頂きました。
いろんな所からの、春の花便りを聞きますが、
梅は楚々としていて、好きです。
まだちょっと、寒いけれど確実に春の訪れを感じる花ですね。
それにしても、いつもぽちさんの俳句には驚かされます。
どうすれば、こんなにいい句が詠めるのでしょう!
きっと、心の目で風景をみていらっしゃるのね。
「光の春」とはよく言ったもので、この頃は夕方まで本当に
明るくなりましたね。今週は暖かくなるそうですので、
キャンディーズの歌ではありませんが、
“もうすぐ、は~るですね~。”
私もいつもの散歩コースの足をちょっと伸ばして、梅見に
行きたくなりました。春を楽しもうっと!ではまた、みずでした。

投稿: みず | 2010年2月21日 (日) 15時39分

ぽちさん
北野天満宮とその境内に咲く梅は見ごたえがありますよね。
実は我が家では毎年2月末に京都旅行に行っています。
仕事の都合と旅行費が安いということでいつもこの時期です。
2月の寒い京都でも梅の花は咲き始めているのですよね。
3年連続で北野天満宮に行きました。
一昨年は雪が降った朝でした。
雪と梅の花もステキでしたよ。
体調がほぼよくなった私は今週末に出かけます。
もちろん北野天満宮も行きます。
何度訪れてもいい所ですものね。
春もすぐそこまでやってきました。
このひと月ぽちさんはじめ皆さんに励まされてきたことに感謝します。
春は誰にでも必ず来るものですね。
春の訪れに乾杯!(o^-^o)

投稿: ひろ | 2010年2月21日 (日) 16時42分

♪ みずさま
待ちに待った春が、梅の香りと共にやっと訪れました。
北野天満宮の梅は、二分咲きから三分咲きあり、まだ蕾
の梅も多かったですが、苑内は仄かな香りがして癒されました。

 ほとんど出まかせの拙い俳句を、臆面も無くブログに
公表したりして、何と厚かましいdog でしょう!
 いただくコメントに 励まされております。
     ありがとうございます。
 

投稿: みずさんへ ぽちより | 2010年2月21日 (日) 19時22分

♪ ひろさま
ひろさんの体調も良くなって良かったですね。
来週京都の旅を楽しみにされるほどですから
安心しました。
 来週になれば、天神様の梅もちょうど見ごろと
なるでしょう。 来週は気温も上がりそうです。
 良い旅を楽しんでください。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2010年2月21日 (日) 19時30分

梅の香がこちらにまで届きそうでした。
ありがとうございました。

1枚目の写真、梅にピントが合ってとても美し写せましたね!

ぽちさんをガイドさんにして、私も北野天満宮を散策させていただきました。happy01

投稿: ゆーこりん | 2010年2月22日 (月) 12時09分

♪ ゆーこりんさま
2月14日は観梅には少し早目で、まだ蕾のほうが
多かったのですが、香りはすばらしく、思わず深呼吸を
してしまいました。 有り難いことに梅は桜と違って
開花に遅速がありますので、春の到来をながく
楽しめますね。
 受験シーズンだけあって、祈願の列長い列に
驚きました。
 パソコンの上達を もっと真剣にお願いすれば
よかったのに! と、反省するdogであります。

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2010年2月22日 (月) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/47614325

この記事へのトラックバック一覧です: 北野天満宮参詣と梅苑散策:

« 犯人は? | トップページ | しばらく見納めの「姫路城」 »