« れんこん収穫探訪 | トップページ | 私のクリスマス »

麻機レンコン

 雷を伴う激しい夜来の雨も朝にはすっきりと上ったものヽ、寒風吹きすさぶあいにくの日となりましたが 「、、、氷を割ってのレンコン掘りもあったのだから、、、」と、長靴姿で鍬を使って40~50cmほど掘り、湧き出る泥水を掻きだしながら、作業は既に始まっておりました。  

Photo  現地は静岡市葵区南。 いわゆる 「麻機 (あさばた) レンコン」 の特産地です。

麻機特有の粘る黒々とした湿地土壌が、レンコン栽培に適しているのだそうです。

 泥沼に脚を捕られ、泥を跳ね上げながら地中に埋まっているレンコンに目星を付けながら、慎重に掘り出し作業を進めます。

やがて4~5節の長さ1メートルちかくもある見事なレンコンの姿が目の前に掘り上げられます。

     目星付け泥裡まさぐり蓮根引く

     泥水をつむりに跳ねて蓮根掘る

     泥に脚捕られレンコン引き抜きぬ

     担い手の無き代嘆きつ蓮根掘る

 「最近のレンコンは糸を引かない!」 といぶかっていた私を大いに喜ばせてくれたのが、「麻機レンコン」 です。

Cimg0133  左の画像は、まぎれもなくレンコン特有の糸を引く 「在来種」の麻機のレンコンです。

 麻機レンコンは、最近主流に出廻っている「中国種」に比べ色白で、軟らかく、何より胃壁を保護し、タンパク質や脂肪の消化を助けるネバネバの正体であるムチンを多く含みます。

最近は栄養価が高いレンコンが見直されてきました。

糸引きレンコンの更なる健康への効用から、もっともっと 「麻機レンコン」 の普及に努めてほしいと願わずにはいられません。

 麻機レンコンは地産地消、静岡市内数か所の 「地場特産の自慢市」 にシーズン中 週2回出品されますが 「売り切れ御免!」 です。

     蓮根掘り幸運クジを引くごとく

     「もってきな!」と掘りたてレンコン賜れり

     賜りしレンコン嬰児抱くがに

     糸引きのこれぞまことの蓮根かな

 末筆ながら 杉山さん! 私の勝手なお願いをお聞きくださり、また丹精込めて栽培された採りたてのレンコン、盛りだくさんの野菜のお土産まで戴きまして有難うございました。

Photo_2

 戴いたレンコンをパソコン水彩で描きました。

|

« れんこん収穫探訪 | トップページ | 私のクリスマス »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

腰まで使ってのレンコン掘り・・・うわさには聞きましたが、お写真でじっくりと拝見できてうれしかったです。
食卓に並べるとき、生産者の方々の苦労なども頭に思い描き、感謝していただきたいものだと改めて思いました。
郷土の名産物は、生産 収穫なども勉強したいなという気持ちにさせられました。

それにしても、ぽちさんの行動力には頭が下がります。またしてもいい経験をなさいましたね。

ちなみに、私もレンコンは糸を引くものの方が好きです!

投稿: ゆーこりん | 2008年12月22日 (月) 11時07分

♪ ゆーこりんさま
 泥の中から芽を出し、浄土の美しい花を咲かせ、泥の中で栄養豊富なレンコンが育つ。
自然の摂理の素晴らしいこと!!!

 こんな事からも地球を守らなければ、、と思います。    dog

投稿: ぽちより ゆーこりんさま | 2008年12月22日 (月) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/43481164

この記事へのトラックバック一覧です: 麻機レンコン:

« れんこん収穫探訪 | トップページ | 私のクリスマス »