« オペラ歌手のエピソード! | トップページ | もうひとつの特技 »

興味津々でごめんなさい!

Photo  くちさがない まことしやかな風説に 「パヴァロッティは、楽譜が読めなかったのでは?」 という私にとって聞き捨てならない事を,何度か耳にした事があります。

前出の、石戸谷結子さんの著書によると、

パヴァロッティは、当初楽譜は苦手で、耳から覚えたと云われております。 音楽学校出身ではなく、独学や個人教授について学ぶ人がイタリアの歌手には結構多いようですが、パヴァロッティが、「楽譜が読めないというのは、所見で音が読み取れない」 と云う意味で、もちろん楽譜を読む事などパヴァロッティにとっては当然のことです。

 2005年9月12日のBBCインタビューの中で、「オーケストラの総譜はほとんど読めないけれど、テナーと、ピアノ伴奏のパート譜なら完璧に読めるよ!」 と語っていたと、フリー百科事典 WIikipedia (ウィキペディア) のHPにありました。

 イタリアのモデナ生まれで、パン職人の父親は才能あるアマチュア・テノール歌手です。 素晴らしいDNAを受け継いでいるのですね。

 天才のパヴァロッティと云えども、最初から一流歌手となったわけではありません。

 可愛らしいではありませんか!  6歳のときテーブルの上にのって 「歌手になるんだ!」 と叫んだという逸話が残っております。 と云うものヽ、プロの歌手になるまでには紆余曲折がありました。 父の所属する 「ロッシーニ合唱団」 で歌っていたこともあるし、サッカーに熱中した時期もあったようです。

19歳の時に人生最大のターニングポイントがやってきて、師範学校を卒業する直前 「得意だった数学の先生になるか、もうひとつ得意だった体育の先生になるか、子供のころ叫んだテノール歌手になるか?」  先生になるには、ローマの専門学校に入らなければならないし、故郷を離れるのが嫌で、テノール歌手の道を選んだと云われております。

 生活のために、保険会社の外交員の仕事を始め、声楽の個人レッスンを受けながら、苦しい生活のために仕事とレッスンの合間に、小学校の代用教員もしました。

 人に会って話をし、説得するという保険外交の仕事が、自分の資質に合っていると云う事で、眠れる才能に火を付け、たちまち優秀な成績で収入も倍増したと云います。 あの親しみある笑顔と説得力が強い武器だったようです。

 天才パヴァロッティも、努力を惜しまず、若いころの経験が後のキャリアにも大いにプラスになったのでしょう。

 ’95年に制作されたドキュメンタリーで、パヴァロッティの言葉に

「何か困難に出合った時は、逃げずに真正面から立ち向かうこと。 それしか解決の方法は無いね!」   

また彼の人生訓に 「人が10回やる事なら、自分は100回やる。 そうすれば人より抜きんでる事ができる。 その粘り強さが大切なのです。」                  

なんと素晴らしい言葉でしょう!

石戸谷さんの著書で、こんな逸話をはじめて知った私の驚きは大変なものでした。       

  「キング・オブ・ハイC」  ”神に祝福された声” と評された20世紀後半のクラシック音楽界のスーパースター!

 思わず目頭が熱くなるのを抑えることができませんでした。

今回は畏れ多くて、五・七・五を作るには至りませんでした。

 興味津々、ミーハーと云われてもよいのです。    後期高齢独り暮らしの楽しみですから、、、、、

「パヴァロッティって知らないよ!」 とおっしゃる方、思い出してください!

 2006年トリノオリンピックで輝かしいチャンピオンの氷上の花 荒川静香さんが演じた 「トゥーランドット」 の 「誰も寝てはならなぬ」 を、オリンピック開会式で歌い、開会式に花を添えて、オペラファンを増やすきっかけになった あの偉大なテノール歌手です。 

 翌2007年9月6日 71歳で死去されました。

  悲しみに耐えません。  ご冥福を祈ります。   

受け売りですが、パヴァロッティのエピソードはまだまだ続きます。

|

« オペラ歌手のエピソード! | トップページ | もうひとつの特技 »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

パヴァロッティさんは「天才」というイメージでしたが、並外れた努力家でもあったのですね。
尊敬の念をいだきました。
つづきのエピソードも楽しみにしています。

投稿: ゆーこりん | 2009年1月21日 (水) 22時32分

♪ ゆーこりんさま
「何か困難にあったら、逃げずに真正面から立ち向かう!」 
パヴァロッティのこの言葉に勇気を戴きました。  
さらに、ゆーこりんさんのコメントはもっと嬉しいのです。 (o^-^o)
つぎのエピソードに「にんまり」しております。
               dog

投稿: ゆーこりんさまへ ぽちより | 2009年1月22日 (木) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/43778894

この記事へのトラックバック一覧です: 興味津々でごめんなさい!:

« オペラ歌手のエピソード! | トップページ | もうひとつの特技 »