« 探し求めたお気に入りのブーツ | トップページ | パヴァロッティが税関で引っ掛かった! »

パヴァロッティのおまじない

楽器などの演奏家に比べて歌手に限っては、ちょっとしたミスでも目立ってしまうので、本番前にはひときわナーバスになるそうです。

三大テノールのひとり、ホセ・カレーラスは特に神経質のために、上演前のストレスはその日の朝から始まるそうで、公演の朝、最初に話す声の調子によってその日の声が大丈夫であるか解るのだそうです。 直前には震えが止まらないほど緊張する大物歌手もいるのだそうです。

 天真爛漫に見える世紀の大テノール歌手のパヴァロッティも、ジンクスを信じたり、自分だけの魔除けを考えて、舞台の成功を祈願しておりました。

 Photo タキシードのパヴァロッティがオペラ上演以外、いつも左手に持って離さない大判の白いハンカチは、そもそも1973年ミズーリでの初コンサートで、汗を拭くのに初めて手にして歌い、ハンカチを持ってステージに出ると気分が良いのに気づいて以来、実用と縁起を兼ねるようになり、トレードマークとなりました。

 DVDや写真をよく見ると、左手の指の付け根あたりに くくり付けているようにみえます。

 知られざるもう一つの魔除けに、曲った折れ釘を信仰しているなど信じられない一面を覗かせます。

これが無いと良く歌えないと云って、ポケットにはいつも折れ釘を大事そうに入れているのです。 そんなことが知れ渡り、次第にファンからプレゼントされ、家には膨大な釘のコレクションがあったそうです。

 1987年ナポリでのコンサートの直前、いつものように舞台裏で曲った釘を探したものの、その夜は小さな釘が見当たらず、取りあえずそばにあったもので我慢するしかありませんでした。 15cm以上もある大きな釘で、それをズボンのポケットに入れました。 ところがステージに出て歌っていると、その釘がズボンの生地を突き抜けて外に突き出したのです。 下を向いた時にそれに気付き

「シマッタ!」 と思ったと同時に その事が新聞記者に気付かれてしまったのです。 「これは! ひどい事を書くぞ! そしてその記事があちこちの新聞に載ってしまうのか!  これまでは非常に寛大だった報道機関は、この失敗をかくも大きな事件にしてしまうから、神経質になってしまうんだ! マスコミはここ数年もっぱら引きずりおろす事に懸命になっているように見える!」

と云いながらも、パヴァロッティ自身 そう云う渦中にいるのは嬉しい事だとも云っているのでした。

  ある時、オペラの舞台でポケットの折れ釘が引っ掛かって、膝を怪我してしまった事もあったそうで、これでは何の為の魔除けだったのでしょうか?

 Photo_2 リハーサルで、ハイC音を外してしまい、思わず舌をペロリ! の瞬間でさえ、報道記者には絶好のネタになって仕舞うのでした.

いつも首に巻いているエルメスのスカーフは、おまじないではなく、オシャレのためとか、巨体を隠すためとか、咽喉を保護するためとか云っているのですが、体に何か巻きつけるのは、体型を隠したい深層心理からのようです。 この心理は私にはよ~く理解できます。

     歌い上げてハンカチ振れば風光る

     (うたいあげてはんかちふればかぜひかる)

 荒川静香さんはトリノオリンピックでの氷上の舞に挑戦した時には、どんな 「おまじない」 をしたのでしょうか?  あの時の感動をお楽しみください。(You Tubeより)

|

« 探し求めたお気に入りのブーツ | トップページ | パヴァロッティが税関で引っ掛かった! »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

折れ釘のジンクスは、彼の著書にもその理由は書かれていなかったのですね。第三者から見れば(そんな危ないもの・・・)と思いますが、何か大事なものだったんですね。

マスコミのいやらしさは海外も日本も同じですね。それを分かった上で楽しんでいたところ、さすが大物中の大物ですね。

投稿: ゆーこりん | 2009年4月20日 (月) 05時58分

♪ ゆーこりんさま
どうして折れ釘を信仰するのか、と云う理由には触れてはいませんが、魔除けの為の折れ釘でのアクシデントを語るところがパヴァロッティらしいのです。 
 「舌をペロリ!」の瞬間映像を著書に載せてしまう事も、茶目っ気たっぷりのパヴァロッティらしいところですね。 dog

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2009年4月20日 (月) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/44597009

この記事へのトラックバック一覧です: パヴァロッティのおまじない:

« 探し求めたお気に入りのブーツ | トップページ | パヴァロッティが税関で引っ掛かった! »