« 「月見のおわら」 バスツアー | トップページ | 立山黒部アルペンルート「室堂」へ »

世界遺産五箇山合掌造り見学

 今回の旅のパンフレットの表題は、【飛騨トンネルで五箇山と標高2450メートル! 雲上の大紅葉・室堂へ!  第12回越中八尾 「月見のおわら」】 と、盛り沢山の旅行案内です。

 前回ブログの 「おわら」町流し観賞 への途中、世界遺産五箇山合掌造りの見学で先人の跡を辿りました。

 岐阜県飛騨市河合町と 大野郡白川村をつなぐ東海北陸自動車道の全長10.710m 関越トンネルに次ぐ日本国内第2位 (世界第12位) の長いトンネルを抜けて、いよいよ旅の始めの観光地、世界遺産合掌造り集落五箇山・菅沼集落に着きました。

 てくてくと、長い隧道を抜ければ 山ふところに抱かれた合掌造り集落周辺の秋の草花が 光り輝き咲き乱れ 私たちを迎えてくれました。

 Photo  集落の全域、4,4haが重要伝統的建造物保存地区です。

菅沼合掌集落は、人々が普段のままの生活を営んでいる集落でもあります。

 戸数8戸 合掌造り9棟 その他土蔵や社が江戸時代に造られたままの姿が見られますが、今後このような集落は新たに造られよう筈はありません。

 合掌造り家屋と 山村の原風景が世界的に評価され、貴重な文化遺産として、相倉集落、白川郷集落と共に世界遺産として 1995年(平成7年) 登録されました。

 昭和初期に、ドイツの世界的建築学者 ブルノー・タウト が惜しみない賞賛を贈ったと云われます。 昔の人の知恵と技が生かされた世界に誇れる独特の建造物なのです。

 建物の外観や、地形も変えられず、建物の外観を損ねることのないよう、車の保管は地下に、電線・上下水道・ケーブルテレビ線などのライフラインもすべてPhoto_3 地下に埋蔵されていると云うことです。

  秋もたけなわ どの家の周りにも今を盛りに秋の草花が咲き乱れ、そこはかとなく花野の香りが漂ってまいります。

 

  隧道を抜ければコスモス明かりかな

  (ずいどうをぬければコスモスあかりかな)

  赤のまま合掌造りの小商い

  (あかまんまがっしょうづくりのこあきない)

  合掌の家ごとに揺れる秋桜

  (がっしょうのやごとにゆれるあきざくら)

 2 集落に住む人たちは、生活をする上に様々な制約を受けながら、平成の世も普段通りの生活を営み、後世にこの集落と合掌造りを守って居られます。

 私たちは旅人として、ここに住む人々のご苦労と 旅人に寄せる温かな面差しを受けながら旅を続けました。

|

« 「月見のおわら」 バスツアー | トップページ | 立山黒部アルペンルート「室堂」へ »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん 急に寒さを感じるようになってきましたね。
ずいぶん盛り沢山の旅でしたね。
来年は絶対に行きたいなと思っています。
合掌作りの家屋は本当にすばらしいですね。
五箇山は行ったことはありませんが白川郷は行きました。
世界遺産としての価値は十分ありますね。
いつまでもこの風景が残ることを心より願いますね。
私は11日に富士山の御中道を歩いてきました。
紅葉は台風18号でかなり散っておりましたが、うっすらと雪化粧した富士山はとてもきれいでした。
過ごしやすいいい気候ですが、朝晩は冷え込んできました。
ぽちさん、風邪などひかれませんようにね。

投稿: ひろ | 2009年10月12日 (月) 09時08分

♪ ひろさん

秋たけなわの 薄化粧の富士山の美しさ
想像しても心洗われるようです。

 山の麓を散策するにはちょうど良い季節ですね。

実は私も6日(火曜日)に須走口富士山5合目から、
小富士までのハイキングのつもりででしたが、あいにくの
小雨模様でだめでした。

何はともあれ。旅は天候と健康が必須条件ですね。 

 お互い健康でいましょうね! と祈っている dog です。
 
 

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2009年10月12日 (月) 10時41分

ぽちさん
いいですね~!
実は、私もしばらく飛騨高山に行っていなくて
また行きたいな~とつくづく思っていたところなのです。

道路も便利になりましたしね!rvcar
ぽちさんの旅行記はいつも文章も写真も素敵なので
とても楽しみです。

投稿: ゆーこりん | 2009年10月14日 (水) 10時30分

♪ ゆーこりんさま
盛り沢山の旅行案内で、dog的には 「おわら」 が
メインと思って参加しましたが、初日に立ち寄った
五箇山の秋の風情も良かったのです。

 個人的にはなかなか行けませんし、日本の民家として
形を残す切妻合掌造りは、釘やカスガイを1本も使われていない最も原始的な世界に誇れる建造物で、今も普段通りの
生活をされていることに、感動した dog です。

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2009年10月14日 (水) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/46445389

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産五箇山合掌造り見学:

« 「月見のおわら」 バスツアー | トップページ | 立山黒部アルペンルート「室堂」へ »