« 喜寿を祝うクラス会 | トップページ | モリアオガエルの孵化 »

丸子路の「モリアオガエル」

 JR静岡駅北口4番バス乗り場から、国道線藤枝行きで 約20分ほど行くと、東海道五十三次で広く知られる 「丸子のとろろ汁」 のお店がありますが、その次の停留所 「二軒家」でバスを降りれは、昨秋このブログでご紹介した 「おおだPhoto たらのお不動さん」への不動道に差し掛かるほんの入り口に 歴史的にも由緒ある 「誓願寺」というお寺があります。

 山門をくぐれば、手入れの行き届いた苑に、見事な藤棚が今では涼しい木陰となって、しばしの憩いの場所となっております。

 Photo_2 「誓願寺」は、建久年間(1190~1199年)に、源頼朝の両親追善のために建立されました。 天文年間(1532~1555年)の丸子城の戦火で類焼しましたが、永禄11年(1568年)駿府へ進出した武田信玄がこれを惜しんで再建したものです。

 また、大阪冬の陣を起こしたいきさつの舞台となったところです。

 慶長19年(1614年)の大阪冬の陣に続いて、翌元和元年(1615年)5月の大阪夏の陣で、豊臣家は滅んでしまいました。 境内には、豊臣家の重臣 片Photo_3 桐且元(かたぎりかつもと)夫妻の墓 二基が、子孫の片桐石見貞昌(かたぎりいわみのかみさだまさ)によって建てられております。

 ちょっとお硬い話から始まりましたね。

 ところで、この寺の本堂右側には、目に鮮やかな柿若葉や、ユーモラスな藤の実の垂れる棚の下には古池があり、「モリアオガエル棲息の池」 として訪れる人が多い事でも知られております。

 Photo_4 モリアオガエルは、伊豆天城山八丁池に棲息していたのを、昭和天皇が命名された天然記念物です。  この古池こそ「モリアオガエル」の珍しい産卵風景を見る事ができる池なのです。

 珍しい産卵風景を見たくて、6月初旬に行ってまいりました。

誓願寺のこの池にも、数十年前から集団で棲息が見られ、5月初旬になると裏山からのそのそと現れ、この古池の真上に茂る樹木に 白い泡状の液体に包まれたソフトボールほどの大きさの産卵が7月頃まで見られます。 

 泡のなかには無数の小さな卵が泡を栄養源として成長し、1週間から10日間ほどで、オタマジャクシとなって池の中に次々と落下して行くのです。

2  私が出掛けた当日は、生み付けたばかりらしく、柿の若葉とのコントラストも美しく光り輝き、産卵の様子や孵化の瞬間のオタマジャクシの姿にはお目に掛かれませんでした。

 

     

     葉隠れにモリアオガエルの泡の毬

     (はがくれにモリアオガエルのあわのまり)

     モリアオガエルの性産卵は枝の先

     (モリアオガエルのさがさんらんはえだのさき)

 モリアオガエルの姿さえ中々出会う事も出来ませんが、ここまで確認したからには、何としても孵化の様子を見たいものです。

|

« 喜寿を祝うクラス会 | トップページ | モリアオガエルの孵化 »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

うゎぁ すごい卵・・・
蛙と蛇はすこぶる苦手なゆーこりんです。shock

子どもの頃は図鑑の写真でも触れなかったんですよ~!
その昔、担任していた小学生が教室に「食用蛙」超ド級に大きいやつをもて来たときは失神しそうでした。crying

おまけに、翌朝、水槽のふたが開いていて 中にいないのを知ったときは 泡を吹きそうでした・・・。

今回、ぽちさんのブログでは 卵を静観できました。
ちょっと大人になったかな。smile

投稿: ゆーこりん | 2009年6月28日 (日) 19時27分

「誓願寺」、「片桐且元」、「モリアオガエル」のこと、いろいろ勉強させていただきました。
誓願寺は一度行ったことはあるのですが、ただ漠然と歩いただけで、ぽちさんのように向学心のない自分が恥ずかしいです。
今度は小さな目を大きく開けてしっかりと勉強してきますね。

投稿: ひろ | 2009年6月28日 (日) 19時59分

 ♪ ゆーこりんさま
 ブログ富士山静岡空港開港の時には
飛行機で恐怖感を与え、今回の蛙でも
またオゾマシ~イ思いをさせて (*_ _)人ゴメンナサイ

 モリアオガエルの泡の毬は、柿若葉に映えて
美しいのです。  なにせ天然記念物なんです。

 実を云うと私も蛇とミミズは大の苦手です。

意地の悪いdogは、次回もっと凄いの見せちゃいますよ!

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2009年6月28日 (日) 21時53分

♪ ひろさま
 誓願寺の事は、改めて興味深い思いで
参詣しました。
 NHK大河ドラマ「天地人」にも 時代歴史的にも
関係ある 由緒あるお寺である事がわかりました。

 それにしても、貴重な天然記念物モリアオガエルの
珍しい産卵法が観察できたことはラッキーでした。
        dog

投稿: ひろさまへ ぽちより | 2009年6月28日 (日) 22時06分

ぽちさんへ ブログ投稿2009年版 book いただきました。
これで二冊頂いた事になります。
本当に素晴らしいの一言、日々の努力のたまものだと思います。何時も拝見しながら前向きに楽しんでいらっしゃる姿が目に浮かびます。これからも三冊目に向かって気張らず進んで頂けたらと思います。本当にありがとうございました。
追伸
丸子「誓願寺」若かりし頃友達と何回かモリアオガエルを見に行きましたが私もおたまじゃくしになって池に落ちるのを見る事は出来ませんでした。来年の時期にでも出掛けたいと思っています。

投稿: ゆみちゃん | 2009年7月 2日 (木) 16時44分

 ♪ ゆみちゃん
 手作りの拙いブログ冊子をご笑覧くださり
有難うございます。
臆面も無く、人様に読んで戴きたい
この図々しさを 「年寄りの冷や水」と
どうぞ、お許しください。

 植物の発芽の様子、孵化したばかりの雛、
アカウミガメの孵化したばかりの赤ちゃんカメが夢中で
海に向かって夢中でかけ出す様子など
厳粛な光景ですね。

 独り善がりのブログですが、いつまで続きますやら、
今後ともどうぞよろしくね!  dog

投稿: ゆみちゃんへ ぽちより | 2009年7月 4日 (土) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/45475711

この記事へのトラックバック一覧です: 丸子路の「モリアオガエル」:

« 喜寿を祝うクラス会 | トップページ | モリアオガエルの孵化 »