« 「ごみリサイクル展」にて | トップページ | 大道芸ワールドカップ in Shizuoka 2009 »

ゆっくり自分を生きればいいのよ!

 二時間に一本しかないバスに乗って、思い立ったように 山間に住む姉の田舎へ行ってきました。  私の住む近辺では 今年は何故か金木犀の香りも とうとう漂う事もなく、秋も深まろうとしています。

 妙に秋の香りに浸りたくなったのです。

 一才違いの姉が嫁いだ旧家は、同じ市内でありながら、山懐に抱かれたところに、ゆうに百年は経っているらしく、どっしりとした構えです。

私と違って、こんなに辺鄙な田舎で 昔ながらの広い屋敷に嫁いで半世紀、夫婦共永年携わってきた 「臨床検査技師」 の仕事をリタイヤしてからの姉は、一体どんな余生を送っているのでしょうか?

 バスを降りて 十分ほどの田舎道を歩けば、秋の虫がすだき、収穫を終えたばかりのイチジク畑からは ほんのりといい香りが漂ってきます。

 Photo 母屋の前庭の野菜畑から 「姉さん被り」 の姉の姿を見付けました。 

「今年はダメかと思っていたのに、やっと咲いてくれたの」  広々とした前庭からは、まぎれもない金木犀が 今を盛りと咲き匂っております。   今年は二週間遅れの開花とか。

 

 永年あくせく働いてきた姉はすでに、ターシャ・テューダー Photo_2 (二つ目の画像は在りし日のターシャさんです) にも似て、自然に感謝し 晴耕雨読を楽しんでいるらしく 庭の樹木や植物の説明に 顔をほころばせ、声を弾ませるのです。

 広い前庭、どっしりと構えた住まいの裏庭や裏山には、幾十種類もの樹木や植物が ところ狭しと茂っております。

「今の世の中 どう変わって行くのか分からないから、悩んでいても仕方がないの。 自分を信じて 思う通りに生きていけば良いのよ! こうして土からのお陰を享けて、ゆったりとした時間、今が一番幸せな時間よ!  ほらっ! 種を播いた覚えもないのに 去年の実がこぼれたのでしょう こんなものも実っているの!」  肥沃な土の恩恵を享けて、自然任せのスローライフ。    泰然自若の姉のセリフです。

 Photo_3 「この木 何の木か分かる?  葉っぱを噛んでみて、、、」

 「あれ~? あァ、、、〈ニッキ〉 の味がする~」  

 幼い頃 一銭銅貨を握りしめて 近所の一文駄菓子屋で買ったあの 〈ニッキ〉 の味に 私たちは子供のころに還って懐かしみました。

 

(画像上は肉桂の木   下は肉桂の葉) 初めて見ました。

Photo_4

肉桂噛みしめ思い出尽きぬ秋日和

(ニッキかみしめおもいでつきぬあきびより)

 07年12月17日に投稿した私のブログ 「ロシア旅行記」 の中で、余生を故郷で、絵筆も持たず、過去の事も、愚痴も云わず、野菜をつくり 野花を摘み、尋ねる人も無い生活の中で 少しも退屈する様子も無く 楽しそうに過ごした ターシャのような生き方をした イコン画家 山下りん の穏やかに過ごした余生を思い出しました。

Photo_5 百年の母屋閑かにそばの花

(ひゃくねんのおもやしずかにそばのはな)

 

 土が 生き物感覚を養っているのでしょうか。  

    土に根差す生活。

姉も 「ゆっくり自分を生きる」 こんな余生を送っているのではないでしょうか。

 

|

« 「ごみリサイクル展」にて | トップページ | 大道芸ワールドカップ in Shizuoka 2009 »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

「ゆっくり自分を生きればいいのよ!」いいことばですね。
お姉さんとぽちさんの姿が目に浮びます。
姉妹っていいですねえ。
私も年子の妹の”みず”とは励ましたり励まされたり、心の思いを語りあっています。
今に感謝して、ゆっくりゆっくりと生きていきたいと思っています。

投稿: ひろ | 2009年11月 2日 (月) 07時29分

♪ ひろさん
 激動の昭和を生き抜いて、平成も二十二年を迎えようとしています。 
 私たちシニアは、もうアクセクしても仕方がありません。
   ゆっくり自分を生きることにしました。
愚痴をこぼしても、親身になって誰も拾ってはくれませんものね。

 コメント有難うございす。 励まされている dog です。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2009年11月 2日 (月) 10時08分

お姉さまのお言葉、いいお言葉ですね!
ぽちさんも素敵なら、お姉さまも素敵。

すてきな絵本の世界に入り込んだような気持ちで拝読いたしました。きんもくせい、うちの近くの公園にも咲きます。

横を歩くだけでハッとするようないい香りですね。大好きです。

投稿: ゆーこりん | 2009年11月 2日 (月) 13時31分

♪ ゆーこりんさま
 ここまで健康で生き伸びましたから、
もうあくせくしないで、楽しくマイペースで余生を
送る事にしました。
 そう決心してから、楽な気持ちになった dog です。

 ターシャ・テューダさんの事は、2年ほど前NHK・TV
で知りました。 すばらしい余生の過ごし方ですね。
私はせめて ゆっくり、楽しく自分を生きることに
しましょう。 コメント有難うございます。

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2009年11月 2日 (月) 18時15分

ぽちさん
お姉さまの所を訪ねられた時の情景が、牧歌的で素敵でした。
ちょっと、映画のシーンを見ているような錯覚をしました。
姉妹とはいくつになってもいいものですね。子供の時は、良く喧嘩もしたけれど、それも良い想い出です。私も1つ違いの姉といつまでも、助け合っていきたいです。
さて、金木犀ですが、我が家のも、今年はとても遅く咲き始めました。友人は、毎年決って10月1日には咲くのに今年は2週間も遅かったと言っていました。これも、なかなか寒くならない地球温暖化のせいでしょうか?先週は夏日もあって、暖かかったですが今週は冷え込むらしいですね。どうぞ、風邪など引きませんように、お過ごしくださいね。

投稿: みず | 2009年11月 3日 (火) 10時12分

♪ みずさん
 dog たち姉妹も子供の頃はよく喧嘩もしましたよ。

 それぞれ他家に嫁ぎ 幾十年も経てば、たとえ一才違いでも
暮らし向きも大きな違いがありますが、思い出話に興じる時は、
見つめるところは同一地点。
 懐かしさもあり、こころ温まりますね。

 急激な気温差に戸惑います。
新インフルエンザが心配です。 どうそご自下さい。

投稿: みずさまへ ぽちより | 2009年11月 3日 (火) 15時46分

   ぽち様                               
お姉様、お元気で悠々自適な日々をお過しの姿,目に浮かびます。偶然会社のピロティでお会いしたのは十年位前だったと思います。よろしくお伝え下さい。 
 今年は県立美術館広場の金木犀も余り香りが無かったようです。気候のためでしょうか。                       季節の変わり目,ご自愛下さい。


投稿:   ライムライト | 2009年11月 4日 (水) 18時23分

♪ ライムライトさま
 お元気のご様子何よりです。

 姉の余生は、自慢するほどの事でもありませんが、
何せ、田舎の広い庭や土地、裏山の管理はさぞや
大変な事と思います。
 
 むしろ何にも持たない私の方が 気が楽かも知れません。
と、楽天家のdogは思うのです。

 極端な気温の差に充分ご自愛ください。
 

投稿: ライムライトさんへ ぽちより | 2009年11月 4日 (水) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/46623484

この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくり自分を生きればいいのよ!:

« 「ごみリサイクル展」にて | トップページ | 大道芸ワールドカップ in Shizuoka 2009 »