« 年忘れ旅の顛末記 | トップページ | 川崎大師 初詣 »

旅はじめ 美味礼讃

 いつものお仲間との新春 初旅での美味しいお話です。

もろもろの災厄を払いのける霊験あらたかな 「川崎大師」 の初詣をすませた後、加賀百万石の城下町、金沢に建てられていた明治時代のオランダ貿易商人ウィリアム・クライスの屋敷を移築した緑豊かな庭園に囲まれた迎賓館。 神奈川県大和市にある 「横浜うかい亭」 でのランチタイムはそれはそれは贅沢な至福のひと時でした。

 閑静な住宅街のただ中に構える「うかい亭」の前庭に一歩踏み入れた途端、どこか遠い異国を旅しているかのようなイマジネーションが膨らんできます。

 扉を開け邸内に入れば、そこは古き良く時代  

  遥か鹿鳴館時代の贅沢な空間にただただうっとり!

格調高い邸内で、これから始まるどんな美味との出会いがあるのでしょうか?

 私たち年配者に 厳選された食材

        シェフお薦めの魚コース

Photo_3  タラバガニとほうれん草の前菜 クリーミーな味わいです

タラバガニのナチュラルなうま味を上品にアレンジした一品

寒ブリのマリネ タラバガニ ホタテ貝柱 の逸品揃いPhoto

旬の寒ブリ 新鮮さが違います

貝柱のうま味 歯触りの上品さ

Photo_5  

オニオン・グラタンスープ

 玉ねぎがこんなにも甘くまろやかな味だったとは、、、

                       食べ終わるまで熱々のおもてなし

Photo_6  いよいよ熟練シェフのときめきに満ちた目前調理パフォーマンスがはじまります。

数種類のハーブとオリーブ油にマリネしておいた二切れの舌平目の間に 炒めたマッシュルーム等々が、魚の味を一層引き立てるのです。

 2 魚に合わせた、エストラゴン、ケイパーや、シャンパン・ビネガーの酸味、甘口ワイン ペッパーなどのハーブ入りのバターソースを手際よく煮詰めながら、目の前の大きな鉄板にオリーブオイルを引き、舌平目をソテーするのですが、丁寧な説明をされながら 和やかな雰囲気の中でのシェフのパフォーマンスも私たちには初めてのご馳走でした。

 

 動画に収めました。 ごゆっくりご覧下さい。

 ゆったりと時間をかけて美味しい料理を堪能したあとは、二階のデザートラウンジへ誘われてティータイムを楽しみます。

Photo_8  アンティークな邸内調度品の中にも現代的なお洒落な空間です。

 まず、柑橘系ゆたかな風味のシャーベットをさっぱりとした口当たりで、、

 コーヒー(紅茶)  お好みのケーキをいただきながら、しばし和やかな談笑でみんな幸せそうです。Photo_2

 

 三時間に余る 最上級の心地よい空間でのランチタイム  こんな至福を戴いた事に感謝して 「うかい亭」 をあとにしました。

     初旅のグルメ華やぐ七十路かな

     舌平目焼く香漂ふシェフの技

     デザートの好みそれぞれ明けの春

     美味佳肴至福賜る旅初め

|

« 年忘れ旅の顛末記 | トップページ | 川崎大師 初詣 »

旅と俳句」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
すご~いご馳走ですね。
見るだけでも幸せになりました。
特に女性は「食」にはとっても関心がありますね。
何もしないでこんなに素晴らしいご馳走を出されたら超幸せ!!
新年早々よかったですね。
食べれることは本当に幸せなことだとつくづく思っています。
私ひろは突然食べたり飲んだりがうまくできない病気になってしまいました。
でも、お薬で治るそうなので安心しております。
治ったらぽちさんに負けないように美味しいものをたくさん食べるとしましょう。
病は疲れからくるそうです。
ぽちさんもお体に気をつけてくださいね。

投稿: ひろ | 2010年1月31日 (日) 15時37分

♪ ひろさん
、、、、、!!! 体調不良突然のお知らせに 
ただただ驚いております。 
 健康で、山歩きをこよなく親しんでいらっしゃる
ひろさんが どうしたことでしょう? 

 医学が進んでいる日本ですから、良薬と焦らない治療で
必ず快方にむかいますよ。 寒い時ですから風邪を引かないよう
温かくして、ゆったりと過ごしてください。
 疲れや、ストレス  また、「病は気から」と云われます。
   お祈りしてますよ!  dog

 そんな最中にも、コメントをお寄せくださり有難う!

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2010年1月31日 (日) 17時08分

ぽちさん
この上ない至福の時のランチでしたね。
シェフの手つきのいいこと!ぽちさんの動画もバッチリでしたね。
女性は気の合ったお友達と、飲んだり食べたりすることが、
最高の幸せですね。このように凄く良い雰囲気でのお食事なら
なおの事、日頃の食事作りの煩わしさも、忘れようってものす。
それもこれも、健康の裏づけがあってこそ、お互いに身体には
気をつけましょうね。
日毎に日脚も延びてきましたが、寒さは後、ひと月ですね。
風邪など引きませんように!ではまた、みずでした。

投稿: みず | 2010年2月 1日 (月) 14時48分

♪ みずさん
主婦は、上げ膳据膳はたまには良いですね。
 独り居の dog としては、気の合う同士との
食事はほんとうに嬉しいのです。
 まして、今回の「うかい亭」のランチタイムは最高でしたよ。

 動画初心の私は、シェフの おもてなし振りは絶好のチャンス
でした。 映像を見ているだけでも あの時の良い匂いと
味わいがよみがえってきます。

 梅の春がやってきましたが、厳しい寒さは未だ続きます。
どうぞご自愛ください。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2010年2月 1日 (月) 16時58分

  ぽち様
 節分。豆まき。楽しみにした夜でした。お米を入れる袋を持って近所の家々を大勢の子供たちで訪れ,座敷に上がり込み,そのお宅の方が撒くお菓子や蜜柑を夢中になって拾ったり,一銭銅貨のお捻りを捕った時の嬉しさ,核家族の今の子供達には無い行事でした。「福は内」「鬼は外」と大きな声で豆をまいた古き良き時代,
あの楽しかった夜の事は遠い昔の思い出になりました。      そんな思い出に浸りながら節分の夜を過しております。
 良い初旅が出来ましたね。ブログ楽しみにしております。お元気で!

  

投稿: ライムライト | 2010年2月 3日 (水) 18時50分

♪ ライムライトさん
お元気でなによりです。
そうそう! 子供の頃 母の手縫いの布袋を持って
ご近所の豆播きのハシゴをしたものです。
 年の数だけ炒り大豆を食べましたっけ!

 昨夜の dog の豆まきは、実に地味でした。
玄関から外へ、小声で「オニはソト~!」 と、
10粒ほどの豆を投げ、20粒ほどを1粒ずつ 塗り箸で
食べました。(ボケ防止です) 年の数は無理でした。

 立春の今朝の冷え込みはきつかったですね。
どうぞご自愛ください。

 

投稿: ライムライトさんへ ぽちより | 2010年2月 4日 (木) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/47427847

この記事へのトラックバック一覧です: 旅はじめ 美味礼讃:

« 年忘れ旅の顛末記 | トップページ | 川崎大師 初詣 »