« 金木犀を訪ねて | トップページ | 時代祭と鞍馬の火祭 »

音楽はこころのビタミン

 音楽を聴くだけの健康法があると云われます。

音楽には人や生きもの、生きとし生けるものを癒し、心を豊かにしてくれる不思議な力があるようです。 音楽を聴いているだけで、精神の安定が得られ、成長を促す働きさえあると云われます。

 宗教が音楽によって人々の心をとらえ、信仰心を深め、心をまとめる役割があると云われますが、実は私も一昨年ロシアに旅したとき ロシア正教「スパソ・エフフィミエフ修道院」 での男声コーラスの宗教歌には、異教徒の私でさえ涙を流すほどこころ揺さぶられました。

 その人にとってふさわしい音楽を聴くことによって、こころの緊張をほぐし、本来の自然の境地を取り戻す効果があるのでしょう。

 サッカー場の芝生の手入れや、シイタケや花の栽培、酒の醸造に音楽を聴かせることもまんざら噂だけではないようです。 胎教も然りです。

Photo  『O Sole Mio, Luciano Pavarotti Italian Songs』  18曲68分

   このかけがえの無いCDに、心の抑鬱から幾度救われたでしょうか。

     朝まだき妙なる調べ律の風

     物音(ね)澄むイタリア民謡聴き惚れり

  私の朝は、パヴァロッティのカンツォーネを聴きながら一日がはじまります。 向こう三軒両隣りへの騒音の迷惑は及ばない環境の「草の庵」、ましておひとり様の気安さから、誰に気兼ねも無く早朝からボリュームを上げて、歌声に聞き惚れながら家事にいそしむ事は至福のひと時で、何事もテキパキとはかどり、まだまだ元気な証しと思っております。

Photo_2  朝食をいただく頃は、「オ・ソレ・ミオ」 「フニクリ フニクラ」 「はるかなるサンタルチア」 などが流れ心地よいブレックファーストタイムです。

 パソコンで描いたこの 「One tray 朝餉」 は、色彩こそ派手ですが、食材は質素なもので十数年来の定番です。

    爽やかな朝餉よ! カンツォーネ聴きながら

    ひとり膳歌曲に酔ふて秋うらヽ

    秋麗や三大テナーの高調子

            

      まさにこころのビタミン剤です。

|

« 金木犀を訪ねて | トップページ | 時代祭と鞍馬の火祭 »

フォト俳句」カテゴリの記事

コメント

BGMでスタートする朝の清清しさ
私もよく旅先で経験します。

自宅でもまねをしようとするのですが、ついつい安易にTVのスイッチを入れてしまいがちです。

今朝は、クラシック音楽でスタートしてみます。♪なにか1日が変わりそうです。

朝食の絵 かわいいです。
栄養のバランスが取れているって感じですね!

投稿: ゆーこりん | 2008年10月20日 (月) 05時55分

♪ ゆ~こりんさま
 早速のコメントありがとうございます。
温かいご声援もありがとうございます。
 在宅中の我が家は読書・TV・RADIO・睡眠以外は音楽が流れております。
最近はパヴァロッティに夢中です。
 今もイタリア民謡が流れています。notes
パヴァロッティの歌声に齢甲斐もなく惚れぼれしています。
 ( ̄ー ̄)ニヤリ  dog

投稿: ゆ~こりんさまへ ぽちより | 2008年10月20日 (月) 09時08分

 ぽち様             
 私達世代の音楽鑑賞は蓄音機から始まり,今ではCDでと便利な時代となりました.
 私はある方の影響でクラシックを聴くようになり,最初の出会いは「ドナウ河のさざなみ」でした.
 今は車の運転中にウィーン交響楽団演奏のワルツ,九州交響楽団演奏のシュトラウス.ファミリー名曲集のCDを楽しんでいます.貴女のように詳しくクラシックを理解してはおりませんが,メロディーに酔い痴れています!車の中ではラジオ放送,テレビ放送はたまに聴くだけで,運転中はワルツが流れ,心を癒しながらの運転です.  秋たけなは,寒暖の差の烈しい時,ご自愛下さい.

投稿:   ライムライト   | 2008年10月21日 (火) 18時27分

♪ ライムライトさま
コメント有難うございます。
私はクラシックを詳しく理解しているわけでもありませんが、60年来のクラシックファンです。 中学性、終戦直後アルバイトで最初に買ったSPレコードと竹の針、忘れられません。
 最近テノールに酔いしれています。dog

投稿: ライムライトさまへぽちより | 2008年10月21日 (火) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213648/42834694

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽はこころのビタミン:

« 金木犀を訪ねて | トップページ | 時代祭と鞍馬の火祭 »