« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

平成20年大みそか

 2008年 平成20年が暮れようとしております。

クリスマスが過ぎれば我が家のBGMは、御多分に洩れずベートーヴェンの第九交響曲が終日流れます。

 へルベルト・フォン・カラヤン率いる ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン学友協会合唱団 

1962年カラヤン壮年期収録のCDです。

 へルベルト・フォン・カラヤン(1908-1987) 今年は生誕100年

もう何十年も 年の暮れには絶対に欠かす事が出来ない私の習わしです。

日本人は第九がお好きなようで、年の暮れには必ずラジオ・TVから流れ、師走を感じさせてくれます。  これは、ベートーヴェンの最後の交響曲と云う事から一年の総仕上げの思いを込めて、、、なのでしょうか。

私個人的には、シラーの「歓喜に寄せ」 の人類愛の合唱で、つつがなく過ごせた感謝と、来る年への心構えと云いましょうか勇気をいただきます。

 年末は、後期高齢独り暮らしの私の家でも、最小限ながら 新しい年を迎える準備に追われます。

 すでに47年前、昭和36年に早々と黄泉の国へ旅立った亡夫の墓参、お寺さんへのご挨拶には、長い長い橋を渡ります。 時々の散歩コースとしても通いなれた橋ですが、川の堤から望む富士山、特に冬の姿は雄大で神々しいこと! 生きる力をいただきます。 

 目頭が熱くなるほどの眺めに我を忘れてしまいます。

Photo_4 この画像は、12月28日夕方4時30分、 茜に染まる美しい富士山です。

   (画像をクリックしてパノラマを御覧下さい)

あまりの美しい光景に、つつがなく過ごす事が出来たこの一年を感謝しながら、思わずシャッターを切りました。

 富士山はこの年の暮れ、茜に染めながらどんな思いで私たちを見ているのでしょうか? 

 来年も健康でこころ穏やかに、、、と念じつヽ、、、

     数え日や亡夫に逢う瀬の長き橋

     大年の茜に聳ゆ富士の山

     富士は茜に鎮め今年の暮れゆくを

     夕映えの富士おろがみて年送る

     小つごもりひと日ブログを育てをり

     そこばくの傍居ととのふ大みそか

     つつがなく第九聴き入り年送る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のクリスマス

 12月に入ると巷にはクリスマスソングが流れ、夕暮からはイルミネーションが輝き、歳末商戦もあって街往く人も心なしか楽しそうです。

     裸木に絵空ごとめく豆電球

 日本人はあれこれ気を惹くものが多いらしく、新年の神事から始まって、洋の東西・宗教を問わず、器用に楽しんでいるようです。

 斯く云う私も、クリスマスシーズンはホットな気分に浸ります。

Photo このリースは粘土細工の輸入もので、洗面の壁に年中飾られ楽しんでおります。

 我が家ではクリスマス商戦のジングルベルにも劣らず、12月に入るとクリスマスソングのBGMが終日流れ、こころ弾みます。

 ○ 三大テノールのクリスマス

~クリスマス・イン・ウィーン1999年~

ホセ・カレーラス/プラシド・ドミンゴ/ルチアーノ・パヴァロッティ

Photo_2 千年紀最後の’99年に初めて世紀の三大テノールが揃って、豪華この上も無いクリスマスコンサートの世界中の話題をさらった収録CDです。

スティーヴン・メリクリオの指揮するウィーン交響楽団、ウィーン国立少年少女合唱団をバックに、三大テノールが堂々と歌い上げ、その風格は何にたとえましょうか。

 カレーラスの誠実な歌唱力、ドミンゴの華麗で官能的な歌声、パヴァロッティの一点の陰りも無い伸びらかに歌い上げる ”世紀の声” を聴くこの平和をしみじみと味わうのです。

 清らかな天使たち、ウィーン少年少女合唱団の歌声をバックに23曲。

母国語であるスペイン語、イタリア語に加え、英語が得意な三人が自在に言葉を変えながら、世界中から集まったファンにサービスするなど、微笑ましい光景を思い浮かべながらの日々を過ごす事はこの上も無く嬉しいことです。

 思い出の音楽の都 ウィーンに思いを馳せながら、世界三大テノール極上のクリスマスキャロルのBGMが流れる贅沢な私のクリスマスです。

 Photo_3         

 テノールのキャロルに酔ふてクリスマス

 クリスマスキャロルに馬齢重ねしも

 三大テノールひねもす聴きてクリスマス

 聖歌ながれ余生ひたすら温顔に

 どの窓も灯せば温し聖夜かな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

麻機レンコン

 雷を伴う激しい夜来の雨も朝にはすっきりと上ったものヽ、寒風吹きすさぶあいにくの日となりましたが 「、、、氷を割ってのレンコン掘りもあったのだから、、、」と、長靴姿で鍬を使って40~50cmほど掘り、湧き出る泥水を掻きだしながら、作業は既に始まっておりました。  

Photo  現地は静岡市葵区南。 いわゆる 「麻機 (あさばた) レンコン」 の特産地です。

麻機特有の粘る黒々とした湿地土壌が、レンコン栽培に適しているのだそうです。

 泥沼に脚を捕られ、泥を跳ね上げながら地中に埋まっているレンコンに目星を付けながら、慎重に掘り出し作業を進めます。

やがて4~5節の長さ1メートルちかくもある見事なレンコンの姿が目の前に掘り上げられます。

     目星付け泥裡まさぐり蓮根引く

     泥水をつむりに跳ねて蓮根掘る

     泥に脚捕られレンコン引き抜きぬ

     担い手の無き代嘆きつ蓮根掘る

 「最近のレンコンは糸を引かない!」 といぶかっていた私を大いに喜ばせてくれたのが、「麻機レンコン」 です。

Cimg0133  左の画像は、まぎれもなくレンコン特有の糸を引く 「在来種」の麻機のレンコンです。

 麻機レンコンは、最近主流に出廻っている「中国種」に比べ色白で、軟らかく、何より胃壁を保護し、タンパク質や脂肪の消化を助けるネバネバの正体であるムチンを多く含みます。

最近は栄養価が高いレンコンが見直されてきました。

糸引きレンコンの更なる健康への効用から、もっともっと 「麻機レンコン」 の普及に努めてほしいと願わずにはいられません。

 麻機レンコンは地産地消、静岡市内数か所の 「地場特産の自慢市」 にシーズン中 週2回出品されますが 「売り切れ御免!」 です。

     蓮根掘り幸運クジを引くごとく

     「もってきな!」と掘りたてレンコン賜れり

     賜りしレンコン嬰児抱くがに

     糸引きのこれぞまことの蓮根かな

 末筆ながら 杉山さん! 私の勝手なお願いをお聞きくださり、また丹精込めて栽培された採りたてのレンコン、盛りだくさんの野菜のお土産まで戴きまして有難うございました。

Photo_2

 戴いたレンコンをパソコン水彩で描きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

れんこん収穫探訪

 今年は例年に無く我が家の食卓にレンコンが登場します。

11月8日、16日にはレンコンを礼賛し、レンコンのお総菜の記事をブログに投稿しました。  その後はからずも、私ども地方新聞に 「レンコン豊作」 の記事が載っていたのが切っ掛けで、レンコンの収穫風景を見たい一心に、地元の恩恵に浴したい! とばかり、私の蓮根掘り探訪の虫がムズムズと動き出したのでございます。

 まず手始めに見当をつけて、蓮田のある辺りの探訪から始めたのは良いのですが、車も持たない私のこと、行き当たりばったりではなかなか埒があきません。  田んぼの畦道をホッツキ歩きましたが、枯れ蓮田は何とか見付けられはしたものヽ、レンコン掘りどころか人っ子ひとり、猫の姿も見られませんでした。

Photo  周辺は穭田(ひつぢだ)と云って刈り取られた後に再生する稲の若葉ばかりで、山からは北風が容赦なく吹き降ろします。

第一日目は、世間知らずの私の行動とはこんなものでした。

     蓮田(はちすだ)を探し求めてさ迷へり

     穭田(ひつぢだ)を吹き抜く風の寄る辺なし

 二日目は、市内の端から端へとバスに揺られて、先ずは特産地のJA支所を訪ね、営農センターを紹介していただきました。 電話に応対してくださった若い担当者に、 「レンコン掘りの作業の様子を是非見たい!」 と云う私の願いに、今はレンコン栽培を趣味として楽しむ方を紹介していただく事ができました。

 何と幸運なことでしょう!  念ずれば通ず! とはこう云うことでしょうか。

Photo_5

      お宝の地中におわす枯れ蓮田

2~3日後、「私のところでは、ほんの遊びでやっていますが、6日の土曜日にレンコン掘りをしますので宜しかったらどうぞ!」 と奥様から電話をいただき、大喜びでバスを乗り継ぎして いそいそ蓮田に向かったのでした。 

Photo_4    十二月、一点の雲も無く、どこまでも澄み切った真っ青な空と、山腹の銀杏黄葉のコントラストが美しい 賎機 (あさばた) の山を背景に、静岡市葵区南にお住まいの 杉山さんをお訪ねしました。

レンコン畑は、お住まいの近くにありました。

     蓮根掘る背に装へる山の景

     銀杏黄葉今際(いまわ)を真青なる空へ

  

杉山さんのレンコン掘りは、

      次回に譲ります。お楽しみに、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花梨の蜂蜜漬け

Karin1121_2  11月に八ヶ岳高原雑木林の自然を満喫した旅の帰路、立ち寄った土産売り場駐車場の管理人さんが捥いでくださった 「かりん」 の実は、旅の思い出の一つに何よりのものでした。

     賜りし掌中に香るかりんの実

     もぎたての花梨まったき香を放つ

     かりんの実なほ掌に残る芳香よ

     かたくなに寡婦を通してかりんの実

      かりんの実独りの寝間に香を放つ

 もうかれこれ30年程前から毎年のように 「かりん」 の蜂蜜漬けを作っているからです。

風邪や、咽喉に良いと云うことで、このシーズンになると、あちこちのスーパーを覗いて 「かりん」 の実を探すのですが、この辺りでは結構難儀です。

 ※ 「かりん」 について

Photo  「かりん」 はバラ科に属す中国原産の落葉樹で、甲信越や、東北地方に多く植えられてきた庭木です。

高さは6~10mにもなり、樹皮は鱗状にはがれ、葉は4~8cmの卵型。 4月下旬、枝の先に直径2cmの可憐な薄紅色の5弁の花を1輪づつ付けます。

果実は10~15cmの楕円形で、秋に淡黄色に熟し、芳香を放ちます。 ちょうど 「ら・ふらんす」 のような、いかにも美味しそうな果実ですが、実の組織は石細胞が多く含まれて歯も立たないほど硬く、酸味や渋味が強いので生食には向きません。  シロップ漬けや果実酒、薬用に使われています。

     かりんの実しばらく嗅ぎて刃を入るヽ

     頑なに刃先を拒むかりんの実

     蜂蜜漬けにされてかりんは治まりぬ

 ※ 「かりん」の蜂蜜漬け

 採りたての「かりん」は、1週間ほど香りを楽しんで、表皮がペタペタと脂状に熟したころが良いようです。

Photo_6 ○ かりんはよく洗って水気を拭き、乾かします。

○ 縦2つ又は、4つ割りにします。 非常に硬いので、丈夫な包丁で怪我をしないように、、。

○ 更に、5ミリ程の厚さに切ります。

○ 広口の容器に種も一緒に入れ、すぐに蜂蜜を 「かりん」 が浸かるくらい入れます。

Photo_3 ○ 1日1回かりんと蜂蜜がよく絡み合うように、菜箸などで混ぜ合わせます。

○ 2週間ほどで出来上がり、1ヶ月ほどで更に美味しくなります。

○ 涼しい場所で保存します。

○ 発酵しやすいので、ときどき攪拌したほうがよいようです、、、が、

私はこの時点で、サラサラに仕上がったシロップだけを瓶に移し、シワシワになった実をザルに広げ、天日で乾かして保存し、寒気がする時などに、煎じてアツアツをいただきます。風邪の予防になると信じております。

自流かもしれませんが、密封したシロップは、発酵を続けておりますので、時々ビンの口を開けてガス抜きをします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »