« モリアオガエルの孵化 | トップページ | 蓮の花  »

旅は精神の若返り

 いつもの旅のお仲間に誘っていただき、7月2日・3日「志賀高原ルート」バスの旅を楽しみました。

 草津温泉宿を出発する頃は、お天気も何とか良さそうでした。

 高原ルートを上信越高原国立公園 白根山(2160m)湯釜登り口の駐車場に着いた頃には、梅雨末期の生憎の空模様となり、見る見るうちに霧が湧きあがり大変な濃霧で、辺り一面真っ白の世界となりました。

 エメラルドグリーンの神秘的な湯釜は、世界でも最も酸性度の高い湖として知られ、泳ぐことはおろか、忽ちとけてしまうと恐れられています。

眺めの美しさとは裏腹に、ミステリアスと相まって、一寸先も見えないこの濃霧では、私たち年齢の足元の事も考慮して、お釜周辺の散策は残念ながら亦の機会に譲ることにしました。

     湯の釜を包み隠して夏の霧

     (ゆのかまをつつみかくしてなつのきり)

 車は一気に草津高原ルートを下り、長野県中野市にある「高野辰之記念館」へと向かいました。

Photo  山の天候は猫の目のように変わり、ひと山越えれば薄日まで射して、田の原高原(1610m)沿いのニッコウキスゲの群生に歓喜の声があがり、一時停車して記念撮影を、、、

 やがて見事な白紫陽花に迎えられて、「高野辰之記念館」へと誘われました。

 Photo_2 文化庁実施の 「親子で歌い継ごう日本の歌百選」 にも選ばれた 「日の丸の旗」 「紅葉」 「春が来た」 「春の小川」 「故郷」 「朧月夜」 などの作詞者 高野辰之は、明治9年(1876) 長野県北部の中野市の農家に生まれ、幼年時代を豊かな自然の中で育ちながら、学問の道を志し苦学をしながら日本の近代の文学に大きな功績を残し、また教育者でもあります。

 心のふるさとの風景は、生まれ育った北信濃の田園風景がベースになっていることは云うまでもありません。

     「ふるさと」の歌口ずさみ青き峰

     (ふるさとのうたくちずさみあおきみね)

 Photo_3 記念館は辰之が学び、教鞭をとった永田尋常小学校の跡地で、当時使われていたオルガンもそのままの懐かしい 「ふるさとホール」で、辰之の足跡を訪ねました。

 ♪ ①  うさぎ追いし かの山    

         小鮒釣りし かの川

        夢は今も めぐり来て                                   忘れがたき ふるさと

    ②  いかにいます 父母  

          つつがなしや 友がき

     雨に 風に つけても  思いいずる ふるさと

    ③  志を 果たして  

          いつの日にか 帰らん

     山は青き ふるさと   水は清き ふるさと ♪

  私たち17名は乙女心に還り、誰からともなく口ずさみ、白紫陽花のように、一瞬 純真無垢? となったのでした。

     師の或りしまヽのオルガン白あじさい

     (しのありしままのオルガンしろあじさい)

 まさに古き良き時代の心の故郷に戻す絶好の旅でもありました。

 Photo_4 高野辰之のことは、日本の原風景「ふるさと」 などの作詞者として広く知られてはいましたが、文部省の国語教科書編纂委員、東京音楽学校(芸大)教授、文学博士、また、天皇・皇后両陛下に 「日本歌謡史変遷について」のご進講などの偉大な功績の事も知りました。

|

« モリアオガエルの孵化 | トップページ | 蓮の花  »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

ぽちさ~ん こんにちは
きっちりと更新されるブログにいつも楽しませていただいています。
ステキな旅をなさいましたね。
ぽちさんはいいお友達が大勢いらしていいですね。
一面のニッコウキスゲはさぞかし美しかったことと思います。
「ふるさと」の作詞者の名前は知りませんでしたが、あの歌はみんなが知ってる日本の歌を代表する歌ですね。
ただ私の友人は子供の頃、「ウサギが美味しい、蚊がたくさんいる山」だと思っていたそうですよ。
失礼いたしました。

投稿: ひろ | 2009年7月12日 (日) 15時08分

♪ ひろさん
o(*^▽^*)o  「うさぎおいし かのやま」、、、
何気なく歌い、何気なく聞くと面白い
解釈になりますねぇ

 日本の昔の歌詞は、確かに美しい日本語で
書かれていますので、耳から覚えた歌など特に
幼少時代そんな風に、本気で解釈することも
よくありますよね。 happy01

 旅のお仲間は、私以外は全員一級年下の同窓生
なのです。
皆さんとても良い方ばかりで、有り難いことです。dog

投稿: ひろさんへ ぽちより | 2009年7月12日 (日) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/45608215

この記事へのトラックバック一覧です: 旅は精神の若返り:

« モリアオガエルの孵化 | トップページ | 蓮の花  »