« レンコンのお総菜 | トップページ | 晩秋の八ヶ岳雑木林 ~下~ »

晩秋の八ヶ岳高原雑木林 ~上~

 今年の季節の移ろいは気まぐれで、心地よい愁思を味わうことも無く、いきなり真冬のような急変に戸惑います。

 11月10日 厚手の上着を引っ張り出して、いつもの旅のお仲間に入れていただき、八ヶ岳高原のバス旅行を楽しみました。

 目的地は、テレビや雑誌でご存じ、八ヶ岳・大泉にある俳優の柳生博・真吾さんご一家の美しい雑木林と, レストランでの語らいです。

 急な真冬並みの寒さ到来で、お目当ての紅葉は如何ばかりかと案じましたが、まだ11月も初旬とあって、朝霧高原から、甲府→長坂ICを降りた辺りの木々の紅葉は、温暖な地方に棲む私たちには、溜息が洩れるほどの美しさで、バスの車窓からの左見右見に最後の錦秋を楽しみました。

 特に春、壺状の可愛らしい小花を咲かせる 『満天星(どうだんつつじ)』 の紅葉のなんと美しいこと!  目を見張るばかりです。

     だしぬけの北風(きた)に木の葉の散り急ぐ

     白樺の肌鮮やかに秋寂びぬ

     山峡の風音乾き秋深し

     八峰の匂ひ立つ肌秋気澄む

     木道に色無き風の吹き抜けり

     

11 柳生さんご一家は、荒れ果てた赤松林を、美しい雑木林に変えて多くの人に開放したいと、1989年に 『八ヶ岳倶楽部』 としてオープンされました。 全国から集まってきた若いスタッフの活気ある洒落たレストランやギャラリーは、静かな中にも異国情緒に浸り、ランチのあとのオリジナル 『フルーツティ』 の 

             なんと!美味しかったこと!!

     榾の火を背に語らひのフルーツティ

     果実茶を温め高原のそぞろ寒

Photo 灰皿状の耐熱ガラスの受け皿にローソクを灯して、りんご、オレンジ、いちご、キウイ、メロン,巨峰、レモンなど, 色とりどりのフルーツが入った耐熱ガラスのポットを温めながら、部屋中がフルーティに香ります。  

山峡のレストランで、心も体も温まるひと時でした。

(パソコン水彩でのガラスと湯気の表現は、難しいものですね)

|

« レンコンのお総菜 | トップページ | 晩秋の八ヶ岳雑木林 ~下~ »

コメント

ぽちさん
こんばんは!
八ヶ岳倶楽部 私も八ヶ岳に旅したときはほとんど毎回おじゃましています。
大好きな場所です。
スタッフのかたがた皆さん感じよくって・・・。
そして、いつもいただくのがフルーツティーです。
あのいい香りでほんのり甘いお味が蘇ってきました。
なんだか心まで温まるようです。

投稿: ゆーこりん | 2008年11月24日 (月) 21時57分

♪ ゆ~こりんさま
 八ヶ岳高原の雑木林に魅せられ、八ヶ岳倶楽部を愛する若いスタッフの応対ぶりが気持よかったです。 何よりフルーツティサービスの演出は、訪れる人を感動させ、なごませてくれますね。

 機会があれば春夏秋冬訪れてみたいところです。    

投稿: ゆ~こりんさまへぽちより | 2008年11月25日 (火) 09時06分

  ぽち様                  八ヶ岳高原の旅で素晴らしい秋を満喫された由良かったですね.一年に何回か旅に出る良きお友達に恵まれ人生の後半を謳歌されておられる事羨ましい限りです.一病を持つ身では旅と言うと躊躇する事が多いこの頃です             つい最近バスケでコンビを組んだ友が,又早期退職をし再就職のお世話をした小学校の同期生が天国に旅立ちました.深まる秋に人生の無常を感じるこの頃でもあります。 

投稿:   ライムライト | 2008年11月28日 (金) 17時38分

♪ ライムライトさんへ
 コメント有難うございます。

 それぞれの旅で、それぞれの季節を存分に味わい、また、感動をいただき、日頃の憂さを忘れさせてくださる旅のお仲間に誘っていただける幸せを、しみじみ有り難い事と思います。
 そんな思いを込めて、感動を表わしたくて恥ずかしげも無く、拙作ながらブログに投稿しております。

 高齢者にも、こんな楽しみ方もあるもの、、と、この齢になってパソコンの有り難さも享受しております。
 寒さつのります。 どうぞご自愛ください。
            

投稿: ぽちより ライムライトさんへ | 2008年11月29日 (土) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の八ヶ岳高原雑木林 ~上~:

« レンコンのお総菜 | トップページ | 晩秋の八ヶ岳雑木林 ~下~ »