« 世界遺産五箇山合掌造り見学 | トップページ | 「ごみリサイクル展」にて »

立山黒部アルペンルート「室堂」へ

 「おわら町流し」再演を堪能して 立山山麓温泉宿に着いたのは夜も更けた10時半頃でした。 壮大な大地から湧き出るミネラルを豊富に含んだ 「ナトリュウム炭酸水素塩泉」 の湯は、肌がつるつるする女性には嬉しい 「美人の湯」と云うことで 私たちは疲れた体をゆったりと温まり、12時前には深い眠りに着きました。

 翌朝は5時起床、6時朝食、7時出発。 少々の睡眠不足も何のその! 立山アルペンルートのコース、立山・剣岳の登山の拠点となっている室堂平へとバスに乗り込みました。

 昨夜の 「おわら」での天候は、予想よりも暖かく天気は上々、中天には半月が赤く輝いておりました。     嗚呼!それなのに、ここ山麓は朝から小雨模様です。  こんな事もあろうかと 思い思いの防寒具や雨具の出で立ちで二日目の旅が始まりました。

 立山駅からは、7分間のケーブルカーで急勾配を一気に美女平へ。 美女平からは高原バスに乗り換えて、標高977mの美女平から 2450mの立山室堂までの標高差 1500mを高原バスは50分かけて、くねくねと登ります。

車窓からの景色は曇り空ながら、秋色豊かな素晴らしい別世界です。

 途中、落差日本一の 「称名滝」が見えるポイントで、また、幹の周りが6m以上の 「立山杉」 の巨木の前でバスは しばらく停車して、乗客にじっくり見られるよう配慮もしてくれるのでした。

 Photo 鬱蒼と茂る立山杉や、ブナの原生林を縫って、やがて樹木らしい木々の姿は途絶え、常緑低木の 「這い松」の深緑色が見え始めるころになると、標高2450mの室堂駅に到着です。

 温暖な地方の私たちは、出発の日まで一体どんな服装でよいのやら、あれこれ迷いもしましたが、とにかく雨具と寒さ対策に着ぶくれての出で立ちとなりました。

 Photo_2 あいにく朝から霧雨模様の天候に浮かぬ顔の私たちでしたが、気温摂氏16度(下界の気温摂氏26度)、心配していた雨も上がり、約5万年前の立山噴火によって形成された溶岩台地は、室堂目指しての散策で楽しみました。

 日本最古の 「室堂」は、美女平の 「タテヤマスギ」が使われ、現存するものとしては、日本一古い山小屋と云うことで国の重要文化財に指定されております。  加賀藩により16世紀に建てられ 元々は修験者のお堂だったとか、、

Photo_3 この画像建物の一番手前が 最古の「室堂」です。

 私たちは神妙な顔で、古代立山杉の柾目に触れ 往時を偲びました。

ここを訪れた誰もが積んだのでしょう、私たちもケルンに小石をひとつづつ積みPhoto_4 重ね 祈りを捧げました。

     

    

          

     立山の溶岩のモザイク草紅葉

     (たてやまのラバのモザイクくさもみじ)

     杉巨木老いの一徹天高し

     (すぎきょぼくおいのいってつてんたかし)

     室堂の杉の柾目の凄まじき

     (むろどうのすぎのまさめのすさまじき)

     身に沁むやケルンに小石ひとつ積み

     (みにしむやケルンにこいしひとつつみ)

 動画初心の私は、室堂平ではパノラマロードの中心に立ってカメラを構え、私自身がぐるりと360度一回りして、秋の立山連山を収めました。

デジカメが捉えた凄まじいほどの風の音の割には静かで、雨も上がったことはラッキーでした。

Photo_2

あれから3週間絶った今日 「冬のよそおいを始めた立山連峰」の便りも届きました。

 

|

« 世界遺産五箇山合掌造り見学 | トップページ | 「ごみリサイクル展」にて »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

秋の洋服を山々が着始めましたね~!
今年は、紅葉の名所に行きたくなりました。

動画では、風の音が入ってすごい臨場感でした!!!
ご一緒に旅されるお仲間がいらっしゃるって素敵なことですね!

投稿: ゆーこりん | 2009年10月18日 (日) 22時47分

♪ ゆーこりんさま
今回の盛り沢山の旅で 様々な感動をいただきました。
 室堂での動画は、動画たらしめる苦肉の策でした。
対象物が動かなければ、私が動けばいいのですから、、、

 母を送ってここ三年の間に、旅に誘って下さる友人に
恵まれて 後期高齢独り暮らしの私にとって 本当に有り難い
ことと思います。

 健康で前向きに余生を楽しみたいと思っているdogです。

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2009年10月19日 (月) 09時41分

ぽちさん
日一日と、秋が深まってきていますね。
本当に今回のぽちさんの旅は、充実されてましたね~
私も今年6月に黒部ダムに行ってきましたが、室堂までは
足を伸ばせませんでした。ぽちさんの動画を見て、今度は是非
行かなくっちゃと、思いを新たにしました。
ありがとうございました。

投稿: みず | 2009年10月19日 (月) 10時26分

♪ みずさん
旅のお仲間に恵まれ、特に今回は思いがけない「おわら」
の再現は 私にとって予想以上の動画の出来栄え
(初心者の自負) でした。
 私も昨年7月に黒部ダムの大放水に感動しました。
何はともあれ、この歳になると先ずは「健康」でなければと
痛感しております。
 それに加えて やっぱり パソコンやってて良かった~!
  と、これも実感している dog であります。

 いつもブログをご覧くださり、コメントをいただき有難うございます。 

投稿: みずさんへ ぽちより | 2009年10月19日 (月) 11時03分

ぽちさん
室堂の動画を懐かしく拝見しました。
2007年の夏に大きなザックを背負って室堂から剱岳、そして立山連峰を歩いてきました。
錦秋の立山にも行ってみたいなあ。
「おわら」の動画も何度も見せていただいておりますよ。
とても初心者なんて思いませんよね。
ぽちさんに感化されて山で動画を撮ったりしている私です。

投稿: ひろ | 2009年10月19日 (月) 13時07分

♪ ひろさん
 山のエキスパートにご覧頂くような「室堂便り」ではありません。  お恥ずかしい限りです。

 観光バスで連れて行って下さればこそ、何とか
行った気分になるのです。
 まあ! 足腰利く間に楽しみたいと思っている
    dog です。

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2009年10月19日 (月) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/46509037

この記事へのトラックバック一覧です: 立山黒部アルペンルート「室堂」へ:

« 世界遺産五箇山合掌造り見学 | トップページ | 「ごみリサイクル展」にて »