« 鮎の甘露煮 | トップページ | 年忘れ旅の顛末記 »

静岡浅間神社の「奉射祭」と「大的式」

 年も明け、今年は暖冬という長期予報に反して 地球的にも異常なほど寒さが厳しく、温暖な駿河路もこの冬初めての風花の乱舞には、ことのほか骨身にこたえました。

そんな事もあって、初詣をさぼっていた事に気付いた十五日朝、妙に気になり思い切って浅間神社にお参りに出かけました。

Photo  境内には参拝客に交じって、何やら報道関係のカメラマンや記者さん達で賑わっておりました。

 折よく、十時から始まる奉射祭(ぶしゃさい) と、十時半からの大的式(おおまとしき)が執り行われるということで、私にとっては新春早々ラッキーな事でした。

Photo_2  厄除け・招福と、五穀豊穣を願って厳粛な「奉射祭」が大拝殿でしめやかに執り行われた後、宮司以下祭員・射手が玉砂利を踏んで楼門を抜け、境内大的式斎場に向かわれ所定の座に着き、いよいよ大的式が執り行われました。

 六名の射手が二名ずつ順番に 二射ずつ三十三間(60m)離れた大的に矢を放つのです。

 矢が的に当たると、的奉行が 「当たりにて候!」 と大きな掛け声で裏山に響き渡ります。

Photo_3  目出度く的を射れば今年の豊穣が、外れても豊漁となると云う事で、平安時代朝廷で行われていた新春の神事にならって、烏帽子と直衣姿の凛々しい儀式です。

 折からの異常な大寒波と強風で、祭事に関わる射手・式奉仕者のみなさんのご苦労は如何ばかりと、思いやられました。

 装束に身を固め片肌脱いで、キュ~ンと張り詰めた空気の中、放つ矢の行方を見物の参拝客は固唾を呑んでその瞬間を見守りました。

 烏帽子・直衣に身を固めた射手の厳粛にして古式豊かな大的式の動画二題でした。

     奉射神事物見こぞりて固唾呑む

     (ぶしゃしんじものみこぞりてかたずのむ)

     奉射放つ矢尻一点冴え返り

   (ぶしゃはなつやじりいってんさえかえり)

     片肌を脱ぎ寒風に矢を放つ

   (かたはだをぬぎかんぷうにやをはなつ)

     「当たりにて候」弓手に唸る虎落笛

  (「あたりにてそうろう」ゆんでにうなるもがりぶえ)

     的奉行山の眠りを覚ますほど

   (まとぶぎょうやまのねむりをさますほど)

|

« 鮎の甘露煮 | トップページ | 年忘れ旅の顛末記 »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん、こんにちは
暖冬と言われていたのにこの寒さ、本当に身に凍みますね。
「奉射祭」「大的式」は見たことも聞いたこともありませんでした。
動画を見せていただいて、その厳粛な様子がよくわかりました。
強い風に木々が揺れている中で片肌を脱ぎ精神を集中して矢を射るなんてすごいですね。
こんな素晴らしい式に出会われたぽちさんの今年の運勢は、いいことがたくさんありますよ、きっと。
今が一番寒い時でしょうか。
お体を大切にしてくださいね。

投稿: ひろ | 2010年1月17日 (日) 13時41分

♪ ひろさん
厳しい寒さは老の骨身に凍みます。
風さえなければ この地方は比較的に過ごしやすいのに、、

 15日の大的式は、強風と寒さの中、射手の緊張感は
如何ばかりかと、手に汗をにぎりました。
 新年早々ラッキーチャンスに恵まれました。
今年はどんな出会いがあるでしょうか?

 コメント有難うございます。 dog

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2010年1月17日 (日) 19時07分

うわ~っぽちさんはまたまたすごい行事に出くわしましたね!
やっぱりぽちさんは「ツイてる」と思います。happy01
「出会い運」といいましょうか・・・。
風の強そうな日ですね。片肌脱いだかたが寒いでしょうに・・・と心配になりました!でも集中されているから平気なのでしょうね。今年はぽちさんラッキーな年になりそうな予感・・・。

投稿: ゆーこりん | 2010年1月17日 (日) 20時56分

♪ ゆーこりんさま
本当にラッキーな出会いでした。
「大的」の儀式の事はおぼらげながら知ってはおりましたが、
「奉射祭」・「大的式」と云う呼ばれ方とか 執り行われる日が
小正月とは知りませんでした。

 参拝の時、大勢の報道関係の方で、一体何が? と
思い、近くにいらっしたカメラマン(某テレビ局)に質問
して初めて知った次第です。

 動画初心者としては、いつもキョロキョロ ネタ探しも
ボケ防止になりそうですね (* ̄ー ̄*)  dog

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2010年1月18日 (月) 09時14分

ぽちさん
新年早々、とても厳粛な儀式に遭遇されましたね。
それも、いつもぽちさんがアンテナを長く張っておられるからだと
思います。
私の実家は浅間神社迄、歩いて10分くらいのところにありますが
今迄、このような儀式があるって事、全然知りませんでした。
それにしても、動画の中のあの強風の音、凄かった!!
臨場感がある動画でした。
さて、今週は寒さも一段落するって、お天気キャスターが
言っておりますので、それまで風邪などひかれませんよう
ご自愛くださいね。

投稿: みず | 2010年1月18日 (月) 15時38分

♪ みずさん
新年早々偶然に出会った厳粛な儀式に
ただただ夢中でシャッターを押し続けました。

 地元の方でもご存じない方が多いのですね。
実は私も こう云う儀式がある事は、おぼろげながら
でしたが、今回初めて拝見した次第です。
 空っ風が吹きまくってほんと! 寒かったです。

 1月15日と云えば 70年前の 昭和15年1月15日は
静岡市大火災がありました。 怖かったですよ!
  火の用心! です。
ここ2~3日は寒さもひと段落のようですが、
どうぞご自愛ください。 dog

投稿: みずさんへ ぽちより | 2010年1月18日 (月) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/47310922

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡浅間神社の「奉射祭」と「大的式」:

« 鮎の甘露煮 | トップページ | 年忘れ旅の顛末記 »