« ゆっくり自分を生きればいいのよ! | トップページ | 今年も柚子のマーマレード »

大道芸ワールドカップ in Shizuoka 2009

 2 世界一流のアーティストを一度に見られるフェスティバルとして、アジア最大の規模を誇る 「大道芸ワールドカップ」がわが街 静岡市で10月31日~11月3日の4日間華々しく開催されました。  厳しく選び抜かれた世界23ヵ国から94組 181人のパフォーマーが競演しました。 

ジャンルを問わず世界一を競う方式はこの静岡以外にはありません。 今年で18年目を迎えて、4日間で157万人が魅了しました。

 元来私は、人混みは出来るだけ避けたい性格で、過去17回の大道芸ワールドカップは、せっかくの催しにもかかわらず ほとんど無関心を通しておりました。

 ところが今年はどうしたことでしょう! デジカメをぶら下げて、それも独りで見に行ってまいりました。

  Photo_7 何が私の気持ちを 駆り立てたのでしょうか?

各地から それぞれ 「 マイ・脚立」 を持参しての観客の波に押され、幾重にもなる人垣に圧倒されて、とうてい見物することすら出来ないと諦めつつも、今年は動画初心者の私の心をくすぐったのです。

 初日には いきなりメーン会場の駿府公園に直行しました。 すでに何ヵ所かの円形に陣取る人垣に圧倒されながら、比較的隙間のある裏側に回って、フランスの三人組 「ル・テニス」 を楽しむこととしました。

 小さなテニスコートが舞台で、高い技術のコメディ・ジャグリングです。 その素晴らしい技術とコミカルな演技を つぎの動画でお楽しみください。

Photo_9  素っ頓狂な発声、小刻みにドラムを打ち鳴らすジャッジ役の、英語・フランス語に時々たどたどしい日本語も飛び出すパフォーマンスも中々の見どころ、聞きどころで、観客をどっと熱狂の渦に巻き込んでしまうのです。

 何本かのジャグリングクラブを巧みに使った激しいラリー、スマッシュの利いた打ち合い、フェイントの軽妙さ、、、。 高い技術あってこその楽しい技に観客はテニス?のラリーに引き込まれていまうのです。

 この三人のスナップショット カメラを向けた私に快い笑顔で答えてくれました。

Photo_8  ジャグラーの技爽快のW杯

 秋天にジャグリークラブの舞い踊り

  

 

3   投げ銭の音さわやかに大道芸

 

 何としても真正面から もう一度楽しみたい一念で、3日目は、青葉イベント広場の特設会場で 早々と場所取りまで頑張っての観戦です。 夕暮れ時とあって、動画初心者の私の技量では、多少の難はありますが、夢中でシャッターを押し続けました。 

三人組のパフォーマンス動画をお楽しみください。

「ル・テニス」の活躍 昨年はワールドカップ部門特別賞を受賞しておりました。

今年は見事銅賞に輝きました。 来年もこの名演技を楽しみたいものです。

 あれ~!  いつの間にか「ル・テニス」の追っかけをしていた七十七才

 余生の楽しみ方に、新しい自分を発見した事は云うまでもありません。

|

« ゆっくり自分を生きればいいのよ! | トップページ | 今年も柚子のマーマレード »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん
動画が、大変上手く撮れていましたね。私は5~6年前行ったことを思い出しながら、じっくりみさせていただきました。
やはり、人がいっぱいで、なかなか思うように見られなかった
ですが、パフォーマーの方々の人を楽しませる心意気には、
大いに感動いたしました。列を作って待っているときに、初老のご夫妻とお話しする機会がありました。彼らは他県から毎年、
静岡市内にホテルを取って、来るのだそうです。全国的に人気があるのだなぁと、あらためて、知ったと共に、せっかく近くで見られるのだから、また来ようとその時は思いました。ですが、
残念ながらそれからは、行っていない、みずです。(^_^)
来年の事を言うと鬼に笑われるかもしれませんが、来年は行ってみたいと、ぽちさんの動画を見て、思ったしだいです。楽しい動画をありがとうございました。

投稿: みず | 2009年11月 8日 (日) 10時15分

ぽちさん
楽しく動画を拝見させていただきました。
いつも山の中ばかり歩いているので人混みは苦手な私です。
でも、今年はやっぱり行きましたよ、大道芸を見に。
しかも「マイ脚立」を持ってですよ...
ちゃんと陣取ってゆっくり見ればその演技の素晴らしさに魅了されますね。
ウソやごまかしのない鍛えに鍛えた技に感動しました。
「お祭り」にはクールな静岡人もこの「大道芸」は盛り上がりますよね。
いつまでも続いて欲しいと思っています。

投稿: ひろ | 2009年11月 9日 (月) 08時41分

♪ みずさん
 23ヵ国から 94組 181人のマフォーマーの競演は、ワールドカップ獲得の真剣さもさる事ながら、何と云っても技の素晴らしさと、観客を楽しませてくれるサービス精神にも頭が下がります。

 地元にいながら、人混みが嫌いで、過去17回は無関心を装っておりましたが、フランスの三人組の 「ル・テニス」 に開眼したdog です。

投稿: みずさんへ ぽちより | 2009年11月 9日 (月) 09時50分

♪ ひろさん
 山歩きのひろさんも 「マイ・脚立」 ご持参で大道芸を
楽しまれ良かったですね。

地元の方は、「物凄い人垣で、見られない!」 と諦めておられる方が多いのではないでしょうか? 
 実は私もです。  今年は、未熟ながら動画に挑戦したくて
行ってきました。 
 こんな独り遊びも良いものですよ。  dog

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2009年11月 9日 (月) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/46695611

この記事へのトラックバック一覧です: 大道芸ワールドカップ in Shizuoka 2009:

« ゆっくり自分を生きればいいのよ! | トップページ | 今年も柚子のマーマレード »