« 晩秋の八ヶ岳雑木林 ~下~ | トップページ | れんこん収穫探訪 »

花梨の蜂蜜漬け

Karin1121_2  11月に八ヶ岳高原雑木林の自然を満喫した旅の帰路、立ち寄った土産売り場駐車場の管理人さんが捥いでくださった 「かりん」 の実は、旅の思い出の一つに何よりのものでした。

     賜りし掌中に香るかりんの実

     もぎたての花梨まったき香を放つ

     かりんの実なほ掌に残る芳香よ

     かたくなに寡婦を通してかりんの実

      かりんの実独りの寝間に香を放つ

 もうかれこれ30年程前から毎年のように 「かりん」 の蜂蜜漬けを作っているからです。

風邪や、咽喉に良いと云うことで、このシーズンになると、あちこちのスーパーを覗いて 「かりん」 の実を探すのですが、この辺りでは結構難儀です。

 ※ 「かりん」 について

Photo  「かりん」 はバラ科に属す中国原産の落葉樹で、甲信越や、東北地方に多く植えられてきた庭木です。

高さは6~10mにもなり、樹皮は鱗状にはがれ、葉は4~8cmの卵型。 4月下旬、枝の先に直径2cmの可憐な薄紅色の5弁の花を1輪づつ付けます。

果実は10~15cmの楕円形で、秋に淡黄色に熟し、芳香を放ちます。 ちょうど 「ら・ふらんす」 のような、いかにも美味しそうな果実ですが、実の組織は石細胞が多く含まれて歯も立たないほど硬く、酸味や渋味が強いので生食には向きません。  シロップ漬けや果実酒、薬用に使われています。

     かりんの実しばらく嗅ぎて刃を入るヽ

     頑なに刃先を拒むかりんの実

     蜂蜜漬けにされてかりんは治まりぬ

 ※ 「かりん」の蜂蜜漬け

 採りたての「かりん」は、1週間ほど香りを楽しんで、表皮がペタペタと脂状に熟したころが良いようです。

Photo_6 ○ かりんはよく洗って水気を拭き、乾かします。

○ 縦2つ又は、4つ割りにします。 非常に硬いので、丈夫な包丁で怪我をしないように、、。

○ 更に、5ミリ程の厚さに切ります。

○ 広口の容器に種も一緒に入れ、すぐに蜂蜜を 「かりん」 が浸かるくらい入れます。

Photo_3 ○ 1日1回かりんと蜂蜜がよく絡み合うように、菜箸などで混ぜ合わせます。

○ 2週間ほどで出来上がり、1ヶ月ほどで更に美味しくなります。

○ 涼しい場所で保存します。

○ 発酵しやすいので、ときどき攪拌したほうがよいようです、、、が、

私はこの時点で、サラサラに仕上がったシロップだけを瓶に移し、シワシワになった実をザルに広げ、天日で乾かして保存し、寒気がする時などに、煎じてアツアツをいただきます。風邪の予防になると信じております。

自流かもしれませんが、密封したシロップは、発酵を続けておりますので、時々ビンの口を開けてガス抜きをします。

|

« 晩秋の八ヶ岳雑木林 ~下~ | トップページ | れんこん収穫探訪 »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

わ~い!ぽちさんのお料理教室?!ファンとしてはとっても嬉しい記事でした!
いつか信州の友達に「のどにいいよ」ってかりんのジュースをいただいたことを思い出しました。
とっても美味しくてのどにすがすがしい感じがしたのを覚えています。
花もかわいいんですね。
旅から帰られた後も その楽しさをさらに膨らめるぽちさん 私もそんな旅のあとを過ごしたいな~と思います。

投稿: ゆーこりん | 2008年12月 7日 (日) 21時08分

♪ ゆ~こりんさま
さっそくのコメント有難うございます。
旅の途中で「かりん」をいただいたこと事態
私としては感激でした。

 咽喉がおかしいな? と云う時、1スプーン咽喉を湿らせれば咳き込みが緩和されます。

かりんの実は、包丁を入れるのも硬く、ごつい姿ですが、春に咲く花のなんと可憐なこと!
 こんな植物にも「生き様」を教えられます。
コメントに元気をいただきます。dog

投稿: ゆ~こりんさまへぽちより | 2008年12月 8日 (月) 09時41分

かりんのお話
昔かりんの香りを楽しんだり
お酒を造ったりした事思い出しました。wine

投稿: いおり | 2008年12月10日 (水) 15時01分

♪ いおりさんへ

わーい! いおりさんからのコメント o(*^▽^*)o
ありがとう! (o^-^o)

 お酒が飲めない私は、もっぱら「蜂蜜漬け」のシロップを作ります。  もうかれこれ30年間毎年です。が、、、、この辺りでは花梨を捜すのが大変ですね。  dog

投稿: いおりさんへぽちより | 2008年12月10日 (水) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/43344127

この記事へのトラックバック一覧です: 花梨の蜂蜜漬け:

« 晩秋の八ヶ岳雑木林 ~下~ | トップページ | れんこん収穫探訪 »