« 受け売りですが、笑ってちょうだい! | トップページ | 師走の駿府公園にて、、 »

小メロンの「いい加減漬け」

 小かぶの美味しい季節になりました。 旬の味とは比べるべくもありませんが、今では小かぶなど、ほとんどの野菜が年中出回っておりますので、私流の小かぶの 「いい加減漬け」 だけは年中欠かしたことはありません。 加えて夏のシーズンは青瓜も、曳き売りのおばさんのお陰で 好物のひとつとなっております。

 かれこれ5年ほどまえのことでしょうか、デパ地下の野菜売り場でたまたま見付けた 「小メロン」 を興味津々で買い求め、いわゆる私流の 「いい加減漬け」 に挑戦してみました。  漬け込んで3日目に試食したところ、何と! 今までのウリ科のどの漬物よりも その歯触りと云い申し分の無い 「浅漬け」 となって私を喜ばせてくれました。

 立派に成長成熟すれば、中々口にすることの無いほどの高値が付く 「マスクメロン」 の結実して間もないうちに 日の目を見る事も無く摘果された可哀そうなメロンのおさなごの事です。

Tekika01

 メロンは1本の蔓に2個を大事に生育させるのだそうです。  天候や気温などによって、受粉しない花もあるため、通常4個の花に受粉させるのだそうです。 受粉後の状態を見て、2個だけを残して摘果します。 摘果した 「小メロン」 は、生産者は漬物などにして自家消費をされていたようです。

 メロンはウリ科の植物ですので、成長が進み、実が甘くなる前は みずみずしくきめ細やかで、淡白な味わいの肉質です。 小メロンの大きさは鶏卵ほどでしょうか。

     小メロンや産毛の優し小六月

Photo

 一般的には出荷も珍しい野菜?ですが、静岡県内の高級メロン産地 掛川市も温室栽培が盛んになっております。小メロンにはめったにお目にかかれませんが、ある日 ヒョッコリとデパ地下の野菜売り場や、スーパーに並ぶことがあります。 偶然見付けた時には、何はともあれ2~3パックは必ず買ってルンルン気分のご帰還です。

 さあ! 小メロンの 「いい加減漬け」 に執りかかりましょう。

            いらぬ子のメロンを漬けて小春の日

Photo_2

  材料は  小メロン2kg   

         だし昆布10cm    

         柚子ポン酢醤油90cc   

          トレハロース大匙2杯  

      (いい加減漬けのためすべて目安です)

Photo_3

 小メロンはさっと洗って水けをふき取り、後先を切り落とし5ミリほどの厚さの輪切りにして 細切りにしただし昆布 その他の材料を全部ポリ袋に入れ、空気を抜いて口をしっかりと閉めて冷蔵庫で2~3日間で食べごろになります。

 

2 昆布のとろみとうま味、トレハロースのマイルドな甘味、柚子ポン酢醤油の酸味と風味が ほどよいハーモニーをかもし、なによりカリカリとした食感は、病みつきになるほど美味しいのです!

     小メロンをカリカリ漬けて小春かな

     浅漬けの小カブ小メロン日のまどか

 市販の浅漬の素でお試しください。 だし昆布を加えればお味は倍加すること請け合いです。 

|

« 受け売りですが、笑ってちょうだい! | トップページ | 師走の駿府公園にて、、 »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
ぽちさんはスーパーウーマンです。
編物、陶器、ジャム、漬物、ブログ、全くすごい方です。
しかもみんな素晴らしい出来栄えですもの。
まず手先が器用ですよね。
向学心、向上心に富んでいますよね。
熱烈にアタックする心意気は◎です。
私も大先輩に少しでも近づけますよう頑張らなくっちゃ。
恥ずかしながら「トレハロース」て知りませんでした。
早速ネットで調べました。
ひとつ知識が増えました。
ぽちさん、ありがとうね!(゚ー゚;

投稿: ひろ | 2009年12月 6日 (日) 14時14分

♪ ひろさん
 10年ほど前デパートの自然食品売り場で
「トレハロース」の試供品をいただいたのが
切っ掛けで、原料がトウモロコシからと云うことと
お砂糖の45%のマイルドな甘味に惹かれました。
虫歯になりにくく、食品のうま味を引き出す効果が
あって、以来「浅漬け」 「炊飯」 に使っております。

 アルピニストのひろさん  編み物師範のひろさん
パソコンの腕前も中々のひろさんです。
私の場合は、何もかも中途半端ですが
 趣味として楽しむ事が、余生を過ごす大事な要素
と云う事を痛感します。
 後期高齢 貧しい独り暮らしの退屈しのぎに
何かないかなぁ と、キョロキョロしているdogです。
 

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2009年12月 6日 (日) 16時28分

ぽちさ~ん!
私も、恥ずかしながら、ひろと一緒でトレハロースを
知りませんでした。やっぱりネットで調べました。
私の知識がまた増えて、嬉しいです。
それにしても、小メロン漬けは、美味しそう!!
私は、ずっ~と前、メロン農家を親戚に持つ友人から
頂いたことが、あります。その時はどのようにして食べたか
全然覚えていません。ぽちさんのやり方は簡単で
美味しそう(^。^)
手に入ったらやってみるべしですね。
これは、こかぶでも良さそう。手に入りやすい
こかぶでやってみようっと!
ホント、ぽちさんのブログは多岐にわたっていて、面白い!
今日は、料理の勉強をしちゃいました。ありがとうございました。
さようなら

投稿: みず | 2009年12月 7日 (月) 11時35分

♪ みずさん
小メロンは、いつでも売っているわけではありませんので
デパ地下やスーパーで見かければ、必ず買ってしまいます。

ほんのりとした甘味は、お砂糖では強すぎです。 やっぱり
トレハロースに限ります。
   (トレハの会社の回し者みたいですね)
最近では 化粧品とかお菓子など いろんな物に使われているようです。

 最初は10年ほど前 小カブで挑戦したのが切っ掛けです。小カブも冬場は特に美味しいですよ。

 ヒッチャカ メッチャカのブログを応援下さり 有り難く感謝の
dog であります。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2009年12月 7日 (月) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/46942599

この記事へのトラックバック一覧です: 小メロンの「いい加減漬け」:

« 受け売りですが、笑ってちょうだい! | トップページ | 師走の駿府公園にて、、 »