« 麻機レンコン | トップページ | 平成20年大みそか »

私のクリスマス

 12月に入ると巷にはクリスマスソングが流れ、夕暮からはイルミネーションが輝き、歳末商戦もあって街往く人も心なしか楽しそうです。

     裸木に絵空ごとめく豆電球

 日本人はあれこれ気を惹くものが多いらしく、新年の神事から始まって、洋の東西・宗教を問わず、器用に楽しんでいるようです。

 斯く云う私も、クリスマスシーズンはホットな気分に浸ります。

Photo このリースは粘土細工の輸入もので、洗面の壁に年中飾られ楽しんでおります。

 我が家ではクリスマス商戦のジングルベルにも劣らず、12月に入るとクリスマスソングのBGMが終日流れ、こころ弾みます。

 ○ 三大テノールのクリスマス

~クリスマス・イン・ウィーン1999年~

ホセ・カレーラス/プラシド・ドミンゴ/ルチアーノ・パヴァロッティ

Photo_2 千年紀最後の’99年に初めて世紀の三大テノールが揃って、豪華この上も無いクリスマスコンサートの世界中の話題をさらった収録CDです。

スティーヴン・メリクリオの指揮するウィーン交響楽団、ウィーン国立少年少女合唱団をバックに、三大テノールが堂々と歌い上げ、その風格は何にたとえましょうか。

 カレーラスの誠実な歌唱力、ドミンゴの華麗で官能的な歌声、パヴァロッティの一点の陰りも無い伸びらかに歌い上げる ”世紀の声” を聴くこの平和をしみじみと味わうのです。

 清らかな天使たち、ウィーン少年少女合唱団の歌声をバックに23曲。

母国語であるスペイン語、イタリア語に加え、英語が得意な三人が自在に言葉を変えながら、世界中から集まったファンにサービスするなど、微笑ましい光景を思い浮かべながらの日々を過ごす事はこの上も無く嬉しいことです。

 思い出の音楽の都 ウィーンに思いを馳せながら、世界三大テノール極上のクリスマスキャロルのBGMが流れる贅沢な私のクリスマスです。

 Photo_3         

 テノールのキャロルに酔ふてクリスマス

 クリスマスキャロルに馬齢重ねしも

 三大テノールひねもす聴きてクリスマス

 聖歌ながれ余生ひたすら温顔に

 どの窓も灯せば温し聖夜かな

|

« 麻機レンコン | トップページ | 平成20年大みそか »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

 ポチ様
 今年も後五日となりました.一年の去り行くのが実に早い,まさに光陰矢の如しです.クリスマスも何も無く過ぎ去りました.遥か遠い昔,西草深の教会で過したクリスマスイブが懐かしく思い出されます. 
 今年一年素晴しいブログを楽しみました.貴女のバイタリティには脱帽!            良いお年をお迎え下さい.

投稿:  ライムライト | 2008年12月26日 (金) 18時26分

♪ ライムライトさま
 クリスマスの後は、もう年越しです。

〇〇防止と退屈しのぎに始めた拙いブログを
ここまで続けてこられたのも、御覧下さる方や、コメントを戴ける事が何よりの励ましです。 
豚も木に登ってしまいます。 猿も木から落ちないように、来年もパソコンにしがみついて続けていけたらいいなぁ と思います。
 お励ましありがとうございました。
お健やかに佳い新年をお迎えください。dog

投稿: ライムライトさまへぽちより | 2008年12月26日 (金) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/43513683

この記事へのトラックバック一覧です: 私のクリスマス:

« 麻機レンコン | トップページ | 平成20年大みそか »