« 丸子路の「モリアオガエル」 | トップページ | 旅は精神の若返り »

モリアオガエルの孵化

 モリアオガエルは、直射日光がお好きではないらしく、産卵期の5月から7月頃になると こヽ丸子路 「おおだたら」の誓願寺の裏山からノコノコ現れ、池の真上に伸ばす樹木の枝先に産卵します。 雌の体長は8~9センチメートル、雄は5~6センチメートルの蚤の夫婦です。 産卵は、雌1匹に雄5~6匹が群がる事もあるそうです。 

 Photo 足の吸盤は非常に発達して水泳も得意ですが、樹上でも枝から枝へ、葉から葉へ巧妙に跳び回るそうですが、産卵は概して雨上がりの翌早朝 暗い中から日の出の頃には終えて、人目につかないところに隠遁するのでしょうか? 容易に見つける事ができません。

 6月初旬、目に鮮やかな柿の若葉に映えて、モリアオガエルの輝く卵の泡を確認した私は、孵化の様子を見たくて 6月24日夕方バスに揺られて行ってまいりました。

 誓願寺本堂まえでは、ご住職が庭の手入れをされておりました。

「モリアオガエルのお池を見せてください」 とご住職にお断りして、勝手知ったる裏庭の古池へと周り、その後の変化に期待を込めて、、、  ところが、以前確認した瑞々しく映えていた卵の泡も 淡褐色になって垂れ下がっておりました。 がっかりしながら、ご住職に軽く会釈をして立ち去ろうとしたとき、「付かぬ事をお聞きしますが、、、モリアオガエルの孵化の様子をご覧になったことがありますか?」 ご住職は「天候、気温、湿度など諸条件が揃わなければ中々難しいのです。 天気の良いこんな日では孵化が始まりかけた泡の中もカラカラに乾いて、折角生み付けた卵もダメなんです。 よくあることです。 孵化の様子をご覧に入れましょうか?」

「??? えー? どう云うことでしょうか? ぜひ見たいのですが、、、!」

 半信半疑の私は、デジカメを取り出して構えました。 「いいですか! 一瞬の出来事ですよ! アッという間ですよ!」  ご住職は成熟した卵の泡を手に受Photo_2 けて、水を掛け流し始めました。その時です!  泡を滑るように、1センチメートルにも満たない小さな小さなオタマジャクシが次々と池の中に落下して行くではありませんか!

 「ワー! 凄い! 凄い!」  私は夢中でデジカメのシャッターを押し続けました。

  ご住職と私だけの 荘厳な儀式? です。

     泡の毬よりするりと蝌蚪の滑り落つ

    (あわのまりよりするりとかとのすべりおつ)

 我に返ると、静まり返った寺苑は、夏鶯の鳴き声だけが裏山にこだましておりました。

Photo_4  池水の樹上に産み付けなければならない卵も、時には落下すれば石の上と云う勘違いをして産卵する親カエルもいるのです。 そんな卵も幾つかありました。 

ご住職は産み付けられた枝を手折って、池の上に伸ばした他の枝先へ移し替える保護もなさいました。

 Photo_6         こうして、今年も無事に何十匹かの天然記念物が裏山へ戻って行くことでしょう。

 

 

 思いがけなく、荘厳にして貴重な生態系を垣間見る事が出来た幸運を感謝して、、、

     

     余生楽し孵化垣間見て柿若葉

     (よせいたのしふかかいまみてかきわかば)

     モリアオガエルの孵化老鶯のしずけさに

     (もりあおがえるのふかろうおうのしずけさに)

 

|

« 丸子路の「モリアオガエル」 | トップページ | 旅は精神の若返り »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

ぽちさん こんにちは
モリアオガエルの孵化という貴重なお写真を見せていただいてありがとうございました。とってもいい写真でしたね。
私はよく山歩きをするのですが、時々山の中でもモリアオガエルの卵を見かけることがあります。
昨日も安倍奥の山に行った時に立ち寄った梅ヶ島の「黄金の湯」の駐車場で見たのです。でも卵の下はコンクリートなんです。オタマジャクシさんは落下したとたんに悲しい運命ですよね。
それにしても「生物の神秘」とはすごいですね。
いろいろ知りたくなりますね。

投稿: ひろ | 2009年7月 6日 (月) 17時08分

♪ ひろさま
 モリアオガエルの孵化に立ち会える
絶好のチャンスを デジカメに収めて
ブログでご紹介できるなんて
思ってもいませんでした。

 産卵場所を間違えるソソッカシイ親カエルも
いるんですね。 そんな卵を安全な枝に
移し替えるご住職さんの優しさに
もジーンとくるものがありました。 dog

投稿: ひろさまへ ぽち | 2009年7月 6日 (月) 18時57分

すごい貴重な写真が撮れましたね!!!
やっぱりぽちさんは なにかすご~い強運に恵まれていらっしゃるような気がしてしまいます。

生命の神秘みたいなものを感じました。
不思議がいっぱいですね!

すくすく育て おたまちゃん♪

投稿: ゆーこりん | 2009年7月13日 (月) 08時01分

♪ ゆーこりんさま
ほんとうにラッキーでした。

 あの日、ご住職にご挨拶もしないで
いきなり古池へ行っていたら
おそらく、こんな荘厳な儀式には
立ち会えなかったと思います。

 モリアオガエルの孵化、水に落ちる
瞬間をデジカメキャッチできるなんて
何と幸運なことでしょう!
 ブログでご紹介できたことも、、、dog

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2009年7月13日 (月) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/45543217

この記事へのトラックバック一覧です: モリアオガエルの孵化:

« 丸子路の「モリアオガエル」 | トップページ | 旅は精神の若返り »